2016年 09月 24日

UTMF 2016

雨が降り続きましたね。
昨年との降水量の比較はわかりませんが、少なくとも昨年は警戒警報はありませんでした。
今年はさらに警戒を要する事態だったと思います。

2008年、OSJ志賀野反に出ました。
おそらく、今であれば大会中止になるレースです。腰までの水たまりをいくつも越えてまるで溶岩のようい流れる泥、
引き返すランナー。まるで、災害で避難しているようでした。
このレースの経験からどんなレースもこの状況を上回ることがなく、正直、免疫ができました。
怖いものなしというか、雨や泥沼はもう慣れっこです。

大会側はかつてない安全を重視しています。新たな次世代ランナーが増え当然ですよね。


はじめて、参加した2010年CCC時もスタートから暗雲が立ち込め雨でした。
下りの泥まみれ、増水したガレバをわたったりアドベンチャーでした。
エイドで、「すごいね、がんばってるね!」と泥だらけのタイツを拭いてくれたイタリア人のおじさま、
さすが、ストレートに褒めることがお国柄のジェントルマン。

85kmのトリエンで何も解らずレースを続行しようとすると
「You can't go anymore・・・」と言われレースが終了しました。

完走できる自信があったので、途中で終了になったことに涙が止まりませんでした。

そして、2012年、UTMBが悪天候のため。102lkmに変更になりました。
これも、正直、景色がかわらず、同じところをぐるぐる回り辛かったのですが、
自然驚異には速やかに従うというのが一番大切だということを学びました。

うまく表現できませんが、今です。
自然現象や自己の体調などすべてが上手くかみ合わさる・・・と初めてチャンスが
舞い降ります。自分がどんなに万全でもパーフェクトではないのです。
だから、今と思うようになりました。

来年はないかもしれない。

だから、今がすべて。
大会事務局がどのような判断を下しても、すべて今を生かすも殺すも自分次第。
どんな状況でも精一杯動けば悔いはありません。

大会実行委員長が短縮距離を説明した際に、選手の前で涙を流したということ。
なぜ?悲しいのはこの大会に向けてお金を払った選手、あなたが泣いたら意味がないでしょう。
大会がショートになって練習してきた選手がかわいそうだから?
厳しいかもしれないけれど、泣きたいのは選手です。

それよりも、短くなっても精一杯、ベストを尽くしてほしいと笑顔で選手を鼓舞しながら説明するのが役目ではないですか。

私も悔し涙はよく流します。

実行委員長としての立場を考えたら涙はながせない。選手はもっと悲しいから。







[PR]

# by usako_sasashin | 2016-09-24 02:02 | UTMF | Comments(0)
2016年 09月 20日

Vibram HK100 2017 エントリ完了

台風直撃、どうぞ気をつけてくださいね。

f0202990_21362539.png来年のVibram HK100Kにエントリいたしました。
3回目の出走ができそうです♪。

今年は抽選に外れたので出走できなかったのですが、
大会史上初の雪が降り大変なレースだったようです。


f0202990_21514685.jpg過去のタイム:
2014年 22:12:35
2015年 22:45:34

24時間以内完走者には、ブロンズトロフィーです。
来年は、20時間以内ゴールを目指して、シルバートロフィー~♪。


・16時間以内 A Gold Award trophy
・20時間以内 A Silver Award trophy
・24時間以内 A Bronze Award trophy
・ A medal for participants finishing in over 24 hours but under 30 hours

6か月、1年、2年、何となくいつの間にか時間が過ぎていきます。
明日何が起きるかわからないですからね。
無駄な時間を過ごさないように、今に集中、今を生きないとね。
[PR]

# by usako_sasashin | 2016-09-20 22:02 | HK100 | Comments(0)
2016年 09月 19日

秋の外輪

秋雨ですね。
三連休の土曜日、箱根外輪に行ってきました。

f0202990_19395738.jpgこの夏、一度もロング走をしておらず・・・。
ハセツネ走れるの?

危機感が迫る日々。
ハセツネ試走、雲取、おそらく場所はどこも同じ。
ひとりのんびりロング走は大好き♪。でも、今必要なのは・・・。

要は、ある一定のスピードを保ちながらロング走を続けられるかが問題なのです。

お願いしたら奇特な方々がご一緒してくださることになりました。

「鬼ごっこタイムトライアル、12時半、金時山山頂集合♪」

私を追いかけて各自皆様がタイムラグでスタートします。
追い抜かれないように頑張る、
皆様はネズミを捕獲できるように激走していただくという単純なシステム。


f0202990_1852386.jpg前回は5月の連休、新緑でした。

7時、箱根湯本スタート。
静かな山道、秋の山になっていました。

わぁ・・、夜中のクモさんの活動がすごいみたいでクモの巣だらけ!。
掃っても掃っても顔にまとわりつきます。
助けて~♪

・・・確か、蜘蛛の巣ってコラーゲンと聞いたことが?。
美しいお肌になるためにはクモの巣も平気ですからね♪。


f0202990_1901044.jpg写真をとりながら、上りもぬるぬると足をすすめます。
なんとかここまで追い抜かれずに到着。

だーれにもすれ違うことなく明神ヶ岳に。
ここも誰もいない♪。やっほ~、山頂占拠。

休憩10分。フジアザミが満開でした。
富士山は心の中で見えるから。

f0202990_1904222.jpgアゲハチョウ。
美しい羽根を広げて下さるのを待っていたのですが鬼さんが迫っているので。

f0202990_1905750.jpg金時山まで逃げ切れるでしょうか。
前日までの雨。
路面が滑ります。もう、本当に下りが下手すぎますね。

シューズにつま先があたるので紐の位置を修正、
いつもはしない足首まで紐を通して結び変えてみました。
シューズはブルックス、「ピュアグリッド」。
今日は試すことがたくさん。

f0202990_1918535.jpgゲンノショウコ。
Running Cobra植物課長に教えていただきました。ありがとうございます。

f0202990_19323619.jpgお天気が悪く、レース前なのか本当に人が少ない山頂でした。

うれしい~♪、鬼さんこちらですよん。
捕獲されて網に入るところでしたが逃げ切れました。


f0202990_19412272.jpgここまで、途中休憩したり写真をとったりしましたが、走れるところは全力。
4時間55分。
もしかしたら次回は4時間30分でいけるかも?。

今日の1つめの目標はクリア。
あとはのんびり~♪の予定でしたが・・・。

続々3人の鬼さん達が到着。
まあ、湖尻あたりでバスかな?なんて思いつつ
強気の発言のわたし・・・。

「今日はなんとしても湯本まで行くからね。」
「もうここで終了ですよ・・・。」

休憩をしてスタートすると、マッタリモードの私、
瞬時にスイッチが入った先鋭3人組み。
さすが、某部長の部員だわ・・・。



f0202990_19463724.jpg個性ある三銃士のみなさま。
走ることに熱い秘めたる想いをお持ちです。


追いつくために必死なのでこの後写真はほとんど撮れませんでした。



f0202990_2203381.jpgSTYに出走するカラ松選手は元箱根で終了。
STY激走されますように♪。

箱根駅伝復路コースで湯坂路入口へ。
二銃士のお二人には先に行っていただきました。
途中、心配で足を緩めて下さり気を使ってっくださりありがとうございます。

実はここで試したかったのは、ヘッドライトなし、ソリテールのみでどれだけ見えて動けるのかを確認する事でした。
段差もガレ場もこのライトで十分動ける事がわかりました。
これとヘッドライトがあればパーフェクト。

f0202990_2205113.jpg湯坂路出口でお二人が迎えてくれて終了・・・と思ったら、

「残念なことに50kまであと少したりない」
「えっ、駅まで走りましょ」

21時19分、外輪1周50km、コンプリート~♪。

やった♪、ハセツネに向けてとてもいい練習ができました。

機会をくださった、ランニコ部長、部員のみなさまお礼を申し上げます。

ハセツネまで3週間、全力で行きますね。


箱根湯本駅(7:00)~阿弥陀寺(7:24)~塔ノ峰(7:58)~トレイル入口(8:14)~明星ヶ岳(9:05)~明神ヶ岳(9:59)~火打山分岐(10:38)~矢倉峠(11:15)~金時山(11:58)

12:23 鬼1さん到着
12:47 鬼2さん到着
13:31 鬼3さん到着

金時山スタート(14:01)~料金所(15:18)~湖尻峠下(15:28)~湖畔出口分岐(17:46)~コンビニ休憩~湯坂路入口(19:36)~箱根湯本(21:18)






[PR]

# by usako_sasashin | 2016-09-19 22:41 | 箱根 | Comments(0)
2016年 09月 04日

30K・・その後・・・。

今日、とてもうれしいメッセージを頂きました。

f0202990_23335788.jpg30Kのあと、お二人の方に「再度コースを走りませんか」とご提案いたしました。

Hasetsune 30K 2016  Throw back to the day

お一人の選手からはご連絡がありましたが、もう一人の方からはありませんでした。

出来事は時間とともに忘れさられます。
所詮、他人ごとですからね。
自分のことはいつまでも忘れないことが多いのですが。

今日夕方、そのもう一人の方から素敵なメッセージがありました。
正直、驚きました。

お返事をいただけたこと、本当にありがとうございます。
すごくうれしかったです。

新たな気持ちで前に進まれていることよかったです。
秋のハセツネ、応援しておりますね。
表彰台へ♪。
ご挨拶できるのを楽しみしております。

*****下記抜粋*****
初めまして。
4月にメッセージをいただいていながら、全く気がついていませんでした。
本当に、申し訳ありません!!

4月のレース後は、色々なことがあり、本当に余裕の無い日々でしたので、
温かい申し入れを無視するような形になってしまい、大変な失礼をお許しください。

失格については、自分の立場からは何も言えないと思っています。
反省し、次へ向かうことで、気持ちに整理をつけました。
あの頃、sasashinさんのご提案をきちんと読ませていただいていたら、
もっと違っていたかもしれません。
本当に、どうもありがとうございました。
ハセツネ本選にも、挑戦させていただきたいと思っています。

今後とも、未熟者ですが、よろしくお願いいたします。
この度は、申し訳ありませんでした。

***************

私は単なる大会のボランティアです。
謝罪は全く不要です。
きっと、ご自身が一番、辛かったのではと思います。
表彰台へ♪。








[PR]

# by usako_sasashin | 2016-09-04 23:26 | Hasetsune30K | Comments(0)
2016年 09月 04日

From Chamonix

秋の夜長・・・鈴虫が大合唱です。

f0202990_22383179.jpgいつも宿泊しているシャモニのアパートメントのオーナーから届きました。

スェーデンの方が趣味でシーズン中だけご自身の別荘を貸出をしています。
IKEA家具にかこまれた部屋がとてもシンプルでここちよいのです。




f0202990_22381837.jpgMontBlanc♪。
UTMBゴール地点にあるケーキのお店のチョコレート。





来年はお会いできるかな。




[PR]

# by usako_sasashin | 2016-09-04 22:50 | UTMB | Comments(0)