ハセツネ30K-⑥ 厄払い?受付作業

6時、再び青少年旅行村に到着。受付開始まで1時間しかありません。本部前に受付開始のテーブルを用意、7箱に分かれているナンバーカードと名簿を確認します。14人で担当するはずが7人のスタッフしかいおらず、1人で約200人分のナンバーカードを間違いなく迅速に渡さなくてはなりません。不安がよぎります。
f0202990_1123783.jpg
7時10分前、受付開始です。男子4001-4200、40歳から44歳までを担当。名前とナンバーカードを確認、応援の気持ちをこめて「頑張ってくださいね。」と声をかけ渡しました。

受付にいらした1人の方が、「こんなに厄年前後の人がいるの?」と驚いています。気がつきませんでしたが、確かに男性の42歳は大厄です。そして前厄後厄。おそらく、この方は厄年をすごく気にされているからお話になられたのでしょう。レースで怪我するなどとんでもありません。気にすれば気にするほど何か不安が近づいてきます。少しでも不安がないようにレースに臨んでいただければと、「でも、大丈夫です。厄払いしてあります!私が担当していますから、厄払いになります。安心してください。」ととんでもないことを答えてしまいました。あわてて、名簿と箱の中のナンバーカードに向かって、「厄払い!安全にレースが終わりますように。頑張ってください。」と心の中で願いました。

スタート9時の警笛がなり、心配した受付も無事に終了です。132人の人が欠席。ランナーズの方によると参加率が高いとのことでした。

・・・厄払い、その後のおはなし・・・

午後になり、続々と選手が戻ってきます。フィニッシュゲート付近で誘導係をしていると、男性が近づいてきます。今朝、厄年を気にされていた方です。「ありがとうございました。厄払いしてもらったおかげで無事に完走できました。」とうれしそうにレース報告をしてくれました。感激で、うれしい気持ちになりました。簡易厄払いは成功?いいえ、選手の実力が厄を払いのけた事に間違いありません。
[PR]
Commented by ふじた at 2009-04-22 10:19 x
選手の安全の為、スタッフ事前講習、コーススタッフ配置
フィックスロープ、立ち入り禁止テープ、案内看板などを
設置した上で、最後は神頼み!地元の神社二社で安全祈願を
しており、10月は御岳神社が加わります。
Commented by usako_sasashin at 2009-04-22 22:37
ふじたさん、こんばんは。
安全祈願をしていただいていたのを忘れていました。ごめんなさい。
受付にいると面白いですね。レースの緊張感にあふれている人、余裕のある人、封筒を出されない人。「封筒をお願いします」と伝えたら、シブシブと出されたのですが、お名前をみて、びっくり。お詫びをいたしました。
by usako_sasashin | 2009-04-21 00:20 | Hasetsune30K | Comments(2)

★BEYOND★


by usako_sasashin
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30