鳳凰三山 観音岳~花御座登山口

11:15 アカヌケ沢ノ頭
龍のオブジェを出発して30分、真新しい標識です。ここから白凰峠、甲斐駒が岳へ。行きたい!燕岳同様に岩のオブジェに魅了されてしばし足が止まります。
f0202990_2172090.jpg

11:50 地蔵岳
写真では何度も見ていましたが、なんとも幻想的な雰囲気でした。前を行く二人との距離が離れ、視界もガスで覆われ見えません。Xマークの岩を進んだのが大きな間違いでした。立ち往生です。「うーん、どっちかな?」地図で確認。鉄則はもどる事を思い出し、50mほどバックする事に。同時に、viniさんが、「何かあったら笛を吹いて」と借りたのを思い出して「ピー!!」吹きます。すぐにたーこさんが!ありがと。ガスで視界が悪いときは、要注意です。
f0202990_21295587.jpg

12:40 鳳凰小屋
二人に遅れること30分近く。このころから、左足膝が思うように動かなくなりました。奥武蔵以降、調子が良くありません。地蔵岳からは下りのみなのに・・・。不安を払拭。とにかく後に響かないようにマイペース。

当初の計画は、ここからドンドコ沢経由滝をみながら青木鉱泉登山口を考えていました。鳳凰小屋のおじ様が、ガスで滝も見えないだろうから、気持ちよく走るのであれば、花御座登山口がおすすめと。暖かいコーヒーを飲んで再び出発です。
f0202990_21511659.jpg

13:10 。。。。
ダケカンバの枯れ木があちらこちらに倒れており、不気味な感じ。クマさんが出てこないようにクマ鈴を再チェック。すれ違う登山客も皆無。早く2人に追いつかなくっちゃとおもっていたら、急に草闇に登山の方が休憩をしていて心臓が止まりそうになりました。。。。。推理小説の読みすぎ。
f0202990_2253473.jpg

13:30 燕頭山
観音岳の山崩れがよく見えます。これが目印。このあたりから、甲府市街地が一望でできます。
f0202990_22295220.jpg

花御座ルートは、急な石下りが多く注意が必要です。足が動けば楽しいと思います。地図上には、「なだらかな下り」となっていますが、その後が大変。逆パターンは鍛錬におすすめです。ひたすら樹海のような樹林帯、崖を下りという印象です。ドンドコ沢コースだと滝の観光があるのでもう少し楽なのかもしれませんね。

15:48 花御座登山口到着
朝、5:30に出発。距離24km?。走行時間9時間48分。俊足の2人よりも約1時間30分送れで到着です。たーこさん、viniさん、お待たせしてごめんなさいね。

花御座登山小屋でお風呂でさっぱり。店主の62歳の女将さんは、とても気さくです。バスの本数が少ないのですが、電車の接続を考えて有料臨時送迎をしてくれました。

17:25 穴山駅
駅から見る観音岳です。削れた山肌、あの脇を通ったと思うとビックリです。

f0202990_225114100.jpg

♥♥♥2008 ハセツネ覇者♥♥♥
夜叉神登山口を登ってしばらくすると、トレラン姿のGood Looking Guys 3人組みが「おはようござます。」と先を進んで行きました。一人の方はダブルストックを片手に。あっという間に視界から消えていきました。只者ではなさそうなオーラがありました。その後、しばらくすると、未開封のパワージェルが落ちていました。「さっきの人たちが落としたのかな?」会ったら渡そうと思いリュックのポケットへ。

樹林限界手前で、下ってくるオーラの人が!かっこいいです。ノースリーブのシャツの胸にスポンサーの名前が入っています。私たち3人でナンパ?「どちらまでいかれたのですか。」「パワージェルをおとしませんでしたか?」「ダブルストックつかわれているのですか。」と次から次へと質問攻め。ダブルストックは、ツールドモンブランのためだそうです。「パワージェルを返し、頑張ってくださいね。」

なんと、去年のハセツネ優勝者、山本健一さんだったのです。あとで、観音岳でお会いした仲間の1人の方とお話をしてわかりました。なんともマヌケな私達。。。

初めてお会いした山本さんの迫力に圧倒されました。さて、秋のハセツネの栄冠はどの方に。楽しみですね。

次は黒戸尾根、甲斐駒?。ご一緒した、たーこさん、viniさん、ありがとうございました。南アルプスの余韻に浸りつつ明日から仕事です。黒戸尾根、行きたいですね。
[PR]
Commented by 春山 at 2009-08-19 00:06 x
コメントありがとうございます。
あのパワージェル、僕も目撃しましたが結局誰のだったんでしょう?(笑)
甲斐駒もいいですよー。ぜひ、登ってみて下さいね!
Commented by usako_sasashin at 2009-08-19 23:27
春山さん、こちらこそありがとうございます。
パワージェルは、山本さんにお返ししたのですよ。
南御室小屋奥の水には気がつきませんでした。次回、飲んでみますね。
by usako_sasashin | 2009-08-16 21:56 | Alps | Comments(2)

★BEYOND★


by usako_sasashin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31