トレイル大好き!

runtrails.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 21日

鏑木さん貼り

アートスポーツで開催された、「New-HALE テーピング講習会」に参加しました。自己流で張っていたテープですが、やはり習う事は大切だと感じました。

なぜ、テーピングがサポートするのでしょうか?答えは、ダンボールの波なみのイメージです。ダンボールは、断面の波なみ構造が強度を作り出しています。この状態を皮膚にも作り、故障を防ぐそうです。膝のテープも、足を伸ばした時には、シワがよる状態がベストな貼り方です。

膝に3枚は貼る「鏑木貼り」です。1枚目は、膝を囲むように張ります。
f0202990_2228070.jpg
2枚目、3枚目は靭帯にそって張ります。
f0202990_22281590.jpg
故障を防ぐためにも、骨の位置を確認しながら張れるように練習しなくてはなりませんね。
[PR]

by usako_sasashin | 2009-08-21 22:57 | その他 | Comments(0)


<< 立ち姿      ジャラジャラ >>