レペティション トレーニング

過激な暑さですね。

今週の富士山練習は、御殿場五合目♪。
本当は、土曜日に富士山駅から山頂を予定したのですが・・・、強風雨予報を理由に・・・Zzz。

事件!、
脳が自爆テロをおこしました。

ソロ練は臨機応変に動ける反面、意志が弱いとカタツムります。全て自分次第なのにね。

f0202990_2144296.jpg富士山に行きたい~♪。
お天気予報は、静岡側は晴れ、山梨側は曇り雨、どちらも強風で登山指数C。


リセット!GO, GOTENBA!


御殿場口の山開きは7月10日、準備中でした。
アスファルトにも工夫がされていてナイス♪。
去年はなかったですね。

f0202990_21165198.jpg【チーム100マイル、鏑木さんメソッドメニュー】

①レペテション
登山道2kmを全力上り下る・・・2往復。
・・・私の場合、歩かない事が全力なんですけどね。

砂礫に足をとられてズルズル。その場足踏み状態。
絶対、歩きませんから。

1回目、歩かず到着、35分くらい。下りはスイスイ~♪。15分くらい休憩。
2回目、足が重い、思考ゼロ、ただただ前へ・・・30分くらい。
3回目、・・・無し・・・。

【参考】
チーム100マイル、ラビットの方々は、平均約18分で上り、11分で下り3往復。
全力で宝永山、約2時間30分。
レぺで100kmを走った足を疑似的に作り、100マイルの後半に備える。
鏑木さんいわく、宝栄山は筋トレ。 ← リカイ・・・デキマセ~ン。

f0202990_22335576.jpg②宝栄山
レぺ2本は余力を残して・・・。メインディッシュへ。

休憩してスタートしたら、足が重くて動かない!。

ブルーとダークグレイから木々の緑の世界を歩きます。。
目にやさしいく脳か休憩モードに入りました・・・アクビりん。

なだらかな樹林帯、すごく好き♪。

スタートして約55分、御殿庭。
赤土の山、宝永山が見えた~♪。
一度行きたいと思っているセドナを彷彿とさせてくれます。

f0202990_2248352.jpg山梨側からのガスが勢いよく流れていたのですが、
一瞬、宝永第二火口縁で視界がなくなりました。

富士宮五合目からの外国人ツアー団体の方々。
彼らにとってはFuji-Yamaはどう映るのでしょうね。

Mont Blanc・・・♪~Love・・・・と想うのと同じかな。
あの時はこれしかなかった。

f0202990_22483364.jpgガスが晴れてくると、拍手と歓声が聞こえてきました。

火口が美しい。
うれしくなりますね。
マニアックな宝永山からの富士山を見に来て下さって。

耳に入る外国語、・・・ここはどこ?。

f0202990_22485439.jpg馬の背までの砂礫、一番苦しい時間。

滑べらないように足をおいても滑る。

なるほど、特に滑るのは弱い右足。
まただ・・・。




馬の背。標高2,693m。
山頂までのフラットな道を歩きだしと、
一瞬の突風によろめきました。
背を低くして風が収まるのを待ちます。
yabai・・・。
ブルーラビッツ相方「きゃ・・・怖い・・・」
初めての宝永山、小柄なので風に持っていかれそうに。





大砂走りを激走して無事に終了しました。

一番、御殿場口が好き。
砂礫、富士山が一番美しいと感じています。
人が少なく静かで最高♪
そして・・・、強風が吹き荒れる宝永山、自然の驚異を感じながら
素敵過ぎます。

刻々と変わる雲の流れ、富士山。
いつ来ても二度と同じはないですから。
この一瞬は今だけ。

ご一緒したMご夫妻、ブルーラビッツの相方、ありがとうございました。



持久力系トレーニング方法の比較(インターバルtr・レペティションtr・エンデュランスtr)


[PR]
by usako_sasashin | 2016-07-03 23:25 | 富士登山 | Comments(0)

★BEYOND★


by usako_sasashin
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31