2016年 10月 20日 ( 1 )


2016年 10月 20日

第24回日本山岳耐久レース④ スタート分類

寒くなったり暑くなったり・・・女心と秋の空♪ですね。
連続勤務9日目・・・。今日は代休~♪

***** ハセツネフリーク、"ショムニ企画" sasashinさんに聴く! *****

ショムニ企画 : sasashinさん、だいぶお疲れのようですが・・・。
sasashin   : あっ、そんな風に見えますか?。
           お部屋の電気が暗いからだと思いますw。
           体力は絶好調ですよん♪。よく、お肌の曲がり角は40歳と言われますが、まだあと2年もありますし・・・。
       
ショ : そっ・・そーですか。救急車をよびますね。以上、現場からショムニ企画がお伝えしました。

**************************************************

f0202990_23103221.jpg10時前に会場に到着、受付完了。
「頑張ってください」と、ありがとうございます♪。
気持ちが引き締まりますね。

体育館のショップもチェックしたいのですが、更衣室へGO!
年々、女性走者が増え、すぐに場所がなくなるのです。
何とか、4人分の場所を確保できました。

スタートまであと3時間もあるのでのんびり着替えたり、リュックの中身を出したりしまったり。
埒が明かない。
今朝の気温は思った以上に高くて湿気状況から・・・いやな予感。
過去にも同じような事がありました。

2011年のハセツネ
台風で朝から土砂振りだったのですが、スタート前に雨があがり晴天になったのです。
西原峠手前で水がなくなり、脱水症状。月夜見までの約10kmは
体温をあげることを避けるためにすべて歩きました。

月夜見で水を一気に飲み干したら・・・。
5分後、吐き気になりました。

干からびている胃に一気に水を流し込んだ状態です。
フライパンでレバーを焼くと、すぐに片面が焼けて固くなります。
まさに、この状態だったと思うのです。乾燥しきった胃は水を吸収できないのです。

脱水症状には、OS1やポカリスエットを少しずつ胃に流し込むと吸収でき回復するそうです。
それ以来、OS1は必須アイテムになりました。


厚手のレインウェアから薄手へ、食料を減らして水を2.5LTにしました。
(月夜見手前で消費)


f0202990_23391331.jpg12:30、校庭にむかうと、おっくん♪。

f0202990_23105020.jpg今年は、ぐるっとまわらないと校庭に入れないように工夫されていました。
さらに、完走タイムの区分けも小刻みに。
16時間のところにで待機です。

f0202990_23132220.jpg同じレースでありながら、この16時間以降はのんびりモードです。
装備も駿足ランナーの2倍お荷物ですから、リュックも大きい~♪。
スタート前の落ち着かない状態をなごませてくれます。

f0202990_23161715.jpg13:00 スタートです。
ここでも昨年のように一気にスタートするのではなく、
分類された時間ごとに前に進むように改善されていました。ナイス♪。

毎年、渋滞問題になり、
特にSUB11-SUSB14の選手に大きく影響しています。
この渋滞を解決するために、事務局は試行錯誤を繰り返しています。

もちろん、年々、出走者数が増えていることも大きな要因です。
また、実際の走力と並んでいる完走タイムの違うランナーが多いという事実です。
これを少しでも解決する方法として、
昨年より、スタートと実際にスタートするまでの時間を完走リストに明記するようになりました。


さて、今年は改善されたでしょうか。







[PR]

by usako_sasashin | 2016-10-20 00:47 | Comments(0)