トレイル大好き!

runtrails.exblog.jp
ブログトップ

2017年 04月 05日 ( 1 )


2017年 04月 05日

【第9回ハセツネ30K】 2017 ⑤ 伴走について思うこと

急に暖かくなりましたね。
30Kが今週末だったら・・タラレバですね。
無事に怪我なく終えたことホッとしています。

今回5名の方のうち、4名のパラアスリートは日頃から練習、レースをともにしている伴走者と出走いたしました。
トレイルレースが初めてですが、伴走者が選手、山を熟知しているので安心しておりました。

f0202990_19060055.jpg一番心配だったのが、
3回目出走のA選手でした。

過去2回伴走をしていた方がされないということで
私が伴走者を探すことになりました。
大会事務局は伴走者と選手のマッチングはいたしません。
通常の選手でも伴走は難しく、
パラアスリートの性格などを熟知していないと無理だからです。

どうしよう・・・。
信頼のおける、ハセツネの山を熟知した方、アドグリ、
naoさんしかいないと思いました。



f0202990_19060427.jpgトレイルレース当日に伴走者と選手が初めて顔をあわせるなんてありえません。
リスクが高すぎです。
初めての方との伴走、意思疎通や、選手の表情、事故が起きたら・・・
と考えると...、
とにかく出来る限りの安全を考える毎日でした。

大会前週の雪、また前日の雪などの状況、
私自身がパニックになるくらいでした。

naoさん、そのリスクを考え、
伴走をお願いしてから8回の試走を繰り返し、
大会の前日も雪の中の試走、
無事に、A君をフィニッシュに導いて下さいました。
本当にお礼を申し上げます。




[PR]

by usako_sasashin | 2017-04-05 23:05 | Hasetsune30K | Comments(0)