トレイル大好き!

runtrails.exblog.jp
ブログトップ

2017年 05月 05日 ( 2 )


2017年 05月 05日

第3回 奥三河パワートレイル 70km ① 制限時間

4/30(日)、奥三河パワートレイルに出ました。
結果は、惨敗。とても足元にもおよばず、制限時間を46分もオーバー。

f0202990_21490508.png【制限時間】

レースの制限時間は13時間。
スタートは6時30分、19時30分がリミットです。

私の中での制限時間は12時間30分、
すなわち、19時をゴールと決めていました。
東京行き最終新幹線に乗るつもりでしたから。
まあ、乗れなくても
一人だったらでもどこか泊まれるかな~♪。
いつもながら、行き当たりばったり。
会社に行く服も荷物にいれました。

高飛車な思いと裏腹に、豊橋からの夜行バスを前日に予約。

豊橋発 0:45
東京駅着 6:30

新幹線でかえるよん~♪、がんばろーっと。
どこかで、新幹線で帰れると思っていたのです。
自分の走力のなさを顧みず奢りあがっていました。

f0202990_22133317.jpg豊橋から、約70分。
スタート地点、湯谷温泉駅。
f0202990_22125757.jpg渓谷が美しい~♪。
明日ゴールする頃は、夜で見れないのが残念。

f0202990_22125142.jpg装備チェック。ライト、予備電池、レインウェア、クマ鈴、携帯電話。
制限時間ぎりぎりのランナー以外はライトは不要ですが、
予備電池もチェック。

f0202990_23470111.jpgコースガイダンスは参加必須です。受付をチェック。
この日がお誕生日の石川さん。

少し、ふっくらされました?
f0202990_22343740.jpgレッドブルのゲート、何としても19時前にくぐりたい・・・、
な~んて夢みているのでした。


to be continued.

GWはレース結果が後を引きました。
何もしたくない。
筋肉痛もありますが、それ以上にノックアウトされました。
何これ、もっと自分自身をよく見ないと。

制限時間内にゴールできると思っていた驕りと現状の大きな違い。
一番のダメージなのです。
富士登山競走が完走できないのとは大きく違う。
何んでしょう。
あまりにも自分のことを知らなすぎますよね。

レースから5日、柏餅食べて元気だそーっと♪。




[PR]

by usako_sasashin | 2017-05-05 23:52 | Trail | Comments(2)
2017年 05月 05日

生田緑地

奥三河の疲れもまだとれないのですが、
久しぶりに生田緑地にいってきました。

f0202990_23585396.jpg2010年にはじめてCCCに挑戦する際に、何度も通いました。
夜中ぐるぐる練習して朝風呂に入って帰ったり。


毎週のように山練習に行きたい。
家の用事、睡眠、本も読みたい。
naniyorimo daisukinanowa daradara ~♪

時間を有効に使うためには効率のいいトレーニングを考えなくてはなりません。

奥三河から3日間、
レースの事ばかり考えていました。
絶対的な練習量不足、スキルのなさです。
「時間がない」、「年齢」は言い訳ですからね。


ではどうする?
朝型にも切り替えられない、軟弱な状態では何も変わらないでしょう・・・sasashinさん。
今までやってきた事は過去であり、未来に通用しない。
他人のマネごとはなおさら意味がない。
人間多種多様、二人とおなじ人間はいませんから。
自分の体力、状況は日々変化していますから。

柔軟な頭、固執しない、臨機応変に変化するために。

2009年にUTMBに挑戦しようと思った時のことを思い出し、原点に戻ろうと。
過去に戻る訳ではありません。戻りたくないしね。
今の自分の状況、望んでいる事、不要な事、大切な事、捨てる事・・・etc。

初心に戻り、今の自分と仲良くしながら1つ1つ積み上げていこうと思った、この3日間でした。

f0202990_23583294.jpg生田緑地は、あらゆるコース取りができます。
1周約5km、外周約8km、階段あり、ロードあり、トレイルあり。

なんと行っても便利なのは、自販機とトイレ、近くのコンビニ。
さらに、夜電車がなくても、家まで約15kmくらい。
歩いても帰れちゃうのです。

集団練習が苦手な私にはフラフラと一番いいのです。
寝坊しても山擬似練習ができちゃう、家からも近い。
最高なところがあるじゃないですか。

緑地内には、岡本太郎館があります。
まだ入ったことないのですが、好きなアーティストの一人。


f0202990_00540355.jpg渋谷駅に大きな彼のアートがあるのですが、パワーがすごい!。
心が萎えている時に見ると、吸い込まれそうに。


******
手なれたものには飛躍がない。
常に猛烈なシロウトとして、
危険をおかし、
直感に賭けてこそ、
ひらめきが生まれるのだ。

by 岡本太郎
******

f0202990_01382714.jpg帰り道、無人販売みつけた~♪
100円なり。







[PR]

by usako_sasashin | 2017-05-05 01:01 | Trail | Comments(0)