トレイル大好き!

runtrails.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:半月板リハビリ( 17 )


2012年 05月 14日

筋肉をつける

先週土曜日は4回目のリハビリでした。自宅から新横浜まで片道約13km、走って行くことにしました。右足は鉛をつけているかのように重いし疼きます。途中膝裏の張りがすごいので走る歩く...1時間30分の道のりでした。

前回同様、1時間半の足首ほぐしメニュー。右足関節内側外側ともに後遺症で皮膚とくるぶしがぴったりくっついてつまめないのですが、つねるように皮膚を引っ張り足を上下させて伸ばします。すごく痛い・・・皮膚が赤くなるまでつまみバタバタ。人間の皮膚って意外に伸びるのです。足首が前に曲がるようになりました。(翌朝にはまた硬くなっていますけどね。)続いて筋トレメニュー。大きな鏡の前で、中腰になり足のかかとを上下50回を2セット、脹脛と膝周りの筋力強化、チューブ、バイクと合計3時間。

あらゆるスポーツの対応したリハビリができるように道具も揃ろえられています。f0202990_12403973.jpg
リハビリをされている方のウェアでどんなスポーツをされているのかもなんとなく想像がつきますね。卓球のポロシャツ、野球のユニフォーム、リハビリをサボってヘディングの練習しいるサッカー少年、医学療法士さんからボールは関係ないよねとしかられちゃっいました。早く練習に復帰できるといいね。
リハビリで足の疲れがありましたが、復路も走ることにしました。新横浜から3kmくらい走ると膝が「もう無理・・」と痛みの信号が出はじめました。あと1駅・・あと1駅分だけ・・綱島から電車で帰宅しました。

「痛み」から逃げたり反発していても何も変わらない事がよくわかりました。痛くても痛くなくても自分の右足だから仲良くしていきます。次回は3週間後、往復ランで行けるようにリハビリ筋トレ頑張る♪。
[PR]

by usako_sasashin | 2012-05-14 12:46 | 半月板リハビリ | Comments(1)
2012年 04月 29日

温存治療

医科学センターでのリハビリ治療は、「週に1回程度の通院と、自宅または他の運動施設での運動実施により、治療効果を得ることを目標とします」。週1回の通院だけではよくなりませんよ~、自宅リハビリは毎日30分弱・・・・少ないよね。

予約時間前にリハビリ室に入り、前回のメニューをしながら理学療法士の先生に呼ばれるのを待ちます。診察は、足の動きや状況を確認をしながら、サブ療法士の方に病状を伝え今日のメニューを指示をだします。「右内側半月板損傷で温存治療で、足首を・・・・・・。」そこからは専門用語でよくわからないのですが、耳にのこるのは、「温存治療」。医者の治療何回も受けているのですが、「温存治療」という表現は慣れなくて敏感に反応してしまうのです。なんか「温存」ってあまり聞きたくない・・・考えすぎかな。
f0202990_1139527.jpg
今回もほぐしに約2時間。前回のメニューにほぐしメニューが追加されました。今回は、足首アキレス腱をつまみながら、親指を上下にパタパタうごかします。次に母指球脇をおしながらパタパタ。各20分くらい。硬い足首を軟らかくします。

f0202990_1154493.jpgメニュー最後は、自転車インターバール。負荷高めで2分漕いで1分休みを3セット、負荷を軽くして回転速度を高めて3セット、合計20分。足の力がなくて・・がっかり。最近、右足が細くなったと感じてたのですが、右膝内側は肉がそぎ落とされたようになくなりました。

f0202990_12125465.jpg約3時間のリハビリが終わりました。すこし膝に熱がありますが、腫れていないので走り続けても大丈夫とのことでした。
アイシング10分。「時計が10分すぎたら終了してくださいね。」と言われてたのですが、そのままZzz・・おやすみなさ~い・・・。起こされたのは30分後でした。
次のリハビリは5月中旬。足の筋トレ頑張る!。
[PR]

by usako_sasashin | 2012-04-29 12:25 | 半月板リハビリ | Comments(4)
2012年 04月 21日

努力に勝る天才なし

f0202990_18273965.jpg肌寒い1日でしたね。今日はスポーツ医科学センターでの3回目のリハビリでした。
先週は満開だった日産スタジアムまでの桜並木はみどり色に・・。坦々と生きていますね。
f0202990_18282100.jpg右足脇の筋肉をTrigger Pointと呼ばれるボコボコしているローラでグリグリグリ~ッとほぐします。購入して家でもやっているのですが、長年硬くなっている筋肉はそう簡単には柔らかくなりません。最初は痛くて泣きそうになりましたが、だいぶほぐれた?慣れたようで楽になりました。痛いところを探して体重をかけてほぐします。これを1時間・・・、汗びっしょりです。
f0202990_18282726.jpg次に膝下の筋脇筋肉です。。左右に足を揺らしながら押し続け約30分、脹脛を器具ではさみ足バタバタ約30分。最後に足裏で器具を押しながらバタバタやく約30分。ほぐすのに2時間かかりました。これだけやっても後遺症のある足首周りは硬いのです。毎日20分のリハビリメニューでは足りない・・・。
走ったあとの足の状態を確認する為に、最後はトレッドミル。途中、トレイナーからの走り方のアドバイスを受けながら20分、2.5km。右足の着地に力が入りすぎているので両足均等になるようにと。診療を含めて合計約3時間のリハビリでした。半端ない・・・。まさに今の私が求めているリハビリを受けることができました。保険治療で710円。

f0202990_18294191.jpg黙々とリハビリをこなす女子高生らしきアスリート。陸上インターハイのTシャツを着ていました。

「努力に勝る天才なし・・限界打破」。
2.5km走っただけで足が重くて悲しい・・。めげそうになるけど、今できることだけを考えるしかないのです。トレイナーから、「ここの理学療法士は優秀なので一瞬治ったような状態になるけれど・・・。とにかく時間をかけて焦らない気持ちと根本のフォームを治すことが大切」と。過去も未来も考えない・・・、今だけに集中。

明日は、富士五湖ウルトラの応援に行きます。出走されるみなさま、楽しんでくださいね。
[PR]

by usako_sasashin | 2012-04-21 19:42 | 半月板リハビリ | Comments(4)
2012年 04月 14日

アキレス腱

スポーツ医科学センターでのリハビリ2 回目。毎日太股横のほぐしをおこなった成果はでているのでしょうか。先生から柔らかくなっているが、ふくらはぎ、アキレス腱、足首は固いと。要改善!。フキラハギを器具でハサミ足首を上下に20分間かけてほぐします。
f0202990_1053728.jpg

皮膚もつまんで足を上下にパタパタ。痛い~。柔らかくなってね、と足に話しかけながらパタパタ10分間。

アスリートの方ばかり。リトルリーグのチビッコは投手。肘にダメージがあるようで、先生に明日の試合はやめるように説得されていました。チビッコもつらい。。。
f0202990_17515211.jpg

治して元気に動けるようになりたいですね。リハビリ中のみなさんも私も。

ゆっくりと走っても良いそうです。わあ~い♪♪♪。明日はテーピングして2ヶ月ぶりにタマリバーを走ってみようと思います。
[PR]

by usako_sasashin | 2012-04-14 10:44 | 半月板リハビリ | Comments(0)
2012年 04月 05日

横浜市スポーツ医科学センター

一昨日の診断で、「痛みと共存しながら走りましょう」とのドクターのお話。医院のコンセプトは「自然治癒力」ですから一般の整形外科でありがちな痛み止めや湿布の処方、電気治療もありませんでした。「テーピングと筋トレをしながら走りましょう」という治療方法です。私の希望する治療は完全に治す事であり「痛みと共存」ではありません。レースに向けて自分のできる限りの練習をしてスタートに立つことです。練習もせずレースに出てもおもしろくない・・・練習をして出るからこそ、レースが楽しいのです。

半月板は再生することはありません。サッカーの澤選手や本田選手も試合で痛めた内側半月板は手術をしました。右足の手術は何回も経験しているので治るのであれば選択肢のひとつです。さらにネットで調べてみると東京医科歯科大では、昨年、自分の膝組織細胞で半月版を再生させる新しい治療法を生み出し、今年4月より治験をはじめるというニュースを発見しました。治験プログラムに参加するにはどうすればいいのかな・・・と考えてみたり・・・。

さて、どうする・・・昼間時間が取れるのは今日と明日。思い立ったら吉日・・・。

f0202990_23261762.jpg日産スタジアム1階にある横浜市立スポーツ医科学センターに行ってきました。ドクターの診断は軽度の右半月板損傷。少し違う見解を期待しましたが・・・予想通り。

リハビリ室へ行くと理学療法士がスポーツジャージでジムみたい。
状況を詳しくヒアリング、器具を使用したリハビリ、筋肉をやわらかくすることを約1時間半かけて行いました。治療をうけている方のほとんどが体育会系学生。与えられたメニューを黙々とこなしていました。

f0202990_23261321.jpgこのメニューを自宅でも実践し、1週間後の診察で次のステップというように家でのリハビリトレーニングが重要な鍵を握ることになりました。

右横の筋肉をやわらかくすること約50分、測定、脹脛や足首の筋肉ほぐしに40分。1時間半のリハビリでしたが終わってみると足が動く、痛みが軽減されたのです。
こんな軽い足は1ヶ月半ぶりです。うれし~♪。ここに着てよかったと。筋肉のハリをほぐすことが重要なのですね。

病院や医者によって治療方針は大きく違います。情報が手軽に得らるからこそ自分にあう治療方法を探す事も大切かもしれません。
[PR]

by usako_sasashin | 2012-04-05 23:15 | 半月板リハビリ | Comments(4)
2012年 04月 04日

デニバン

f0202990_12354623.jpgMRIの後は、膝内側を守るテーピング処置でした。「デニバン」というテープで、ニューハレやキネシオより厚く布ガムテープのような感じ。撥水加工されており水や汗に強いらしいのです。昨日はつけたままお風呂にはいりましたが、たしかに全く剥がれてきません。このままスイムもOKみたい。

← Model by sasashin.

f0202990_1240949.jpg
1巻850円くらいなのでニューハレテープと値段は同じくらい。しばらく右足はテープして過ごします。
[PR]

by usako_sasashin | 2012-04-04 12:40 | 半月板リハビリ | Comments(2)
2012年 04月 03日

MRI

春の嵐でしたね。少し早く退社できたのでMRIが撮れる整形外科に行ってみました。開業医でMRIを装備している医院は少ないですが、探してみると大田区にもありました。

今日MRIでとった右膝。赤い囲みの部分。白く見えるのがよろしくないらしいです。腫れもなく痛みもそれほどあるわけではないのですが、おそらく痛いという意識が強すぎるのかもしれませんと。気になる足の長さも骨レベルで計測すると5mmくらい差がありましたが筋肉のつき方や骨盤の位置でもう少し数値が高くなるかもしれないが全く問題ないとのことでした。
f0202990_2314222.jpg

痛みの原因は内側半月板に軽度の損傷が見られますということで、半月板自体は元にもどる事はないのでお付き合いしながら走ることをお手伝いしましょうというドクターの見解でした。ヒアルロン酸の注射治療もあるそうですが、まずは膝回りの筋力を強化していくことが大切だそうです。

痛みの原因がわかったのでスッキリしたのでOK。来月のSTYも無理かもしれませんね。ウダウダ弱音を吐いていても現状はかわらないので、今できることに集中。あと、気分転換もね。
[PR]

by usako_sasashin | 2012-04-03 23:14 | 半月板リハビリ | Comments(0)