トレイル大好き!

runtrails.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Trail( 136 )


2017年 05月 14日

第3回 奥三河パワートレイル 70km ② タイムオーバー

レースから2週間、忘れないうちに備忘録。

f0202990_02264917.jpg前日は清水旅館に宿泊しました。
夕食は焼肉でスタミナばっちり♪。
朝食はおにぎり。おもてなしも最高です。

スタート地点まで5分、送迎付きで6000円。
女性大部屋ですがとてもゆっくりできました。

9時就寝、こんなに早く寝るのは年に数回です。

f0202990_00022845.jpg快晴のレース日より。
朝の空気は10℃、空気が冷たいですが風がなく、
肌寒いですが風がなく、快適なレースになりそう。

日中は20℃以上になる予想、
寒暖の差が激しいみたい。

完走するよん!と意気込んでいますが、
びよ~ん、そんなビッグマウス大丈夫かな?
まぁ、いつもの
「やってみなければわからない」
得意の「何とかなるでしょう~♪」と。
実は、何も考えてないのです。
考えても考えて・・・、悶々としても何も答えは見つからない。
成るようにしかなりませんからね。
だったら、何も考えない、「無」になるのが一番です。
パァ、パラパァ~♪
楽しむためにレースに出ているのですから♪

f0202990_00032953.jpgスタートから約1時間、
本当に辛いくて、
ただひたすら、ゆっくりしか進めません。
いつもそう。

さすが、難易度の高いレースに出走する方々、
スタートから猛ダッシュ。
後から考えてみると、
このレースはスタートから全力で突っ走らないと
間に合わないのです。

「先は長いよね♪」はNG。
ロードの山道を上りトレイルへ。
渋滞にホッとしちゃう。


f0202990_00165874.jpg写真を撮っている余裕はないはずですが、
あまりにもきれいだったので。


f0202990_00040254.jpg

f0202990_14402506.jpg走れるところは走る、
貯金をつくらないと・・・。

11:50 第1関門 37.3km 小松長江。
自分の中では余裕ができたと思っていたのですが、
ここは、11時には出ないと間に合わなかったのです。
エイド滞在時間15分、これも長すぎ。

来年の課題は「ここに11時に到着する」こと。

実は、ここからが本当のレースでした。

f0202990_00052146.jpg東海道自然歩道って、結構えぐい、
階段あり、崖登りあり。



f0202990_00054469.jpg15:02 第2関門 57.1 km 棚山高原。
ここの関門は15時30分。
おそらく、この写真に写っている方々は全員というほど
完走できなかったのではないでしょうか。
リタイア者多数、この時間から先に進んでも
間に合わない事をご存知だったようです。
sasashinさんは、完走できると信じてましたから。
暑さで思考回路が焼けてしまったようです。


このあとは写真はありません。

残り、4km地点で制限時間できず・・・、
Mission Incomplete.


f0202990_00061146.jpgゴール地点の湯谷温泉から豊橋まで約1時間、
電車は1時間に1本です。遠遠遠~♪。

豊橋についたのは22時すぎておりました。

完走もできない、最終新幹線に間に合わない、
豊橋で浮浪者になりました。段ボール見つけるのもいいかもね。

夜行バスまで約2時間、ネットで探したお風呂屋さんへGO、
人参湯」さんです。
結構、混んでいましたけど、水風呂もサウナもあり
体はリフレッシュしたけど、
頭はテンションMAX。


f0202990_00063090.jpg1週間ぶりのビールを買って
夜行バスに乗り込みました。

分不相応のレース、
完走できると過信している自分、
泣き虫なので・・・。

ビールが美味しくない、
一口のんでやめちゃいました。

翌朝、6:30に有楽町につき、速攻、家にもどり着替え。
9時には、会社に出社・・・、
Mission Complete.


[PR]

by usako_sasashin | 2017-05-14 15:22 | Trail | Comments(0)
2017年 05月 05日

第3回 奥三河パワートレイル 70km ① 制限時間

4/30(日)、奥三河パワートレイルに出ました。
結果は、惨敗。とても足元にもおよばず、制限時間を46分もオーバー。

f0202990_21490508.png【制限時間】

レースの制限時間は13時間。
スタートは6時30分、19時30分がリミットです。

私の中での制限時間は12時間30分、
すなわち、19時をゴールと決めていました。
東京行き最終新幹線に乗るつもりでしたから。
まあ、乗れなくても
一人だったらでもどこか泊まれるかな~♪。
いつもながら、行き当たりばったり。
会社に行く服も荷物にいれました。

高飛車な思いと裏腹に、豊橋からの夜行バスを前日に予約。

豊橋発 0:45
東京駅着 6:30

新幹線でかえるよん~♪、がんばろーっと。
どこかで、新幹線で帰れると思っていたのです。
自分の走力のなさを顧みず奢りあがっていました。

f0202990_22133317.jpg豊橋から、約70分。
スタート地点、湯谷温泉駅。
f0202990_22125757.jpg渓谷が美しい~♪。
明日ゴールする頃は、夜で見れないのが残念。

f0202990_22125142.jpg装備チェック。ライト、予備電池、レインウェア、クマ鈴、携帯電話。
制限時間ぎりぎりのランナー以外はライトは不要ですが、
予備電池もチェック。

f0202990_23470111.jpgコースガイダンスは参加必須です。受付をチェック。
この日がお誕生日の石川さん。

少し、ふっくらされました?
f0202990_22343740.jpgレッドブルのゲート、何としても19時前にくぐりたい・・・、
な~んて夢みているのでした。


to be continued.

GWはレース結果が後を引きました。
何もしたくない。
筋肉痛もありますが、それ以上にノックアウトされました。
何これ、もっと自分自身をよく見ないと。

制限時間内にゴールできると思っていた驕りと現状の大きな違い。
一番のダメージなのです。
富士登山競走が完走できないのとは大きく違う。
何んでしょう。
あまりにも自分のことを知らなすぎますよね。

レースから5日、柏餅食べて元気だそーっと♪。




[PR]

by usako_sasashin | 2017-05-05 23:52 | Trail | Comments(2)
2017年 05月 05日

生田緑地

奥三河の疲れもまだとれないのですが、
久しぶりに生田緑地にいってきました。

f0202990_23585396.jpg2010年にはじめてCCCに挑戦する際に、何度も通いました。
夜中ぐるぐる練習して朝風呂に入って帰ったり。


毎週のように山練習に行きたい。
家の用事、睡眠、本も読みたい。
naniyorimo daisukinanowa daradara ~♪

時間を有効に使うためには効率のいいトレーニングを考えなくてはなりません。

奥三河から3日間、
レースの事ばかり考えていました。
絶対的な練習量不足、スキルのなさです。
「時間がない」、「年齢」は言い訳ですからね。


ではどうする?
朝型にも切り替えられない、軟弱な状態では何も変わらないでしょう・・・sasashinさん。
今までやってきた事は過去であり、未来に通用しない。
他人のマネごとはなおさら意味がない。
人間多種多様、二人とおなじ人間はいませんから。
自分の体力、状況は日々変化していますから。

柔軟な頭、固執しない、臨機応変に変化するために。

2009年にUTMBに挑戦しようと思った時のことを思い出し、原点に戻ろうと。
過去に戻る訳ではありません。戻りたくないしね。
今の自分の状況、望んでいる事、不要な事、大切な事、捨てる事・・・etc。

初心に戻り、今の自分と仲良くしながら1つ1つ積み上げていこうと思った、この3日間でした。

f0202990_23583294.jpg生田緑地は、あらゆるコース取りができます。
1周約5km、外周約8km、階段あり、ロードあり、トレイルあり。

なんと行っても便利なのは、自販機とトイレ、近くのコンビニ。
さらに、夜電車がなくても、家まで約15kmくらい。
歩いても帰れちゃうのです。

集団練習が苦手な私にはフラフラと一番いいのです。
寝坊しても山擬似練習ができちゃう、家からも近い。
最高なところがあるじゃないですか。

緑地内には、岡本太郎館があります。
まだ入ったことないのですが、好きなアーティストの一人。


f0202990_00540355.jpg渋谷駅に大きな彼のアートがあるのですが、パワーがすごい!。
心が萎えている時に見ると、吸い込まれそうに。


******
手なれたものには飛躍がない。
常に猛烈なシロウトとして、
危険をおかし、
直感に賭けてこそ、
ひらめきが生まれるのだ。

by 岡本太郎
******

f0202990_01382714.jpg帰り道、無人販売みつけた~♪
100円なり。







[PR]

by usako_sasashin | 2017-05-05 01:01 | Trail | Comments(0)
2017年 04月 22日

山頂確定

今週は右膝の疼きが復活、一喜一憂しても仕方がないのですが・・・。
気になる。気にしすぎかもしれませんが。
疼きや痛みと仲良くすることが一番。こんな時は、コアや膝強化トレに集中します。

f0202990_23120259.png山頂確定のお葉書が届きました。
富士山が下さった、お情けのチャンス。
チャンスを生かすか殺すかは私次第。

700%とやりきったと思える状態でスタートに立ちます。

最優先すべきこと、
「山頂をクリア」



(Photo is replaced.
Special thanks to RunningCobra-san.)
どうやら、膝の疼きは自ら原因を作っているようです。

「気象病」。
お天気が悪いとだるかったり傷が疼いたり。
傷そのものの痛みよりも、神経的な要素が高く
時間や生活バランスが崩れることにより体がだるくなったりするそう。

確かに、仕事やトレーニングが終わって寝るのも遅いし、
本を読みだすと止まらない・・・
ビールやワインを飲みだすととまらない・・・。

これじゃあね。
退化する体力を食い止めることはできないけれど、
あえて、自らパフォーマンスを落とすような事をしているとは。

規則正しい生活が膝の軽減、パフォーマンス向上、山頂へ道になりえるのです。

f0202990_20173631.jpgもう一度ね。
最優先すべきことは何?


夜型から朝型へシフトします。

f0202990_20175232.jpg練習のモチベーションアップ♪♪。

巷の流行にのってみました。
トレイルランナーの間で、H&Mのショートパンツがコスパ最高とのこと。

早速、GO。
スイカかわいい~♪。
何と1900円、無地は1290円。
ウェストはパタゴニアのレディースバギーSと同じ。
3枚の大人買いです。

これで頑張っちゃおう♪






[PR]

by usako_sasashin | 2017-04-22 21:01 | Trail | Comments(2)
2017年 02月 25日

コアトレーニング

2月中旬、駅の階段を上っている際に、人を避けようとよろめきました。
気がついたらホームのベンチに座っており、
駅員さんが「救急車よびますか?」と聞かれて我に戻ったようです。
鼻血が出ていましたが、特に痛いところも感じられなかったのでそのまま帰りました。

f0202990_21201231.jpg翌朝、頭が痛い。
口を動かすと、右耳の奥でゴソゴソ音がするのです。
鏡をみると・・・。

Oh! My God!!!


さすがにこれはまずいと思い病院へ。

初めて自分の顔をスキャン♪、
わっ、グロテスク。

脳には異常なし。
右鼻のあたりに欝血がありますが自然に治るそう。


f0202990_21202285.jpg結果は、

「右頬骨折」。

頬の骨は柔らかく、
野球選手がほほに打球をうけたり、
アメフトの選手など、すぐに折れるそうです。

よろめいて階段に頬が直撃でした。

この程度であれば、1か月くらいで骨がつくから
様子を見ましょうとのことでした。

さすがにまだ、右側で固いものは噛めないのですが、
ビールやワインは飲めちゃうう♪。


骨折よりも凹んだのは、コアがグラついたこと。
体幹が使えていれば、もっと軽くすんだはず。
バランスチェックをしてみると、全く無いではないですか!
こんなに体がグラグラしていたら、よろめく訳です。

走ることよりも何よりも、体幹。
コアトレ開始。向こう1か月で戻します。

今まで使ったことのない筋肉を使えるように、
やったことのない事にトライ♪

はじめて「3act slide」をやってみました。
重心移動、コア、足の筋肉など、すべてを使います。

すごくおもしろい♪。



このコアが強くならない限り、
何をしても上手く行くわけがないです。

今に集中。
急がば回れ。
[PR]

by usako_sasashin | 2017-02-25 21:55 | Trail | Comments(2)
2017年 02月 21日

Fastpack 20

今宵はさむいですね。
三寒四温、あともう少し♪

事件は日曜日のお散歩中に発生しました。
いつ起きるかなと思いながら・・・。

f0202990_00250770.pngテラノバ Laser 25 Packのファスナーが壊れました。
これで2個目。
確かに荷物をパンパンにつめているのも悪いのですが。

色違いでグリーンも持っていたのですが、
数年前に鎌倉の山でパッコンとこわれ、
途方にくれました。
この時は、そうだ!OSJでリュック借りよ~♪
とひらめき、リュックをかかえてOSJに逃げ込みました。
(OSJさま、その節はありがとうございました。)
それ以来、何が起きてもいいようにドローコードを追加して使っていました。
もう4-5年?使用したかな。帰宅ランや、TDSやハセツネに活躍。
とても便利でした。

さて、チャンス到来、
ちょうど渋谷近くなので、今回は、アートスポーツへ駆け込みました。
お目当ては、UD Fastpack20ね。
前から気になっていました♪。
サイズはS/M。男女兼用なので少し大きめです。

中身を全部入れて、再びGO♪。
ストラップが薄い分、荷物を重くすると肩にくい込み鎖骨に当たりますが、
テラノバも同じ。
思った以上にたくさん入ります。

帰宅RUNにはちょうどいいみたい♪。













[PR]

by usako_sasashin | 2017-02-21 23:12 | Trail | Comments(0)
2017年 02月 01日

第4回スパトレイル〔四万to草津〕2017 エントリ完了

今日から2月。
気持ちをあらたにスタート♪。

f0202990_22585774.jpgハセツネ30Kは開始から11分で定員になりました。
エントリして下さったみなさま、ご興味をくださったみなさま、
ありがとうございます。はじめてSPAトレイルにエントリしました。

昨年に引き続きは、夏のヨーロッパ遠征はなし。
UTMBに対する熱が冷めたのも事実かな。
今年は、日本の山々をめぐります。

来年、出てみたいのが「Transalpine-Run

そうです!、
昨年、奥宮さんと山田さんが出た、ペアのステージレース。
合計247km。

f0202990_23171676.jpgペアレースなので一人では出れないのです。

お二人の方に「一緒に出ませんか~♪」とお誘い中。
ひとりは興味津々で検討中。
もう一人は、トライアスリートなので微妙な感じ。

出たい!
ペアレースは一人より難しいです。

今年は、その準備期間でもあります。
2015年に、一月にUTMBとUTMFをクリアした時以上に
練習しないとね。

夢は大きく♪♪。

[PR]

by usako_sasashin | 2017-02-01 23:26 | Trail | Comments(0)
2017年 01月 20日

大寒

寒いですね。今日は大寒。
節分までの約2週間・・・冬将軍さまと仲良くすごしますよん。

f0202990_00163741.jpg先週土曜日、2015年UTMF以来のロングレースに出走しました。
Vibram HK100K。2014年、2015年、3回目です。

久しぶりのロングレース、膝の具合も思わしくないので不安もありましたが
何とか完走しました。うれしい~♪。

レース中、膝の痛みとの対話でした。
本当に痛くて、どうしようもない時間もたくさんありましたが、
「やめる」という選択肢はありませんでした。

二度と走れなくなってもいい、絶対に完走する事しか考えていませんでした。


f0202990_00173382.jpg2年ぶりのHK100kはさらに進化しておりました。
エイドが充実、休憩ができるようにテントも完備されていました。

そして、なによりもボランティアのちびっこ達がたくさん応援してくれました。
CP7では、ラッキー袋をプレゼント♪。
このお守りをリュックに入れて最後まで行けました。

レース詳細は、このあとね。

今年は、「動」の一年。
前に前に進みます。無心で。

Love HongKong♪


[PR]

by usako_sasashin | 2017-01-20 23:58 | Trail | Comments(0)
2016年 11月 28日

神流・・・その後

修行走を楽しみにしていたのです・・・。
降雪でバーティカル5kmのレースになり、来年の富士登山を考えれば出走すればいいのですが、
宿泊・交通費・移動時間を考えてDNS、やる気のない軟弱な私。びょ~ん・・・。

f0202990_22343526.jpg神流から2週間。
どうしても頭から離れないことがあります。



今年の30Kで出走して下さった、義足のアスリート。
Fさんがミドルクラス、40kmに出走していました。

第2関門、40kmまでの最後の下り。
ブルーラビッツはどうしてもこの40km、
持倉の関門をクリアするべく必死、
前にいるランナーに追いつくと、
追い抜けそうなところで
「左を抜きます」と声をかけて前に行かせて頂いていました。


f0202990_22343335.jpgヘアピンカーブの下り約3km、
気持ちよく激走します。
関門クリアするために余裕はなく
必至にくだっていたところ、

途中、Fさんが前にいて
私のために道を譲って下さいました。

どうしようと思う間もなく、
「すみません、ありがとうございます。」
「頑張って」
としか声をかけることができませんでした。





f0202990_22343879.jpg少し進むと、パラアスリートを支援、
30KでもFさんをサポートした、Nさんが心配そうに
逆走して待っていました。
私が、Nさんに、「Fさん、すぐ後ろにいます」とお伝えしました。

私たちペアはギリギリに40kmの関門をすり抜けましたが、
Fさんにはお会いできませんでした。

******レースから数日後、伴走のNさんのメールの抜粋******

sasashinさんから「すぐ後ろからFさんが来てます」と言われ、私はホッとしました。
時計を見ながら、また間に合わないだろうと、思っていた時でしたから。
結果的には間に合いませんでしたが「もしかすると間に合うかもしれない」と考え直せたのは良かったです。
ハセツネ30の時のように「明らかに無理」という状況ではないと分かった幸福な一瞬でした。

************

f0202990_23374624.jpgHasetsune 30Kというすごく狭い範囲でしか考えていなかった私。
恥ずかしい限りですが、これしか私にはできないのです。

ところが、この範囲を超えた状況になるとは想定外でした。

神流はパラアスリートを支援しているレースで、
Fさんの他に、パラオリンピック強化選手も出走していました。

Fさんに道を譲っていただく・・・、
まさかこのような状況になるとは。
後ろから、一緒に下りたかったのですが
どうしても関門をクリアしたいというエゴしかありませんでした。


来年の30Kのパラアスリートにどのような選手に出て頂きたいか。
2年前、何も考えずにはじめた「30K パラアスリート出走」ですが、
私の中で少しずつ変わりつつあります。
少しでも自信がつき、ご家族がハッピーになることしか考えていませんでした。
きっかけはそれで良かった。

Fさんの挑戦する姿、
もっともっと真剣なんだと。
健常者もパラアスリートも関係ない、ただ、まっしぐらに進んでいるのです。


日々、努力をしているアスリートに出走してほしいと思うようになりました。
理想論というのは承知です。
でもね、健常者もパラアスリートも同じと思い始めたのです。
30Kのためではなく日々切磋琢磨、練習をしています。
パラアスリートを支援する方々の熱い想い、
パラアスリートは自分自身、支援して下さる方々、自分自身、ひたすらすごく努力しているのです。
ある意味、遊びではない、イベントではないのです。

私も同じかもしれない。山走り、レースは遊びじゃない。
自分自身を保つために必要だから。

パラアスリートも健常者も同じ、
日々、努力しているアスリートに出走してほしいと。










[PR]

by usako_sasashin | 2016-11-28 00:34 | Trail | Comments(2)
2016年 11月 26日

2nd Fun Trails 100K ボランティア

今週は、50?年ぶりに11月に雪でしたね。
先週はFTR100Kのボランティア、雪がレース後でよかったです。

トップ選手は菊嶋さん。軽やかにフィニッシュ。おめでとうございます。




f0202990_22484485.jpg大会プロデューサーは大忙し。
ゲートを組立て直したり、

f0202990_22562761.jpgTシャツの宣伝を書いたり。


一番大事なのは、選手のお迎え♪。


f0202990_22561124.jpg夜が明け一番寒い時間。ストーブで暖まります。


夜、寒くてウロウロしていると、ストーブが5台、パイプ椅子が数十、
神社脇に放置されていました。


確認すると、非常時のために予備として置いてあると。
非常時っていつ?
今、選手がゴールして急激に冷えるのを防ぐためにストーブが必要です。
座って休めるように椅子とストーブをゴール付近に配置完了~♪。

エリートランナーにはわからないかもしれませんね。



f0202990_22560666.jpg秩父神社にお参り。




f0202990_22563073.jpg見事な銀杏 & 飛行機雲。



f0202990_22562317.jpgアーチを作って最終ランナーをお出迎え。
雨のスタートから32時間。
最後まであきらめずにすごい♪。
完走おめでとうございます。感動しますね。

撤収作業をして、長い1日が終わりました。
Fun Trails、とてもいいレースです。
奥宮さんのお人柄、「テンネン」ですが、
事務局、ボランティア、コース、
そして選手が熱い!。


たくさんのランナーからパワーを頂きました。
来年は、さらにいいレースになりますように♪。








[PR]

by usako_sasashin | 2016-11-26 23:49 | Trail | Comments(0)