トレイル大好き!

runtrails.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Trail( 140 )


2009年 11月 09日

第1回信州戸隠トレイルランレース①

f0202990_225023.jpg【9:10 飯綱山(8.2km)】
7:00スタートから、2時間10分。信越100kから1ヵ月半、再びここに来ました。ほぼ同じルートで登ってきたにもかかわらず、闇夜と疲れで全く覚えておらず、この案内版だけが記憶にありました。

信越同様、飯綱山のピークまでは行かずにここから下りです。振り返ると、北アルプスが一望。これを見た瞬間に疲れがなくなりました。時間が許す限り眺めていたいのですが、前に進まなくてはなりません。記憶をたどると、ガレ石や鎖場が次から次へと攻めてきたのに。。それほどでもない事になんとも。。。
f0202990_2218854.jpg
飯綱山を確認するためにこのレースにエントリしたのですから、わかってよかった事にしなくてはね。
f0202990_23483370.jpg

[PR]

by usako_sasashin | 2009-11-09 23:14 | Trail | Comments(0)
2009年 11月 04日

雲取山

9:30 鴨沢バス停
AminoRC S崎隊長率いる前泊組に追いつけるかどうか、日帰り組は夜間走行装備をした9名です。バス停横の坂道を進み20分くらいで権現平駐車場に到着。登山口に入ります。
f0202990_0564484.jpg

10:50 堂所(5km)
やはり奥多摩、紅葉が最盛期です。前日の日の出や金比羅尾根では見れなかった鮮やかなオレンジを楽しむことができました。
f0202990_124423.jpg

11:30 七つ石小屋下山分岐(6.5km)
iwatchさんの先導により、コースタイムの70%の速度で進みます。スイパーの私は写真をとったり景色を眺めたりと一人遅れがち。七つ石山をまき、ブナ坂へ。樹木の植生がかわり、紅葉風景はなくなります。
f0202990_2275783.jpg

12:00 ブナ坂の鞍部(8.2km)
登りきると雲取との広い鞍部に到着。すでにお昼になりお腹がすいてきたので小休憩。
f0202990_22161166.jpg
一気に視界があかるくなりました。遠くにうっすらと富士山が見えます。わかります?。
f0202990_22171365.jpg

13:10 雲取山山頂到着(12km)
ヘリポートを過ぎると、雲取山避難小屋がみえました。山頂目指して最後の急登です。
東京都最高峰、標高2017.1mに到着です。やったね。(後からガイドを確認してみるとこの標識は山頂ではない?みたいです。本当の山頂標識は、避難小屋の裏にあるらしいのですが。)
f0202990_22225569.jpg

13:30 下山開始
天気予報によると夕方から雨。少し風が強くなってきました。当初の計画では、鴨沢組と石尾根組に分かれて下山する予定でいたのですが、全員一致で石尾根経由奥多摩駅に戻ることにしました。コースタイム70%として予想奥多摩駅到着時間は18:30すぎ。ビールが飲みたいF川さんは、OGと山荘経由石尾根へ。

下り好きな人達です。さすがに、はせつねSub13のO女史の速さには誰もついていけません。そこで、ゆっくりチームと、激走りチームに分かれることに。

14:30 七つ石山山頂(17km)
右手が雲取山。ハセツネコースにはない開放感のある尾根。
f0202990_22381612.jpg

15:30 鷹巣山避難小屋(22km)
雨が少し降ってきました。山荘によった、F川さんとOGも到着。奥多摩まであと10km近くあります。地図でエスケープルートを確認。どのルートも登りと下りに1時間の差があるので急なことには違いがありません。結局、石尾根をそのまま進むことにしました。

17:00 ライト点滅
いよいよ夜間走行開始です。足場は悪くありませんが、落葉で路が見えないので注意が必要です。市街地の夜景が遠くに見えてきました。

19:15 奥多摩駅
舗装路にでると雨は本降りになりました。前泊組のS崎隊長、スー班長が駅でで待機、無事に終了しました。全員の疲労具合、体調を考えると時間のない強行軍は危険でした。幹事として反省。ご一緒した皆さま、本当にお疲れ様でした。次回は春山でビバーク練習ですね。

走行距離合計32km
往路:鴨沢~七つ石山(まき)~雲取山 12km 約3時間40分
復路:雲取山~七つ石山~鷹巣山避難小屋~奥多摩駅 20km 約5時間15分

[PR]

by usako_sasashin | 2009-11-04 01:27 | Trail | Comments(0)
2009年 10月 30日

Wonder x Wonder を10倍楽しむために

はせつねの翌日、10/13(火) 、渋谷ゴールドウィン本社で開催された、「ツールドモンブラン報告会」に参加しました。会場には、前日ハセツネでお会いした「ハセツネな方々」がたくさん。鏑木さん、横山さん、山本さん、松永さん、間瀬さんの迫力あるレースのお話を聞くことができました。
f0202990_2312640.jpg
最後、コースアウトし精神的に辛かったと話す鏑木さん。横山さんは、このレースにゴールして、タイムがすべてではないと考え方が変わったと。山本さんはパワージェルを60個以上?消費。間瀬さんの考え込む写真。あっという間の2時間でした。

今朝のNHKで土曜日放映予定の「激走モンブラン!166キロ山岳レース」の予告を紹介していました。イタリアから見るモンブラン、迫力満点。ハイビジョンで見たい!。最高年齢で参加されている方(写真:右)がボランティアをされているMrsとkissをしないと出発しない姿がすてきでした。土曜日が楽しみですね。
f0202990_23155040.jpg

【NHK総合テレビ 「Wonder x Wonder」】
・10月31日(土)20:00~20:45
・11月18日(水)0:45~1:30(再放送)
・11月29日(日)22:00~23:30(BSハイビジョン、90分特別編)

【TV放映を10倍楽しむために】
①参加されたsuuさんのサイト 「目指せ!ツール・ど・モンブラン
②「Tarzan」 544号(今出ている1つ前の号) P98-P103 ツールドモンブラン特集
③10/26 日経新聞夕刊 鏑木さんの記事
NHK予告
f0202990_23583183.jpg

[PR]

by usako_sasashin | 2009-10-30 00:16 | Trail | Comments(2)
2009年 09月 30日

モンブラン報告会

モンブラン報告会に参加させていただきました。suuさん、junさん、あんさん、素敵な報告会に参加させて頂きありがとうございました。
f0202990_0244553.jpg
ランブラーさんのストック、見せていただいたのですが軽い!今まで市販で売っているダブルストックに比べることはできません。すごい兵器です。モンブランの向こう側には何が待っているのでしょう。来年、再来年、確かめてみたくなりました。
f0202990_0215197.jpg

[PR]

by usako_sasashin | 2009-09-30 00:41 | Trail | Comments(3)
2009年 08月 27日

Trail du Mont-Blanc

いよいよですね。ツールド・モンブラン。ライブみれるでしょうか。

ライブ
[PR]

by usako_sasashin | 2009-08-27 17:49 | Trail | Comments(0)
2009年 08月 14日

ふたたび

鉄道マニアになりました。
f0202990_152984.jpg

[PR]

by usako_sasashin | 2009-08-14 01:05 | Trail | Comments(0)
2009年 08月 10日

第1回多摩川源流トレイルラン

またまた楽しそうなレースが開催されますね。いつもブログで拝見させていただいている方々がよく走られているコースにかぶるようで、一度走ってみたいと思ったコースです。高水主催のKFCトライアスロンクラブが9/27(日)に開催。信越1週間あとです。
どうしましょう。多摩川下流に住んでいるので「多摩川」に関連するトレイルレースは見逃せません。斑尾50は、定員オーバーでお金が戻ってきたことだし、サロマ、キタタンに続く秋の無謀な2連戦にしちゃおうかな?

第1回多摩川源流トレイルラン

Sports Entry
[PR]

by usako_sasashin | 2009-08-10 12:02 | Trail | Comments(2)
2009年 05月 24日

高水

木曜日、高水に行ってきました。50日間続いていた足の圧迫固定も外れたのですが、まだ、脹脛にしこりがあります。リュックには、携帯電池の予備、食料、他、と準備万全。鉄道公園を見上げるだるまが迎えてくれました。前から気になっているのですが。。。

6:40 スタート

f0202990_2358820.jpg青梅ハイキングロードは、葉が覆い茂り深緑になっていました。地元のランナーや犬と散歩する方が多くいました。毎朝、山を走れるのはうらやましいですね。

栗原林道からの上がった1m先、動けなくなった地点は、深呼吸しながら無事に通過。ホッと一息です。



8:50 高水、常福院到着
静かな境内で約10分くらい休憩。復路、常福院から、榎木峠までは、林道を除き、快適な下りです。レース以外は、立ち入り禁止の民家裏山。「通らせてください」とお断りして、榎木峠へ向いました。
f0202990_23583538.jpg

11:10 終了
ハイキングロードで小学生が元気に応援してくれました。青梅の女神に微笑んでもらえたおかげで、無事に終了。1つ目の目的がクリアです。今年はお守りを手にできませんでしたが、未完走の高水が終了しました。
ストレッチ終了後、朝、青梅駅ロッカーに預けたランニングシューズをピックアップ。マックで昼食をとりながら、2つ目の目的、たまりバーを走るかどうか迷っていました。

f0202990_2358507.jpg青梅駅から羽村まで7.2km。皇居1周とちょっとです。どうしようと考えているうちに、時間がどんどん過ぎます。
とりあえず、シューズを履き替え、ハイドレーションに1.5LTを補給。駅の改札口とにらめっこです。せっかくシューズを用意してきたのだからと、羽村まで行くことにしました。



12:20 青梅駅スタート
道路標識を確認しながら、新奥多摩街道にでます。あとは、このゆる~い下りを走れば羽村に着きます。日差しも強く、風も強くなってきました。途中、コンビにでロックアイスをハイドレーションに追加。休憩10分。

13:50すぎ、羽村到着
f0202990_1113456.jpg

14:05 たまりバー スタート

f0202990_1592567.jpg2月と3月に続いて、今回で3回目のスタートです。自宅まで、約47km、先は長い。。。
8キロ地点までは、ゆっくりジョグで走っていたのですが、だんだん足が重くなりました。さらに向かい風が強く、歩きはじめました。

17:40 17km地点(府中四谷5丁目)休憩
たまリバー全長53kmの中で、唯一、土手すぐ脇にあるコンビにです。おにぎり2個を補給、28kmまでジョグ。
f0202990_29275.jpg

19:50 30km地点(東名高速)
東名高速のライトが見えてきました。東名を越えれば、二子玉川です。後ろからランナーが、「こんばんは。リュックで負荷をかけて走っているのですか?」と声をかけてきました。私と調布ですれ違い、二子玉川まで戻るところだそうです。お話を伺うと、65歳で1月に自己ベスト更新、3時間07分だそうです。二子玉川までの4kmを一緒に走りました。

20:20 35km地点(二子玉川)
ここから、多摩川丸子橋までの5kmは、舗装されたサイクリングロードありません。土手を歩くため、人通りも少ないので緊張しながら歩きました。

21:20 40km地点(丸子橋)
武蔵小杉のビルの夜景をみながら、自宅まで約7km。再び超スロージョグです。丸子橋~羽田までの10kmは、サイクリングロードに200mごとメモリが記されていること、また河川が整備されているので見通しが良く53kmの中で一番走りやすい区間です。真夜中でもランナーが走っています。

22:50すぎ 47km地点 
長い1日が終わりました。2つ目の目的は、サロマの制限時間13時間動き続ける事。途中休憩をはさみ、なんとか動き続けた状態です。観光で終わるか、完走できるか、サロマは1ヵ月後です。


青梅高水往復 30km
青梅~羽村  7.2km
羽村~自宅  47km(19kmは歩き)
---------------------------------------
走行距離 84.2km
[PR]

by usako_sasashin | 2009-05-24 02:20 | Trail | Comments(4)
2009年 05月 16日

本仁田山

8:40 奥多摩駅裏
登山口は、浄水場の脇の石段です。普段、ほとんど人が通らないトラロープがある悪路、岩の急斜面、梯子、一気に標高900m登ります。右脇には、ロッククライミングで有名な屏風岩があり、クライマーの練習場になっているそうです。目指すは、標高1225mの本仁田山。
f0202990_2138487.jpg
10:03 ゴンザス尾根
落葉で岩の足場見えないのと、左足に力が入らず、緊張感が続きました。一歩間違えると滑落なので怖かったです。尾根に到着、やっと走れます。ヤッホー!雲を背景に御岳山が見えました。
f0202990_21445176.jpg
11:25 岩のオブジェ
しばらくすると、花折戸尾根に合流します。再び急斜面を登り続けると、大きな岩のオブジェクトが並んでいました。
f0202990_21563950.jpg
11:39 三角点のある本仁田山頂
約20分程休憩。
f0202990_22144765.jpg
14:00 鳩ノ巣登山口
帰路は、オオダワ経由、鳩ノ巣駅。
f0202990_23133742.jpg


高水以来の山走りは最高でした!本当は、もう少し山の中にいたかったのですが、雲が厚くなり雨が降りそうなので終了。マイナスイオンをたっぷり満喫しました。ご一緒した、マーズアタックチームの皆さま、ありがとうございました。次はどこに行こうかな。

f0202990_10174445.jpg所要時間(2009.5.16 曇り)
往路:約3時間(休憩含む)
復路:約2時間

消費食料
おにぎり 1個
あめ 1個
水 500ml
[PR]

by usako_sasashin | 2009-05-16 22:49 | Trail | Comments(4)
2009年 05月 07日

信越五岳トレイルランニングレース2009

妙高山、斑尾山、黒姫山、戸隠山、飯綱山の「信越五岳」をめぐる100kmトレイルレースが9月21日~23日に開催されます。プロデュースは石川弘樹さん。

f0202990_2317098.jpg
申込み開始は、5月22日。ちなみにハセツネは6月1日です。

10月はじめの「斑尾50K」、翌週、「日本山岳耐久レース」、そしてこの「信越五岳」3連戦でエントリを考えていらっしゃる方はいらっしゃいますか?



新潟日報 5月1日

Sports Entry

すでにこころは信越へ。
[PR]

by usako_sasashin | 2009-05-07 00:02 | Trail | Comments(2)