「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:丹沢( 8 )


2016年 12月 11日

丹沢 Love♪

快晴の土曜日♪。
AMは家の用事&整形外科へ。弱い右膝の調子があまりよろしくないみたい。
毎年、寒くなると疼くのですが夜中の静止痛ははじめて。

なに、これ・・・。

急に激痛がはしり、目が覚めるのです。
走っている時は疼きだけなので気にならないのですが・・・。

ネットオタクなwatashi、
ググってみると、加齢、神経、腰、etc・・・。
はい、理解しております。
要は自分の体と対話が必要というサインですよね。

日々、おかれた状況、体力をふまえた短時間でも有効な練習を探しています。
1年前、半年前と同じことが通用しない・・日々の変化を受け入れつつ。
「反発」はエネルギーを消耗するのでしないように務めています。
流れるままに・・・。

ランニング、体幹、柔軟性、etc。
プラス、重要なのは、「習慣」「集中力」「メンタル」「バランス」。
終焉までエンドレスですね。

f0202990_23535711.jpgこんな日々の中、ピンポーン♪。
書留が届きました・・・、誰から?

丹沢の山から素敵なクリスマスプレゼント♪。

スタンプラリー終了後、抽選に応募したのです。
何を選んだか覚えていないのですが、

「万葉の湯 平日利用ペア券」

うれしい~♪。
箱根外輪練習の楽しみができました。
丹沢サンタさん、ありがとうございます。
冬の手ぬぐいも行きますね。





Let's Go! 丹沢・大山やまなみ登頂スタンプラリー





[PR]

by usako_sasashin | 2016-12-11 01:10 | 丹沢 | Comments(2)
2016年 10月 30日

丹沢・大山やまなみ登頂スタンプラリー

寒くなりましたね。
午後からお天気になるらしいので・・・。

f0202990_22231347.jpgLet’s Go!
昨年のやりかけのスタンプをコンプリートしますよん♪。

8時すぎ、大倉バス停スタート。

小雨が降り寒いし、ガスで山も見えないのですが、
静寂を感じさせる水墨画の世界。
グレーの濃淡が取巻く山道に吸い込まれそう。



こんなお天気でも多くの登山の方々がいるのですね。
奥多摩の山々に比べたら・・・、
やはり大人気の丹沢。


f0202990_12332372.jpg大倉尾根から塔の岳。
上りを意識して歩きました。
途中、ダッシュして駆け上り、とまり、駆け上るの繰返し。
心拍MAX!。

塔の岳山頂、視界ゼロ・・・、
グレーウォールの向こう側には富士山が見える♪


スタンプを押して、表尾根へ。




f0202990_1238184.jpgお天気が良いと大渋滞になる行者岳手前の鎖場。
今日は数人だけ。

表尾根はお天気が悪い日に限りますね。

フジアザミ♪。
御殿場口登山道では9月に満開でしたが、
お会いできてうれしい♪。

「あざむかれる」が語源だそう。
そうなんだ・・・。
いろいろ気をつけないと。



f0202990_22252229.jpg二の塔を過ぎると、
急に視界が開けました。

大山~♪。

本日唯一の眺め。
紅葉はこれからですね。

f0202990_22255381.jpgヤビツ峠から山頂まで約2.3km。

無風。

塔の岳までの上りで足が重い。
ハセツネ浅間峠と同じほぼ距離、高低差は少ないのに、
この疲労感は・・・。
練習しないとね。



f0202990_22261980.jpgいつもは大賑わいの山頂もほんの数人だけ。

ここでスタンプポン!。

速攻で下社へ。
雨で滑るガレ場は、苦手な私にはよい練習になりました。


f0202990_12405766.jpg無事カエル。

帰る・・・。

f0202990_23194382.jpgスタンプラリーも5年目なのですね。

2012年、スタンプラリー初年度の秋と今回の手ぬぐい。

デザインは、古いのが好きだけど、
落花生がかわいい~♪。
特産なのかな。

冬バージョン、Getしに行きます。




丹沢・大山やまなみ登頂スタンプラリー


[PR]

by usako_sasashin | 2016-10-30 22:28 | 丹沢 | Comments(0)
2016年 01月 17日

丹沢山

寒い1日でしたね。大倉バス停では少し粉雪も舞いました。

f0202990_2262636.jpg今年初の山行は丹沢~♪。
霧氷は見れるでしょうか・・・4年前の12月はとてもきれいでしたから。

雲が微妙などんぐりハウス前、人も少なくてさみしい感じ。登山届けを出してGO!。

f0202990_2243359.jpg行く手、北尾根方向はグレー・・・寒い。

f0202990_23352539.jpg塔の岳から丹沢山までの開けた山道はゴルフ場と思うくらい。

f0202990_22535499.png一瞬の晴れ間からFUJI-SAN~♪。宝永山に雪がないのですね。
いつまでも見ていたい、すごくうれしい♪。

お願い、隠れないで。

f0202990_2383557.jpg6分後、丹沢山に到着した時には・・・。

気温が下がり風も吹き始めました。
今日はヤビツまで行く予定にしていたのですが。
でた、私の中のダークサイド。
富士山も見えないし、塔の岳の山小屋で休んで下山しよーっと。


f0202990_2385779.jpgいつも農家の野菜を買って帰るのですが、今日ははっさく、4個で100円。
オレンジのように甘くなくて果肉のプチプチした食感がすごく大好き。
マーマレードにしてもいいですよね。

f0202990_2391224.jpg家に帰り、はっさくの試食をしてみました。
小さいけど果肉が引き締まってジューシー。
ジャムにするにはもったいないのでこのまま頂きます。
また、買いに行きたい♪。
霧氷もみれるかな。

大倉(8:25)-花立小屋(9:59-10:08)-塔の岳(10:36)-丹沢山(11:32)-塔の岳(12:31-13:00)-大倉(14:45)

モンブランの女神がチャンスを下さりました。

「sasashinさんにはモンブランの女神がついてるね」、
「女神はちゃんとみてますね」、
「モンブランの女神はパワーアップしたsasashinさんに会いたいと、モンブランの女神からの熱いメッセージですね!」
とメールを頂きました。うれしかったです。ありがとう。

エントリはしましたが、どこかではずれてもいいかな思っていました。
他の事にエネルギーを向けるのもいいかもしれないと。
正直、選んでくださるとは思っておりませんでした。

もちろん、エントリ手続きははします。
今日は、自分に問いかける時間にするつもりが・・。

久しぶりの山行が楽しくて集中してしまいました。
もう少しだけ時間をくださいね。
[PR]

by usako_sasashin | 2016-01-17 22:05 | 丹沢 | Comments(0)
2015年 12月 01日

ユーシンブルー

11月最後の週末は絶好の山日よりでしたね。今年のレースが終わり、ゆるゆる山歩き♪。
紅葉シーズンの人ごみを避けて静かなところ・・・思いついたのがユーシン渓谷。

玄倉バス停に到着すると、丹沢湖奥に富士山♪。
今日の行程は谷間なので富士山は無理かなと思っていたのですが・・・うれしいお出迎え。

f0202990_1238365.jpg

8つのトンネルのうち、ここだけはヘッドランプが必要でした。ハセツネ後充電していないけど大丈夫みたい。
トンネルを抜けるとそこは・・・。

f0202990_12561499.jpg
Yushin Blue♪

太陽の光があたり冬の冷たい翡翠色・・・来てよかった♪。
もう1週間早かったら紅葉とのコントラストが楽しめたかもしれませんね。
透き通る水面に映る建物と枯れ木が初冬を感じさせます。

f0202990_12354821.jpg

f0202990_1657233.jpg


午後にはが青みが強くなり・・・神秘的な花緑青色になりました。

f0202990_1702877.jpg

石棚山稜がくっきり。1,351 m

f0202990_17261472.jpg
玄倉に戻りロードを走って湯本平から大野山へ。入り口がわかりにくいのと道が不明瞭ですが標識とピンクリボンが目印。
やっと山道を歩くことができました~♪

f0202990_1730448.jpg
夕陽にあたりあざやかな黄色や褐色の森を上っていきます。

f0202990_17301521.jpg
間にあった!
雲のあたりに宝永山、すそ野まできれい・・・一瞬の美しさに見とれていました。
UTMFでは富士山の周りにいながら一度も姿を見れなかったのですごくうれしい~♪

f0202990_1730252.jpg

この夏は山をゆっくり歩くことは全くなかったのでのんびりと山に癒された一日でした。

玄倉(8:30)~ユーシンロッジ(10:50)~昼食(12:10)~玄倉(14:18)~湯本平(15:10)~湯本平分岐点(16:00)~大野山頂(723m 16:15)~大野山ハイキングコース~山北駅(17:35)

ハセツネコース
笠取山
五合目
雲竜渓谷

しばらくは山歩きをたのしみますね。

f0202990_16334051.jpg翌日、ユーシンブルーのフーディ・・・買いました♪


[PR]

by usako_sasashin | 2015-12-01 23:56 | 丹沢 | Comments(0)
2010年 08月 10日

大山

早速、ランブラーさんストックの練習をしてきました。場所は大山。秦野駅から蓑毛バス停までの緩やかなのぼりロードは、歩いたり走ったり。山頂コースの切符を手に入れるために、ロードも少しずつ好きになる...よてい...。

トレイルに入り、ストック登場です。握る部分のコルクがやわらかく、ストックを握っているというストレスがありません。ストックと手をつないでいるみたい。とても優しくていい感じ。

f0202990_22104385.jpgストックの着く位置を考えているうちに、ペースが遅くなりはじめました。ストックを持って走る練習も必要と走りはじめると、「4本足になったと考えれば。」とはっしーさんからアドバイス。そうですね。足が4本!2本より4本足のほうが強力になります。発想転換は大切。
後半、ストックの威力を実感しました。奥武蔵から5日間、疲れが残り足が重いのですが、ストックのおかげでサクサク。楽しくなってきました。手で足を押しながら登る必要もなく、とても快適です。最高♪♪、ランブラーさん、ありがとうございます。

f0202990_22174793.jpg大山から下山する際、山頂でもみかけたランナーが先に行きました。しばらくして、沢沿いを降りているウロウロしています。サングラスをかけていて道がわからず降りしまったとのたとの事。走ることに夢中になると危ないですね。

湿度が低く、時折、さわやかな風が吹く丹沢でした。楽しかった♪。CCC当日は、スタートからストックを使い完走を目指します。

秦野駅(7:50)→蓑毛バス停(8:47)→ヤビツ峠(9:53)→大山山頂(11:00)→見晴台→下社(12:06)→蓑毛越(13:17)→高取山(13:48)→弘法山(14:49)→東海大前駅~ほたる温泉
[PR]

by usako_sasashin | 2010-08-10 22:10 | 丹沢 | Comments(0)
2009年 07月 06日

第11回北丹沢12時間山岳耐久レース

先週のサロマに続く連戦第2弾。AminoRCから、11名が参加しました。

【5:00 会場到着】
曇りなんとなく晴れ。少し肌寒いくらいです。去年のレースは熱中症になる人が多く完走率も47%くらい?だったので、誰もがこのまま暑くならなければと思ったに違いないですよね。
f0202990_2364813.jpg
ハセツネ最高年齢入賞の松永美智子さんが応援に駆けつけてくれました。
f0202990_237683.jpg
【7:00 スタート】
6:30の駿足組に続き、スタートです。最初の3キロは上りのロードです。想像以上に足が重くて前に進めません。やっぱりサロマの翌週にレースは無謀だよねっ!と早々とあきらめモードで歩きます。

【鐘釣山登山入り口】
2km位のトレイル後、鐘釣山入り口まで約7km、ロードです。下りは小走り、上りは歩くの繰り返しながら神ノ川キャンプ場を通り過ぎます。鐘釣山登山入り口前に、スーさん、OG、ゆきちゃん、かおりちゃん、Iwatchさん、よしえちゃん、のオレンジ姿。みんなの声援が聞こえるのですが、トロトロして走って来たのがあまりにも恥ずかしくて近かよる事ができませんでした。OGから、「このままだと関門危ないですよ」と激が入ります。本当は、第1関門制限時間より45分くらい前に到着をして、第2関門までの貯金を作る予定だったのに。ガ~ン、間に合わないかも。

鐘釣山への急な登りです。標高400m、距離1.4kmを一気にのぼります。鐘の音が近づいてきました。鐘釣山頂です。鐘をたたく余裕はありません。県境分岐までの急な登りは整備され石が脇によせられていました。

県境分岐点到着。ここからは勢いに任せて下ります。川の流れる音が聞こえてきました。

【11:05 第1関門 神ノ川ヒュッテ到着】
橋を渡り、予定より30分以上もオーバーして関門通過しました。真剣にやめる事を考えました。今から頑張っても第2関門まで厳しいかなと思いながら、ハイドレーションに水を追加。トイレ休憩などで15分くらいウダウダ滞在。「間に合わない」という理由を正当化するために、コースマップで確認。
f0202990_2320376.jpg時刻は、11:20。3kmの登りにキロ10分で12時。犬超路トンネルからは、残り下り約7kmの林道。休まず走れば「。。。。?間。。。に。。合う?か。。も?」もう一度時間を割り振ります。ダメかも?可能性は50%でギリギリです。あと、残り90分で決まるのであれば、ガンバロ~~と出発。



【12:50すぎ 第2関門 神ノ川園地到着】
犬超路トンネルに到着したのが、12時05分を過ぎていました。残り55分、距離にして皇居1周+半周の下りです。走り続ける自信は全くないのですが、日差しがなく快適な温度、関門にはAmino応援のみんなが待っていると小走りです。みんな?走らないの?と思いながら、歩いている人々を追い越します。

途中、走りながらジェルを補給。「あと2km、間に合いますよ」と応援の声がかかります。確か、関門の前が給水、油断はできません。あと1km、カーブをまがると給水ポイントが!水が美味しい!ハイドレーションに約1LT追加して関門をめざすと、うれしい~、みんなの姿が見えました。
スーさんが、「間に合うから」、iwatchさん、かおりちゃん、OG、ゆきちゃん、よしえちゃんが一緒に走ってくれます。なりふりかまわず、関門10分前に踏む事ができました。やっと休憩、深呼吸ができました。
f0202990_2349737.jpg
ゆきちゃんにお願いしていたおにぎり、よしえちゃんに預けたジェルを受け取りました。休憩したいのですが、制限時間ギリギリまでみんなが待っているかもしれないと思うと、一刻もはやくゴールしなくてはと思い、すぐに進むと、runちゃんが待っててくれました。負傷したT塚さんもいます。関門通過の安堵感からゆっくり3人でハイキング気分です。

【15:15 ギャバン】
姫次山まで手前の約5kmには、前回ガスで見れなかった「ギャバン」。迫力がありました。確かに宇宙をイメージさせますね。
f0202990_23575729.jpg

【15:35 姫次山頂到着】
残り10kmの下りです。runちゃん、T塚さんは休憩、一歩先に出発です。下りながら、第2関門前の55分を思い出していました。

【16:43:56 ゴール】
会場のざわめきが聞こえ、いやしの湯が見えてきました。RCのメンバー、松永美智子さんが迎えてくれました。ゆきちゃん、かおりちゃんが一緒に走ってくれます。すでにゴールしていた、コスリートさん、くまさん達の大声援、タッチをうけ、ゴールをしました。f0202990_11320.jpg

前日に受付で「ゴール姿が想像できるよ」と自信をつけてくれた、ごうやすさんと握手。しらちゃん、suuさんjunさん、たーこさんが言葉をかけてくれます。junさん、たーこさんは、入賞!本当におめでとうございます。女将さんにはお風呂でバッタリ!自己ベスト更新、おめでとうございます。(写真:くまさんより)


【いろいろ】
4/6の高水肉離れ事件後、5月中旬から走り始めましたが、足に爆弾がついているかのように不安で仕方がありませんでした。応援してくれる皆様のおかげで、何とか完走、「夏の無謀な2連戦」が終わりました。

去年よりもコース変更、天候も暑くなく、好条件が重なりました。去年だったら完走できなかっただろうな。キタタンのレースの醍醐味は、「コース+暑さ」かもしれませんね。
f0202990_0253972.jpg
休日に応援に来てくださった、AminoRC、ブロッガー、応援メールを下さったみなさま、本当にありがとうございました。キタタン、ハセツネより好きかも!来年もエントリします。写真右:2007年、2008年北丹沢優勝者、宮原さん。

大会スタッフ、ボランティア方々の熱意、そして、応援がすごい力になるとあらためて感じました。そして、トップ選手、ブログを通じて知り合えた方々にお会いできるのも楽しみです。

AminoRC最速は、Matsuくん。5時間台でゴール。おめでとう!

【宿泊:両国屋】
会場から車で5分、月夜野バス停すぐ。男女別相部屋。
朝夜2食+おにぎりがついて、6000円。お食事は岩魚や、煮物と手作り家庭料理で大変おいしいのですが、古い民宿なので清潔感に欠けるかもしれません。夜中、車の暴走する騒音で何度も目が覚めました。
f0202990_016569.jpg

[PR]

by usako_sasashin | 2009-07-06 22:49 | 丹沢 | Comments(10)
2009年 06月 14日

北丹沢試走②

先週、スキップした、約11km地点、鐘撞山登山入り口から第2関門までの試走です。約10km、ロードを進み、10:05 鐘撞山登山入り口到着。約30分かかって、鐘撞山山頂に到着。斜面が乾いていたのでなんとか進めましたが、ぬかるんでいたら、滑って登るのが大変な急斜面です。
f0202990_2146132.jpg
レース当日は、鐘をつけるかわからないので、ゴーンと鳴らしてみました。

12:05 第1関門、神ノ川ヒュッテ到着。関門ギリギリ?ロードを走り、ショートカットしてるのに間にあってないかも。
f0202990_22151885.jpg
第2関門を目指します。沢の大きなガレキを登りながら、雲取山計画。話がはずみすぎて、道なき沢斜面をすすみコースロスト。行き過ぎました。コースにもどり、5km以上続く下りの林道を経て第2関門到着。
Time's UP!!!!




f0202990_2241375.jpg
前回の試走は、姫次からの下りで締めくくれ、とても楽しかったのですが、今日は、現実を実感しました。第2関門まで、30kmを6時間。厳しいですね。
コースは、ハセツネよりハードですが、楽しい!。交通の便さえよければ、練習コースにと思うくらいです。



マルチタスクは苦手なので、やはりどちらかに絞り込みが必要です。ご一緒したみなさま、ありがとうございました。

試走距離 36km
f0202990_22453512.jpg

[PR]

by usako_sasashin | 2009-06-14 22:44 | 丹沢 | Comments(8)
2009年 06月 07日

北丹沢試走①

雨のレースを想定して、試走に行ってきました。お昼前には雨もあがり、湿気でムシムシしましたが、試走には快適な気温でした。

9:00 青根緑の休暇村駐車場到着。
スタートから約4kmは、1kmのトレイルをはさみゆる~い登りのロードです。ハセツネでいつもご一緒する、M島さんにお会いしました。
f0202990_12463795.jpg

f0202990_1395192.jpg
約4.5km地点、トレイル入り口。雨でぬれた木々、トレイル、マイナスイオンたっぷりでとても気持ちがよいです。何度も深呼吸。ハセツネ30Kで、林道終点から刈寄のような登りが続きます。





8km地点、神ノ川キャンプ場。
第1関門までの試走を終えられたパワフルな3人組、コスリートさん、くまさん、ピーウェンさんにお会いしました。びっくり!
f0202990_12495610.jpg

f0202990_13455186.jpg
29km地点、第2関門 神ノ川園地。
鐘撞山、第1関門~第2関門までををショートカット。ここから、姫次山(標高1,433m)を目指します。(ショートカットした部分は、前半の山場、急な登り下り部分。)

約6km、ガレ場の登りが続きます。足を止めると、登るのがいやになるのでやすまず、足を前に出すのですが、本当にキツイ!。いつまで続くの?と思いながら進みます。
f0202990_12261259.jpg

霧で視界は全く見えないのですが、晴れると稜線が一望できるそうです。「ギャバン」と言われる急斜面。(OG情報によると、宇宙刑事ギャバンがもと。Thanks!)
f0202990_13542434.jpg

35km地点、姫次山山頂。
到着した時点で、お腹がペコペコでした。朝、作ったおにぎりを車の中に置いてきてしまったのです。きしめんさんからおにぎりをいただき、助かりました。ここからゴールまでは、下りのみです。Amino 北丹沢試走メンバー。
f0202990_14141179.jpg
16:40 ゴール地点到着。
姫次からの下りで足を使い切りました。気もちよく下りを続けていくと、頭の中のネジがビヨ~ヨ~ンと飛んで行くみたいです。朝、お会いした、M島さんチームは、全工程クリア。すごい体力、余裕の笑顔でした。

ハセツネよりきついレースと聞いていましたが、本当ですね。途中のショートカットをしながらも1周できたのは、良かったのですが、今回の行程に、約17km分の登りがプラスされると思うと。。。。第2関門30km地点、制限時間6時間です。ここまでクリアできれば、後は歩いてもゴールできるらしいのですが。

去年の志賀野反のレース以来、雨のトレイルがどうしてもトラウマ状態で避けていたのです。土砂降りでなければ、雨の山もとても気持ちがよいと思いました。来週も、北丹沢試走第2弾です。楽しみ♪。

ご一緒したみなさま、ありがとうございました。

【本日の行程】
スタート(青根緑の休暇村)~神ノ川ヒュッテ~姫次~ゴール(鐘釣山、1CP~2CPをカット)、合計27km。(↓ 公式高低図。)
f0202990_13355552.jpg

[PR]

by usako_sasashin | 2009-06-07 14:52 | 丹沢 | Comments(2)