「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Hasetsune30K( 56 )


2017年 02月 25日

Hasetsune30K 2017 ③ トレランギアフェス2017

寒いですね。
ニュースはプレミアムフライデーでの話題で盛り上がっていますが、
いつもと何も変わらない・・・残業金曜日・・・プンプン。
虫の居所が悪いsasashinです。
f0202990_23452888.jpg今週末も沢山の方が試走されるのでしょうか。

最初のロードでは、古いキャデラックを見ることができます。
ナンバーがないので、警察も撤去することもできなのかもしれません。


さて、ハセツネで30Kでは、
今年初めての試みとして、
前日に「トレランギアフェス 2017」を開催します。
前日にギアで有名トレイルランナーと試走をできるようなのです。

実は・・・サイトをみてびっくり!。
ふ~ん・・・。




***大会ホームページより抜粋***

トレランユーザーにとって、一度に多数ブランドシューズやパック、ギアを比較検討でき、
「ハセツネ30K」コースの一部を試走することで
翌日の本レースの雰囲気も味わうことができるというものです。

・(省略)

**************************

びっくりしたのが↓コレ。

参加費無料・・・会場整備協力金300円は当日受付で
f0202990_00040826.png
会場整備協力金とは何か?
意味がわからなくて、事務局に確認しました。


事務局からの返事は下記です。

sasashin:お世話になります。このフェスティバルは、参加料を協力金としてとるのでしょうか。
事務局:会場整備協力金とは保険の掛け金です。
sasashin:参加する方から保険料とるのですよね?
事務局:そうです。



スポンサーが商品を売るためのサービスで、
選手や興味がある方に体験していただくわけですよね?
ギアを試してもらいながら、メーカーが抱えているランナーと試走するために保険をとるのですか?
びっくり。
ギアを使って試走する人は300円支払う、試走しない人はどうなるのでしょうね。
試していただくというのは、メーカーからランナーの皆様へのサービス、プロモーションと考えています。
すなわち、保険をかけるのは、スポンサー、大会と思うのですが・・。
私の考え方がへんなのかな?

f0202990_23451854.jpg日曜日は東京マラソン。
あれから1年。
今年も新たなドラマや夢、希望をのせてランナーが走りますね。

どうぞ、楽しんでくださいね。


[PR]

by usako_sasashin | 2017-02-25 00:20 | Hasetsune30K | Comments(0)
2017年 02月 09日

Hasetsune30K 2017 ② 試走

寒いですね。
今日の雨雪でハセツネコースは積もったかもしれません。

f0202990_22323322.jpgHK100以降の山行は30Kコース。
今年初のハセツネコースです。
パラアスリートの方々が試走するまえにパトロール♪

風もなく試走日和~♪。
長袖1枚でちょうどいい感じです。

最初のロード10km、ここが休まずに走れればOK♪。
なんとかクリア。
あとはのんびり、
というか、膝を疼きがあるのでゆっくりでしか進めないのです。
下りはさらに、ノロノロ。
膝が気になる・・・下れない。



f0202990_22324022.jpg今回は、パラアスリート伴走を受けて下さったnaoさんと一緒。
ハセツネアドグリ、SUB12、そして100マイラー。
ストイックなnaoさん、本当にかっこいい♪。

なんと、naoさんは一昨日も試走したばかり。



いつ来ても「こんなキツカッタ?」と感じるところ。
小刻みなアップダウン。
目の奥にある新緑を思い浮かべながら、
現実の寒々とした風景が覆いかぶさる。

草花が咲き始めるにはもう少しですね。
早く来てね。

f0202990_22324381.jpg15kmポストがでてきたら、
右ですよん♪。

おっくんも試走会で間違えちゃうくらい見逃しやすいところ。


f0202990_22353243.jpg目印はこれね。

くまさん、歯が丈夫♪。

コース整備のときに取り換えなくっちゃ。



f0202990_22324697.jpg棘の藪を通り抜けて第一関門。
今年はパラアスリート全員、通過できますように。


ロード下りにある2か所の水場、
ちゃんと水が出てました。
乾燥しているので喉が渇きます。


ハンターが数名、イノシシを待ち構えていました。
試走するときはなるべく明るいウェアのほうがいいかもしれません。

f0202990_23105974.jpg昨年、コース整備中に道を間違えて下ってくるランナーが多数いた分岐点。
往路は、ここからハセツネコースに入りますが、
復路は、直進です。

マジックで「入山峠」と書き込まれています。
もちろん、ここからも入山峠に行けますが、
30Kコースは直進して「入山峠」。
ご注意くださいね。










f0202990_22365352.jpg4/2、ここからたくさんの選手がスタートします。
自分は出ないのにすごくワクワク♪


今年初めて参加して下さるパラアスリートのひとり、
23歳のMさん、10kmを39分で走ります。

伴走者はOさん。走りませんか?とお誘いしたところ
Mさんと一緒に出走して下さることになりました。
100マイルもロードもこなす駿足ランナー♪。

1000番以内、秋の出走権獲得へ応援しておりますね。




[PR]

by usako_sasashin | 2017-02-09 23:32 | Hasetsune30K | Comments(0)
2017年 01月 31日

Hasetsune30K 2017 ① 2/1 10:00 エントリ開始

今日で1月も終わり。
HK100Kから2週間、休走いたしました。

冬眠中!
寝る子は育つ・・bukubuku・・daradara。
これがまた心地よいのですよね♪。
何もしない時間のようで、そうでもないのです。
ぼーっとしたり、本を読んだり、ビールやワインを飲みながらネットみたり。
テレビはほとんど見ません。朝、時計代わりにつけているくらいかな。

コケコッコー、起きましょ~♪、2月になりますよん。

もう・・・せっかくのんびりしているのに・・・。
ドアの前に「Do Not Disturb」かけてあるのが見えないの?

あれ?、山頂に行くのではなかったの?
膝の痛みがタイムリーに薄らいできたんだよね?
誰が、山頂に連れてってくれるの?
山頂に行けるかどうかの鍵を持っているのは自分自身だよね?

f0202990_23110044.jpg2/1 10時より30Kのエントリが開始されます。
RUNNETサーバーのインフラが不安定らしく、
SEが常駐していない夜中もエントリ開始すると
普及するのが大変なので未だに昼間。

今年は、渋滞を緩和するために、
昨年より約300人くらい定員を少なくなるかもしれません。

前にも書きましたが、
高い手数料を取っているのですがら
インフラ整備して下さいね。 → To:Runnetさま



f0202990_23110498.jpg3年前、試行錯誤で支援を始めました。

今年は、2回目以降、30Kに出走されるパラアスリートについては、
ロードレースと同じように有料になります。(選手伴走者も有料)

初めて30Kに出走されるパラアスリートについてはご招待です。

現時点で、20歳のパラアスリートの出走が決まっており、
知り合いのUTMB、UTMF完走、SUB3ランナーが伴走いたします。

昨年初の秋のハセツネでパラアスリートで完走した
片腕のトライアスリートH選手も出走、楽しみ♪。

f0202990_00210950.jpg今年から、
スタートからフィニッシュまで同じ伴走者、
すなわち、伴走者の交代はできません。
伴走者が、レース中に継続不可能となった場合には、
パラアスリートも終了になります。

事務局には様々なご意見をいただきました。
ありがとうございます。

皆様の貴重なご意見を取り入れつつ、新たな試みで支援いたします。
少しでも多くのパラアスリートの方が
挑戦していただけたらいいのですが。

さて、明日、私はSPAトレイルにエントリする予定。
ゼロ関門突破できますように。


[PR]

by usako_sasashin | 2017-01-31 23:31 | Hasetsune30K | Comments(0)
2016年 09月 04日

30K・・その後・・・。

今日、とてもうれしいメッセージを頂きました。

f0202990_23335788.jpg30Kのあと、お二人の方に「再度コースを走りませんか」とご提案いたしました。

Hasetsune 30K 2016  Throw back to the day

お一人の選手からはご連絡がありましたが、もう一人の方からはありませんでした。

出来事は時間とともに忘れさられます。
所詮、他人ごとですからね。
自分のことはいつまでも忘れないことが多いのですが。

今日夕方、そのもう一人の方から素敵なメッセージがありました。
正直、驚きました。

お返事をいただけたこと、本当にありがとうございます。
すごくうれしかったです。

新たな気持ちで前に進まれていることよかったです。
秋のハセツネ、応援しておりますね。
表彰台へ♪。
ご挨拶できるのを楽しみしております。

*****下記抜粋*****
初めまして。
4月にメッセージをいただいていながら、全く気がついていませんでした。
本当に、申し訳ありません!!

4月のレース後は、色々なことがあり、本当に余裕の無い日々でしたので、
温かい申し入れを無視するような形になってしまい、大変な失礼をお許しください。

失格については、自分の立場からは何も言えないと思っています。
反省し、次へ向かうことで、気持ちに整理をつけました。
あの頃、sasashinさんのご提案をきちんと読ませていただいていたら、
もっと違っていたかもしれません。
本当に、どうもありがとうございました。
ハセツネ本選にも、挑戦させていただきたいと思っています。

今後とも、未熟者ですが、よろしくお願いいたします。
この度は、申し訳ありませんでした。

***************

私は単なる大会のボランティアです。
謝罪は全く不要です。
きっと、ご自身が一番、辛かったのではと思います。
表彰台へ♪。








[PR]

by usako_sasashin | 2016-09-04 23:26 | Hasetsune30K | Comments(0)
2016年 05月 06日

新緑の30Kコース

5/1、GW2日目。
お天気がよくてうれしくなりますね。

f0202990_13532027.jpg「RUN + TRAIL」の30K記事を読んでいたら急に行きたくなりました。

始発電車に乗る予定が・・・目が覚めたらすでに6時・・・ベットの中。
・・・・・二日酔いも少し・・・・・。

外は快晴♪、
今からだと10時過ぎに武蔵五日市駅スタートになるけれど、6時間くらいで回り、
16時40分のホリデー快速の最終に乗れるようにしましょう。
Let’s GO~♪。

1ヶ月前、盆掘林道は枯れ木で寒々し感じられましたが、新緑であふれていました。
緩やかな傾斜のつづら折れの道、川の流れる音が心地よい♪。
走っているのを忘れてしまうくらいにボーっとできちゃう♪・・・大好きな時間。


f0202990_13534852.jpgランナーゼロ、すれ違うのはバイクの方々ばかり。
見えたぁ~♪、とんがった大岳山。


f0202990_1354227.jpgスイッチバックする分岐点。
ハセツネコースの好きなシングルトラック、
整備されて歩きやすくなりましたね。

f0202990_223820100.jpg30K第2関門、入山峠。鮮やかな緑のアーチをくぐる・・・・。

新緑のみなぎるパワーに圧倒されそう。
お願い、少しだけ、わけて下さいいますか。

深呼吸・・・、脊髄が緑に覆われる。
このままでいたい。



今・・今がすべて。
この時間。

ゆるりと静かな時間を満喫しました。
すれ違ったハイカー、ランナーは8人。
Wonderful~♪。

f0202990_22595290.jpgのらぼう菜を探したのですが・・・。

変わりにたけのこが迎えてくれました。
ぬかもご自由に。
無人野菜販売所、ご配慮に感謝いたしまする。

200円・・・、たくさん残っていたけど・・・。

f0202990_23431984.jpgたけのこご飯ですよね♪

f0202990_23433259.jpg油揚げとたけのこ。
日本酒、塩、かつおぶしとにぼしのおだし、醤油。
シンプルに。

食事も生き方もすべてシンプル。
今、私が理想としているもの。


時折、心に湧出る阿修羅。

これもWatashiですが。。。


最優先は何か。

私は私をコントロールします。





[PR]

by usako_sasashin | 2016-05-06 01:31 | Hasetsune30K | Comments(0)
2016年 04月 19日

Hasetsune 30K 2016  ムービー

Finetrack社作成の動画が公開されました。


[PR]

by usako_sasashin | 2016-04-19 22:46 | Hasetsune30K | Comments(0)
2016年 04月 15日

Hasetsune 30K 2016  大会データ

4/3 気温9℃、路面ウェット。

f0202990_2344459.jpg【出走者数】

男子 1,526名(+34名)*
女子   212名(+52名)
------------------------------
合計 1,738名(+88名)*昨年比

【完走率】
98.7%(1,716名)

【負傷者】
・第1関門からの林道、グレーチングで滑り転倒者多数。
・入山峠の階段で転倒。




【その他】
・昨年以上にペースが早く、昨年より200名弱出走者数を減らしたが、
 北沢峠入り口の渋滞はトップ通過から10分後から始まった。昨年より早く始まり、も長く最長で約500m。
・前週に設置した15kmテープが、はずされていた。
・入山峠の仮設トイレに中に空のペットボトルが捨てられていた。
・装備チェックについては告知改善が必要。

***********************

後日談・・・閑話。

お二人の選手にご連絡してみました。
30K運営としてではなく、sasashin、一個人として。
事務局に対してのご要望があればお伺いするとともに、
記録も何も出ないが、ご自身の練習と思ってやり直しをしてみたらいかがかと。

今であれば、まだ雑草も出てこないので、道も明瞭、
スタート、フィニッシュは私がおります・・・。

お一人からご連絡がありました。
お詫びとともに、来年、機会があればルールを遵守して走りたいとの事でした。

来年、ぜひ、走って頂きたいな。お待ちしていますね。

[PR]

by usako_sasashin | 2016-04-15 23:30 | Hasetsune30K | Comments(0)
2016年 04月 10日

Hasetsune 30K 2016  Throw back to the day

ハイキング日和の1日でしたね。

30Kから1週間、運営、装備、失格など、多くのご意見がタイムラインに流れています。
運営に携わった一人として、とても悲しい気持ちでしたが、
時間が過ぎるにつれて、これだけハセツネが多くのランナーに愛されている、
少しでも改善して良いレースになるようにとのご意見と思えるようになりました。


f0202990_0164587.jpg日本山岳耐久レースは、亡き長谷川恒夫さんの奥様である長谷川雅美さんとかつて長谷川さんと一緒に山に行かれていた山の方々が中心となってはじまりました。

毎回、レース前日には、長谷川雅美さんは事務局の一人として作業をし、
今熊神社、御岳神社へレースの安全祈願の参拝をしております。
また、レース当日は、レース会場で選手を迎えています。


「推奨」と「必須」


30K大会初めて男女1位の入賞を取消しをいたしました。
理由は、推奨とされていたレインウェアが装備されていなかったと聞いています。

おそらく、長谷川恒夫さんが活躍されていた当時は、
現在のような最先端の速乾性ウェアなどなく、汗冷えをすれば低体温症になり、
体力消耗から生命の危機を防ぐために雨合羽を持つのは当然の事だったのではないでしょうか。
よって、装備が推奨か必須かなどを定義するまでもなく、
自らの命を守るための装備していたのではないかと感じています。


f0202990_0145275.jpg奥宮選手、優勝おめでとうございます。

昨年より約10分遅かったそうですが、かっこいいです。


「排除」


私が、大きく驚いたのは、「ルール違反者を安易に排除しない・・・」という記事でした。

厳しい単語です。普段簡単に使うことはありません。
なぜ、そのような単語を使うのでしょう。
悪しき事、物に対して排除する・・・。
失格者は悪しき人でしょうか。

排除なんてありません。失格となった選手に排除という単語を使う必要もありません。
おそらく、筆者は「人を排除する・・・」した事があるのでしょうね。

失格となった選手は、自ら自分の信頼と品位を落としました。
一度落とした信頼や品位を元に戻すのは大変なことです。
おそらく、今一番苦しんでいらっしゃるのはご本人達でしょう。

唯一、彼らが信頼を回復させる事ができるのは、
来年の30Kにおいて、今年と同じ服装、スタイル、追加された装備で1位で堂々とフィニッシュし、
表彰台にたつ事とだと思います。

2016年4月3日の30Kをもう一度走ってください。
お二人を応援しております。



今年の30Kが終わりました。
単語の羅列、強い個性の方々、疲れました。

しばらくは、静かな時間を過ごしたいと思っています。
[PR]

by usako_sasashin | 2016-04-10 01:29 | Hasetsune30K | Comments(0)
2016年 04月 08日

Hasetsune 30K 2016 パラアスリート レース報告

夜中に降り続いた雨もスタート前にはあがりました。
第1回目のコース開拓からお手伝いしている大好きなレースです。




今年の第8回ハセツネ30Kでは、お二人のパラアスリートが出走いたしました。


f0202990_22461798.jpg【吉本敦 選手】
 昨年に引き続き2回目の完走。
 1時間早くフィニッシュしてPB更新しました。
 すごい♪、すごくうれしかったです。出走をありがとうございます。
 
 彼をサポートするチーム小田原メンバーのtakeコーチが、
 吉本選手の走力をあげるために日々練習のコーチをされてきました。
 今回、ロードの峠走を中心に練習メニューを組み、特訓の成果が300%活かされました。

 2月には、大雨の中、RunningCobraさんのレクチャーでフォーム改善。
 吉本選手には、あらたな練習方法の発見になりました。
 初めてお会いするにもかかわらす、お受けくださりありがとうございました。


f0202990_22482681.jpg【藤澤孝浩 選手】
 東京の伴走者クラブの皆様がご一緒でしたが、第1関門に間に合わず、DNF。 
 来年の30Kにむけて、更なるトレーニングをつんで出走してくださるとお約束いたしました。
 北海道から奥多摩まで遠征に来てくださりお礼を申し上げます。


昨年より、大会委員長の宮地さんより全権を頂き、私個人の願いである
パラアスリート出走プロジェクトをはじめました。
まだトライアル段階で、一般ランナー枠の出走同意の上、また、
伴走者については、記録が残らないことをご了承頂きご招待をしております。
大会までの3ヶ月間、いかに選手が安全に走れるのかを考え、ご要望を伺いつつ準備をしてきました。

そして、少しでもパラアスリートが頑張っている姿を一般の方々に知って頂きたく
ご支援をいただけるメーカーや雑誌編集部にお願いをしたり、事務局やカメラマンと折衝を重ねてきました。

Aloha Moe様から補給食、ItoiteX様からソックス。
Run+Trail編集部様、山と渓谷社様からの取材、
大会事務局のカメラマンには優先的に写真を取っていただけるようにお願いしました。
この場をお借りして、お礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。


今回の私のミッションは、パラアスリートの完走はもちろん、
ハセツネコースにおいて、どんなところで困られるのか確認する事です。

私は、前半の第一関門約16km地点までを昨年の完走者、吉本選手の伴走をいたしました。
コース、一般ランナーの追越し、選手の支え方など多くの課題がでました。

今年は、パラアスリート1名に付き選手側から2名の伴走者。
プラス事務局から1名、合計4名、昨年の3名から4名体制での出走に変更しました。

おそらく、30Kにおいては伴走者は3名でも4名も変わらない、
重要なことは、パラ選手と伴走者がチームとして行動できるようする事が大切と感じました。
もちろん、パラアスリートが主役ですが、実は、影でささえる伴走者も同じ主役であることに気がつきました。

今後、パラアスリート出走は、Trail Walkerのようにチーム制を検討したいと考えています。

来年の30kでは、今年以上のパラアスリートが出走して頂けるようにしてまいります。
今後も、パラアスリートの応援、ご支援をよろしくお願い申し上げます。
[PR]

by usako_sasashin | 2016-04-08 23:14 | Hasetsune30K | Comments(4)
2016年 03月 31日

Hasetsune 30K 2016  パラアスリートご支援

オーガニック食材でスイーツをつくられているAloha Moeさんから
パラアスリートのご支援を頂きました。

f0202990_07610.jpgわぁ~、たくさんの補給食。
お二人のパラアスリートにお渡ししますね。
本当にありがとうございます。

今回、サポートのお願いをするにあたり少躊躇しました。
ハセツネは賛否両論のレースです。

Aloha Moe さんと共に活動されている方々は
すでにハセツネなどの競技指向の強いトレイルレースから離れている方々が多いので
大丈夫かなと。

第1回目からの30Kからお手伝いをしているのですが、
年々、無機質化する30K・・・もういいかなと思っているところがあります。
私自身が30kに不確かな気持ちでいるにもかかわらず、お願いしてもいいのかと。

30Kのご支援を頂くことによりAloha Moeさんのマイナスになるようなことは避けたいと考えました。
事前にお伺いしたところ下記のようなお返事をいただきました。

********* 以下抜粋 ********

これをきっかけに今後もサポートさせていただけたら嬉しいです。
私がランニングをしている理由の一つは、共に走る人たちを応援したい気持ちもあるんです。
ジェルを作ったきっかけもそうです。

あとお気遣い頂いたハセツネでも違う大会でも私は何も変わりません。
私に声をかけて下さる方々は既にレースの経験値が高いので、
そういった方々が出られるレースには全面的に応援しています!!

**************************
「私は何もかわらない」

力強いお返事にすごくうれしかったです。
Aloha Moeさん、ありがとうございます。

パラアスリートの方々が安全に完走、
出走されるみなさま、どうぞ楽しまれますように♪。


長いものにはまかれない・・・まかれる。
答えは簡単、私ははいつも私でしかない。
全力の今がすべてですから。
[PR]

by usako_sasashin | 2016-03-31 01:19 | Hasetsune30K | Comments(0)