トレイル大好き!

runtrails.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Hasetsune30K( 63 )


2017年 04月 13日

【第9回ハセツネ30K】 2017 ⑩ 年代別

1時間32分4秒、総合入賞6位の女性、もしかしたら50代?。
素敵すぎますね♪。

f0202990_17475129.png
by SPSS Statistics




[PR]

by usako_sasashin | 2017-04-13 22:05 | Hasetsune30K | Comments(0)
2017年 04月 10日

【第9回ハセツネ30K】 2017 ⑦ 高速化

距離が17kmに変更なり、さらに高速化しました。

平均タイムは「1:58:29」。男子798位/1462人、女子37位/197人に相当します。
男性のほうが圧倒的に多いので女子にあてはめるには無理がありますね。

f0202990_15445458.png

f0202990_15425476.png男子平均「1:56:03」748位/1462人。
中央値が「1:54:47」731位/1462人。

優先権1000位は「2:07:22」、
俊足選手が半数以上を占めていたようです。







女子平均「2:16:39」85位//197人。
中央値が「2:22:24」99位//197人。

優先権100位は「2:22:24」、
平均タイムであれば100以内は入れたことになります。

f0202990_15561868.png男性選手で3時間以上のタイムの方が2名、女性は0名。
3時間以上かかっているデータがはずれ値ととらえ、
再度、計算すると、さらに男性平均は速くなることになります。


f0202990_15565438.png女性はすべて3時間以内でフィニッシュしています。

年齢別のデータを調べてみたいですね。


by SPSS Statistics.







[PR]

by usako_sasashin | 2017-04-10 23:45 | Hasetsune30K | Comments(0)
2017年 04月 10日

【第9回ハセツネ30K】 2017 ⑥ 壁

桜が満開ですね。
30Kが終わった途端に気が緩み風邪でバタンキュー・・・。
練習をしないという怠けた日々でした。

f0202990_01453434.jpg30Kから1週間、ご報告を頂きました。
ありがとうございます。お礼を申し上げます。

予測は的中しました。
選手と伴走者がはじめて当日出走するのリスクがあることが
露呈しました。

naoさんと一緒に伴走をして下さったIさん。
養護学校で教師をしているアスリートです。

彼女が長年でみてきている障害者の状況を踏まえて、
今回の報告がありました。


f0202990_01452007.jpg正直、驚きました。

Iさんからのご指摘は、
「知り合いの並走者がいるのに伴走者が必要だったか」
「レース前に責任の所在を明確にしておくべき」でした。

伴走をご紹介したA君の伴走、一番不安の要素にもかかわらず、
あいまいしてしまいにレース当日を迎えました。
過去2回伴走した方が、並走していたのです。
並走することのご連絡は全くありませんでした。
私に「伴走はしないから伴走者を探してほしい」との依頼がありながら。
レース前日に状況を心配し、アスリートの特性の確認メール。
当日は並走され、naoさんがパラアスリートに問いかけをすると
並走者が答えるという状況だったそうです。
ご自身が伴走すべきですよね。

naoさんが安全を確保し、先を走り、A君、Iさんという並びで走ること約束したそうです。

ところが、スタートから、naoさん、Iさんを置いて
猛スピードで走りだしました。

naoさんからは
「最初のダッシュは、ひょっとして、相当、力を付けたか?と焦りましたが...(笑)
一番、心配だったのが、この1年間でどれだけ力を付けたのか?ということでしたからね。」

naoさんは
事前に昨年のA君のフィニッシュタイムを調べ、
今年はどのように走る希望があるのかもお問い合わせがありました。
A君にできる限りの最善走りと安全の確保を考えて下さっていました。

この一年でのA君の走力もすごくアップしていました。
私が知るA君よりはるかに走力が向上していたのです。
過去2年、伴走者をおいてダッシュすることはありませんでしたから。
この変化全く想定外でした。
レース当日に知らない方と初めて走る、選手、伴走者、両者にリスクは大きかったのです。

f0202990_00154021.jpg

【責任の所在】

パラアスリートと伴走者は、
日頃から練習し、意思疎通を高め、
レース当日の危険を回避します。
その中で、どうしても怪我などのリスクが生じます。

来年以降、どうするか。考えなくてはなりません。

【出走の判断】

事務局内の壁も大きいです。
レース前日、私にはコース状況の連絡はありませんでした。
唯一、naoさんからと、FBにアップされている情報だけでした。
さらに、30K現地では誰も、PCでの情報管理をしていないのです。
事務局は、前日当日のメールは全く見ていない状況だと思います。
私から、事務局発信の走者、伴走者へのメール依頼も発信されず、
私個人メールでメールしました。

金曜日夜中、事務局に電話して
「パラアスリートが出走できる状況でしょうか」
と確認したところ、
「出走できるかどうかは一般選手もパラアスリートも同じだから」

「・・・・?、パラアスリートは一般選手より100倍注意が必要なんです!」

一般選手とパラアスリートが同じですか?
信じられないです。

パラアスリート出走判断を
私がしなくてはならないと感じた一瞬でした。
走ってほしい、でも
一般選手は出走できても、パラアスリートの出走は中止する必要もあると。


聴覚障害の方について

事務局に、手話をつけてほしいとの依頼がありましたがお断りしました。

また、パラアスリート枠で出走したいが、「伴走者入らない」とのご要望もありましたが、
シングルトラックでの追い抜きでトラブルになるので、パラアスリート枠であれば伴走者が必要ですと
ご連絡したところ
「他のレースに出て、今までトラブルになったことがない」と。
確かに、聴覚障害の方には伴走者は不要かもしれません。
しかしながら、ハセツネ30Kコースのトレイル部分はシングルトラックが多く
今までも追い抜きの声かでトラブルになってきました。
そのためにも、パラアスリート枠の場合には伴走者をつけることをお願いしましたが
必要ないとのことでしたので、一般枠でエントリしていただきました。

f0202990_00190049.jpg【パラアスリートの表彰】

レース1週間前に、事務局に今回出走する、
5名のパラアスリートの1位の方を表彰したいとお願いしたところ却下されました。
障害の度合いが違う、私の突然の思い付きでの表彰はできないとのことでした。
単純に、協賛メーカーからたくさんの商品提供があるのですから、
1つくらいパラアスリートに表彰してもいいじゃないですか。
表彰して、少しでもパラアスリートが次への活力になればと思っただけです。

レースが終わり、パラアスリートが全員完走し、
一人が1000番以内に入ったことを報告したところ
「えっ? 秋もでちゃうの?」
この一言でした。
パラアスリートが1000番以内に入ったのです!。
まだ、秋に出るかどうかもわからない、
ただ、出走権は獲得したのです。

事務局の対応は冷たかった。

もう泣きたかったです。
そんなもんですね。
他の運営の方から、「今回、sasashinさんは何もしてないよね。何をしているかわからない」
とのご指摘がありました。
「私がやっていることすべて、メールCCで事務局を入れています」

事務局内の壁は高い。
私は乗り越えるから。

涙が出たけど泣かないよ~ん♪。

f0202990_00191285.jpg【現場主義】

naoさんからの現場主義
土曜日に、「足跡がなかった」とのことを事務局に確認したところ
「試走しましたよ。」でした。

前日にコース変更は決まっていたのだと思いました。
だから、試走する必要がなかったのです。
であれば、教えてほしかった。
パラアスリート、伴走者を安心させるために。


すべては、私の勉強不足からです。
来年以降、
パラアスリート出走については規定を設けなくてはなりません。


二度と伴走者のご紹介はいたしません。伴走者への負荷が高すぎますからね。

30Kのパラアスリート、続ける意味あるかなと思います。
「出る杭は打たれる」
知りたくない事も知る、それでも続ける意味があるかわからなくなりました。
福島で活動している
友人でが言っていた、

「人間臭く生きる」

そうです。
もう、いまさら、隠すことも気を使う必要もありません。
今思うこと、感じることを書きました。

人間、どこにどんな状態で生まれてくるかわからない。
私はたまたま、ここ日本に生まれてのほほ~んと生きているけれど
イラクやアフガニスタンに生まれていたかもしれないですから。
今がすべて。
明日はないかもしれない。















[PR]

by usako_sasashin | 2017-04-10 00:57 | Hasetsune30K | Comments(4)
2017年 04月 05日

【第9回ハセツネ30K】 2017 ⑤ 伴走について思うこと

急に暖かくなりましたね。
30Kが今週末だったら・・タラレバですね。
無事に怪我なく終えたことホッとしています。

今回5名の方のうち、4名のパラアスリートは日頃から練習、レースをともにしている伴走者と出走いたしました。
トレイルレースが初めてですが、伴走者が選手、山を熟知しているので安心しておりました。

f0202990_19060055.jpg一番心配だったのが、
3回目出走のA選手でした。

過去2回伴走をしていた方がされないということで
私が伴走者を探すことになりました。
大会事務局は伴走者と選手のマッチングはいたしません。
通常の選手でも伴走は難しく、
パラアスリートの性格などを熟知していないと無理だからです。

どうしよう・・・。
信頼のおける、ハセツネの山を熟知した方、アドグリ、
naoさんしかいないと思いました。



f0202990_19060427.jpgトレイルレース当日に伴走者と選手が初めて顔をあわせるなんてありえません。
リスクが高すぎです。
初めての方との伴走、意思疎通や、選手の表情、事故が起きたら・・・
と考えると...、
とにかく出来る限りの安全を考える毎日でした。

大会前週の雪、また前日の雪などの状況、
私自身がパニックになるくらいでした。

naoさん、そのリスクを考え、
伴走をお願いしてから8回の試走を繰り返し、
大会の前日も雪の中の試走、
無事に、A君をフィニッシュに導いて下さいました。
本当にお礼を申し上げます。




[PR]

by usako_sasashin | 2017-04-05 23:05 | Hasetsune30K | Comments(0)
2017年 04月 04日

【第9回ハセツネ30K】 2017 ④ パラアスリート全員完走

17Kmのコース変更がありましたが、パラアスリート全員完走いたしました。

そして、一人は、1000番以内にフィニッシュ♪。秋の大会の獲得権をGETしました。

f0202990_00520848.jpg大会が行う30K 安全祈願のお祓い。

出走してくださった選手のみなさま、
お会いしたみなさま、
パラアスリート出走を支援して下さるみなさま、
お礼を申し上げます。


Hasetsune30K、パラアスリート出走は3年目になりました。
秋の大会でのパラアスリート出走、壁は大きいですが
また、次へ向けて勉強していきたいと思います。よろしくお願い申し上げます。



[PR]

by usako_sasashin | 2017-04-04 00:55 | Hasetsune30K | Comments(0)
2017年 04月 01日

【第9回ハセツネ30K】 2017 ② 大会前日、今の状況積雪

f0202990_11031554.jpg今晩、また少し雪の予報が出ています。
パラアスリートの出走可能かどうか・・・。

一般アスリートの100倍のリスクがあり、
注意が必要です。






f0202990_10580955.jpg昨年土砂崩れのあった箇所です。
地盤が緩んでいます。

f0202990_10580401.jpgこのまま凍結すると滑り台に。

f0202990_10571423.jpg
f0202990_10590378.jpg
[PR]

by usako_sasashin | 2017-04-01 11:13 | Hasetsune30K | Comments(0)
2017年 03月 29日

【第9回ハセツネ30K】 2017 ① 積雪

週末のお天気が気になりますね。
おそらく30k初めての積雪レースになりそうです。

f0202990_12090117.jpg先日の寒波で積雪になりました。

今年は5名のパラアスリートが出走いたします。

路面が厳しい状況になる予測をしており、
選手、伴走者の安全を心配しています。

本日、下記メールを送信いたしました。


f0202990_12085835.jpg**********以下抜粋***********

伴走者のみなさま、

お世話になります。sasashinです。

コース状況をお知らせいたします。

【状況】
昨日雨が降ったので刈寄から広徳寺間の雪は解けてしまうだろうとのことですが、
山部分は雪が残っています。
和田峠から仮設までの林道は5~10cm、
日の当たらないところは今後も残ったり凍ったりしている可能性があります。
15kmポストから篠窪仮設までの下るところが残ってたら大変スリッピーです。
滑落するような場所ではないが転倒による怪我のリスクがあります。
市道行く手前の道が細いところは積雪10cmくらい雪があり危険で注意が必要です。

とてもコース状況が悪いレースになる可能性があります。
状況により、伴走者の方にレース棄権等のご判断をお願いします。

選手、伴走者のみなさまの安全を第一をお願い申し上げます。
ご迷惑をおかけしますがどうぞよろしくお願いいたします。

****************************

f0202990_12085577.jpg昨年までの仮設階段からスロープに変わりました。
過去、ここからの林道で滑って怪我をされる方が多くでました。

4/1(土曜日)のお天気予報は曇り雨。
最高気温7℃の予報ですので、路面の凍結が予想されます。

パラアスリートの安全がとても心配です。






[PR]

by usako_sasashin | 2017-03-29 22:07 | Hasetsune30K | Comments(0)
2017年 02月 25日

Hasetsune30K 2017 ③ トレランギアフェス2017

寒いですね。
ニュースはプレミアムフライデーでの話題で盛り上がっていますが、
いつもと何も変わらない・・・残業金曜日・・・プンプン。
虫の居所が悪いsasashinです。
f0202990_23452888.jpg今週末も沢山の方が試走されるのでしょうか。

最初のロードでは、古いキャデラックを見ることができます。
ナンバーがないので、警察も撤去することもできなのかもしれません。


さて、ハセツネで30Kでは、
今年初めての試みとして、
前日に「トレランギアフェス 2017」を開催します。
前日にギアで有名トレイルランナーと試走をできるようなのです。

実は・・・サイトをみてびっくり!。
ふ~ん・・・。




***大会ホームページより抜粋***

トレランユーザーにとって、一度に多数ブランドシューズやパック、ギアを比較検討でき、
「ハセツネ30K」コースの一部を試走することで
翌日の本レースの雰囲気も味わうことができるというものです。

・(省略)

**************************

びっくりしたのが↓コレ。

参加費無料・・・会場整備協力金300円は当日受付で
f0202990_00040826.png
会場整備協力金とは何か?
意味がわからなくて、事務局に確認しました。


事務局からの返事は下記です。

sasashin:お世話になります。このフェスティバルは、参加料を協力金としてとるのでしょうか。
事務局:会場整備協力金とは保険の掛け金です。
sasashin:参加する方から保険料とるのですよね?
事務局:そうです。



スポンサーが商品を売るためのサービスで、
選手や興味がある方に体験していただくわけですよね?
ギアを試してもらいながら、メーカーが抱えているランナーと試走するために保険をとるのですか?
びっくり。
ギアを使って試走する人は300円支払う、試走しない人はどうなるのでしょうね。
試していただくというのは、メーカーからランナーの皆様へのサービス、プロモーションと考えています。
すなわち、保険をかけるのは、スポンサー、大会と思うのですが・・。
私の考え方がへんなのかな?

f0202990_23451854.jpg日曜日は東京マラソン。
あれから1年。
今年も新たなドラマや夢、希望をのせてランナーが走りますね。

どうぞ、楽しんでくださいね。


[PR]

by usako_sasashin | 2017-02-25 00:20 | Hasetsune30K | Comments(0)
2017年 02月 09日

Hasetsune30K 2017 ② 試走

寒いですね。
今日の雨雪でハセツネコースは積もったかもしれません。

f0202990_22323322.jpgHK100以降の山行は30Kコース。
今年初のハセツネコースです。
パラアスリートの方々が試走するまえにパトロール♪

風もなく試走日和~♪。
長袖1枚でちょうどいい感じです。

最初のロード10km、ここが休まずに走れればOK♪。
なんとかクリア。
あとはのんびり、
というか、膝を疼きがあるのでゆっくりでしか進めないのです。
下りはさらに、ノロノロ。
膝が気になる・・・下れない。



f0202990_22324022.jpg今回は、パラアスリート伴走を受けて下さったnaoさんと一緒。
ハセツネアドグリ、SUB12、そして100マイラー。
ストイックなnaoさん、本当にかっこいい♪。

なんと、naoさんは一昨日も試走したばかり。



いつ来ても「こんなキツカッタ?」と感じるところ。
小刻みなアップダウン。
目の奥にある新緑を思い浮かべながら、
現実の寒々とした風景が覆いかぶさる。

草花が咲き始めるにはもう少しですね。
早く来てね。

f0202990_22324381.jpg15kmポストがでてきたら、
右ですよん♪。

おっくんも試走会で間違えちゃうくらい見逃しやすいところ。


f0202990_22353243.jpg目印はこれね。

くまさん、歯が丈夫♪。

コース整備のときに取り換えなくっちゃ。



f0202990_22324697.jpg棘の藪を通り抜けて第一関門。
今年はパラアスリート全員、通過できますように。


ロード下りにある2か所の水場、
ちゃんと水が出てました。
乾燥しているので喉が渇きます。


ハンターが数名、イノシシを待ち構えていました。
試走するときはなるべく明るいウェアのほうがいいかもしれません。

f0202990_23105974.jpg昨年、コース整備中に道を間違えて下ってくるランナーが多数いた分岐点。
往路は、ここからハセツネコースに入りますが、
復路は、直進です。

マジックで「入山峠」と書き込まれています。
もちろん、ここからも入山峠に行けますが、
30Kコースは直進して「入山峠」。
ご注意くださいね。










f0202990_22365352.jpg4/2、ここからたくさんの選手がスタートします。
自分は出ないのにすごくワクワク♪


今年初めて参加して下さるパラアスリートのひとり、
23歳のMさん、10kmを39分で走ります。

伴走者はOさん。走りませんか?とお誘いしたところ
Mさんと一緒に出走して下さることになりました。
100マイルもロードもこなす駿足ランナー♪。

1000番以内、秋の出走権獲得へ応援しておりますね。




[PR]

by usako_sasashin | 2017-02-09 23:32 | Hasetsune30K | Comments(0)
2017年 01月 31日

Hasetsune30K 2017 ① 2/1 10:00 エントリ開始

今日で1月も終わり。
HK100Kから2週間、休走いたしました。

冬眠中!
寝る子は育つ・・bukubuku・・daradara。
これがまた心地よいのですよね♪。
何もしない時間のようで、そうでもないのです。
ぼーっとしたり、本を読んだり、ビールやワインを飲みながらネットみたり。
テレビはほとんど見ません。朝、時計代わりにつけているくらいかな。

コケコッコー、起きましょ~♪、2月になりますよん。

もう・・・せっかくのんびりしているのに・・・。
ドアの前に「Do Not Disturb」かけてあるのが見えないの?

あれ?、山頂に行くのではなかったの?
膝の痛みがタイムリーに薄らいできたんだよね?
誰が、山頂に連れてってくれるの?
山頂に行けるかどうかの鍵を持っているのは自分自身だよね?

f0202990_23110044.jpg2/1 10時より30Kのエントリが開始されます。
RUNNETサーバーのインフラが不安定らしく、
SEが常駐していない夜中もエントリ開始すると
普及するのが大変なので未だに昼間。

今年は、渋滞を緩和するために、
昨年より約300人くらい定員を少なくなるかもしれません。

前にも書きましたが、
高い手数料を取っているのですがら
インフラ整備して下さいね。 → To:Runnetさま



f0202990_23110498.jpg3年前、試行錯誤で支援を始めました。

今年は、2回目以降、30Kに出走されるパラアスリートについては、
ロードレースと同じように有料になります。(選手伴走者も有料)

初めて30Kに出走されるパラアスリートについてはご招待です。

現時点で、20歳のパラアスリートの出走が決まっており、
知り合いのUTMB、UTMF完走、SUB3ランナーが伴走いたします。

昨年初の秋のハセツネでパラアスリートで完走した
片腕のトライアスリートH選手も出走、楽しみ♪。

f0202990_00210950.jpg今年から、
スタートからフィニッシュまで同じ伴走者、
すなわち、伴走者の交代はできません。
伴走者が、レース中に継続不可能となった場合には、
パラアスリートも終了になります。

事務局には様々なご意見をいただきました。
ありがとうございます。

皆様の貴重なご意見を取り入れつつ、新たな試みで支援いたします。
少しでも多くのパラアスリートの方が
挑戦していただけたらいいのですが。

さて、明日、私はSPAトレイルにエントリする予定。
ゼロ関門突破できますように。


[PR]

by usako_sasashin | 2017-01-31 23:31 | Hasetsune30K | Comments(0)