カテゴリ:Hasetsune30K( 56 )


2016年 03月 28日

Hasetsune30K 2016 伴走者

30Kまで1週間になりましたね。

今年は2名のパラアスリートが出走いたします。
昨年完走したA選手。今年は、1000番以内完走、秋のハセツネ出走を目標にしています。
そして、今年新たに挑戦してくださるのは、北海道在住のF選手。片足が義足のトライアスリートです。
私はまだお会いしたことがないのですが、いくつかのトレイルレースを完走されており抜群の身体能力をお持ちのようです。

どうぞ、みなさまの応援をよろしくお願いします。


f0202990_0493370.jpgパラアスリート出走については、昨年、今年、トライアル段階で、試行錯誤です。
今年は、秋の大会にも出走できるように準備したいと考えています。

パラアスリートは伴走者が必要になります。
昨年は、選手1名に対し、選手側から1名、
事務局ボランティア1名(私が伴走させていただきました)の2名でした。
これは、仮に、選手にトラブルが起きた際に、1名は、救助を求めに動き、
1名は選手に付き添うためです。
今年は、この2名から、3名に変更にいたしました。

今回、伴走をお願いするに当たり、2項目ほどご要望をいただきました。

(先週、試走した際に見つけました。藤の色の草花。
植物博士、Running Cobraさんに教えていただいたのですが・・・。
わすれちゃった)

1つは、伴走者を前半後半を分けたいというご要望です。
私個人の意見としては、30kmはショートレースなので、
最初から最後まで伴走をして頂きたいという願いがあります。
自分もそうですが、人間には波があります。
昨年の経験から、パラ選手の動きや感情を把握するには、
最初の30分-1時間である程度確認できます。
再度、同じ状況が起きると、学習能力が働き、
さらにプラスの対応ができました。

30K制限時間の半分約4時間、
選手の特徴を把握でたらすぐに交代になる事になります。

2つ目は、ポイントと記録です。
昨年の伴走者には、完走記録が発行されました。
今年は、伴走者には記録がつきません。
記録として残せるのであればというご希望を頂きました。伴走者はご招待になります。
記録を残しポイントをゲットしたいというのであれば
選手登録が必要です。これは一般選手と同等の扱いになりますので出走費用がかかります。

f0202990_0545155.jpg今回、記録を残されたいと言うご要望がありましたので
通常の選手兼伴走者という出走になります。

ハセツネはポイントレースです。
伴走と選手の兼務は成立するかどうか。

私はシングルスレッドしか動けないのですが、
マルチタスクの方であればできますね。

ここで考えなければならないのは、パラアスリートが途中で棄権した場合、
選手兼伴走者の競技を続行有無です。
現段階では、規則はありませんので、選手である以上、続行可能になります。

結果、パラアスリートが安全に完走できればどのような伴走をしていただいてもかまわないのですが、
主役はあくまでもパラアスリートであることをお願いしたいと思います。

のら坊菜、アボガド、ひじき、紫たまねぎ、レモンとビーンズサラダ。
アボガドはマヨネーズ、オリーブオイルでソースにしました。
和でも洋でも、のら坊菜美味しい~♪。

お天気予報によると、4/3は曇り。
出走されるみなさま、
どうぞ体調万全にお過ごしになられますように。
[PR]

by usako_sasashin | 2016-03-28 01:11 | Hasetsune30K | Comments(2)
2016年 03月 22日

Hasetsune 30K 2016  コース整備

冬に逆戻りの寒さでしたね。

f0202990_22142458.jpg昨日は、盆掘林道から北沢峠まで登山道を整備いたしました。
スタートからここまで約10kmのロード。
ハセツネ30kから、半分以上ロードなので「あきる野林道30k」に名称変更したほうがよさそう。
クリック合戦もなくなりますね。

太陽の光が入らないシングルトラックのトレイル、渋滞箇所です。
常に水が流れているので注意してくださいね。

f0202990_2271054.jpg・・・作業中・・・驚いた事。
たくさんの方が試走の方が通過しました。
ご挨拶をして下さる方もいれば・・・。

山で、すれ違う時は、「こんにちは♪」ですよね。
これは、おそらく全世界共通だと思います。
UTMBでは、「Bonjour♪」、HKでは「Hello♪」。
無言で走りながら通過するランナーの方々は、どちらの国の方だったのでしょう。

f0202990_223632100.jpgここの区間は、往路の上りで通ります。
ところが、多くのランナーが走りながら逆走してくるのです。
・・・さらに、つい先ほど通過したが、また、下ってくる・・・。

復路は稜線を直進・・・もしかして、左に下りロストしているのでは・・・。

レースでは、ここは下ることはないですよ、帰路は直進です。
地図で確認してくださいね。
「地図、持ってないです」

・・・・。
・・・・。
でた、トレイルランナー。

さらに、「自分はどこにいますか」と地図を見ると、某攻略地図。
試走に来る時には、山と高原地図をお持ちください・・・とは言わなかったけど。

ハセツネ土木担当、sasashinはご機嫌ななめです。


2週間後、パラアスリート伴走をする予定の私が、
一度も試走をしていない・・・Let's Go~♪。

連休最終日の今日はハセツネ30K試走♪。
すごく楽しみでスタートしました。
スタートから10kmトレイル入り口まで、走れた~♪。
今日の目標クリア。

山に入りしばらくすると・・・。
15人くらいの集団トレイルランナーが、すごい勢いで後ろから追いかけてくる。
彼らが休憩しているところに追いつく、また・・追いかけてくるの繰り返し。
前方から、集団が・・立ち止まると、走り去る。
駆け抜けて行くランナーのシューズは黄色と青色のモントレイル・・・目に焼きついた。

楽しくない・・・疲れました。

私も彼らと同じ・・・ランニングシューズでしたけど。

f0202990_23375025.jpgトレイルランナーに対して、山の知識を備えようと喚起してますが、
無理ですね。あまりにもお互いに接点がない。

一部の方々は、山に興味がない。
山岳経験者は、山の安全を教えたい。

山の知識に興味あるないは個人の自由。
強制される、する事ではないです。
すべて個人のモラル、人間性と言ってしまえば終わりなのですが。

私と一緒にトレイルをはじめた方々がハセツネを卒業し、
OMM、TJAR、トレドジアンのような山指向にシフトして行くのがわかりました。
私は・・・まだハセツネとかかわっている。

そんなことを考えながら試走を終了、
たくさんの花々が出迎えてくれました。


[PR]

by usako_sasashin | 2016-03-22 00:12 | Hasetsune30K | Comments(2)
2016年 03月 20日

Hasetsune 30K 2016  のらぼう菜

春分の日ですね。
この日が来ると、本当に春が来た~♪と感じるのです・・・・不思議ですね。

f0202990_2059636.jpgハセツネ30Kコース整備に行ってきました。
スタート地点、秋川渓谷リバーティオに行く途中で無人販売ののらぼう菜を発見♪。
都内ではめったに買うことができないのですが、さすが原産地五日市。
朝摘み、プリプリしています。

f0202990_20592159.jpg選ぶ時に、鮮度とともに重要なのが、茎の太さだそうです。
育てる過程で、周りの茎を切り落とし太くするそうなので、
一袋に1株あればラッキーとの事。
細いのがよいのかと思っていましたが違うのですね。

f0202990_20593439.jpg新鮮なので、素材が生きるようにおひたしに。
塩昆布、ゴマ、ごま油と塩であえました。
茎が甘くて美味しい~♪。
温泉卵をのせてもいいかも。

30Kでは、のらぼう菜を参加賞にしております。
大会当日に一番美味しく召し上がって頂けるように
大会事務局が直接、五日市の農家にお願いして育てていただいており、
市場に回っているのらぼう菜より、はるかに美味しいです。

ぜひ、大会当日の夜にお召し上がりくださいね。


ハセツネ30K-② のらぼう菜



[PR]

by usako_sasashin | 2016-03-20 21:47 | Hasetsune30K | Comments(8)
2016年 02月 20日

Hasetsune 30K 2016  パラアスリート

春が近づいてきましたね♪。

昨年30K完走パラアスリート、Aくん。
2/14、暴風雨の中、パラアスリートを支援してくださっているRunning Cobraさんにお願いをして山走りのレクチャーをして頂きました。


f0202990_149892.png1年ぶりのコーチのTさん、Aくん。
見違えるほど変わりました。
昨年は、30K、OXFarm50Kを完走。

強くなりましたね、オーラがでていました♪。

すごくすごくうれしかったです。
Aくん、Tコーチ、やったね!。


レクチャーを引き受けて下さった、Running Cobra先生。
ご挨拶するのは初めて・・・緊張しました。
大好きな作家のサイン会や講演会に行くような・・ドキドキ♪していましたから。
素敵な方でしたよ~♪。
カモシカのような足・・・かっこよすぎましたね。

短時間でAくんの状況を的確に把握、
Aくんのお友達のように話しかけてくださいました。
お礼を申し上げます。

Aくん、今年はPB更新できると確信しました。
1000番以内へ。
まだ、約40日もあります。
Running Cobra先生の課題を基に練習してくれたらうれしいです。
レース当日、笑顔で30kを楽しんでくださるよう願っております。

さて、今年は、もう1名の方が出走します。
後日、ご紹介しますね。



Aくんのパワーアップした姿を見て、今週ずっと考えてきました。

4/3の伴走、昨年同様、私がやらせて頂こうと考えておりましたが、
今後、Aくんがさらに成長して強いパラアスリートになるためには・・・。
他の伴走者と30Kを走る事はどうでしょうか。

恵まれた環境が末永く続く保証がされているのであれば必要はないのですが、
永遠なんてどこにもない。

どんな時でも、物に動じない強い心、いつまでも走り続けられるパラアスリートになってほしい・・・と、
ふと、思いました。
Aくんには少し難し事、もしかしたら必要のない事かもしれません。

もう少し考えますね。

暴風雨注意報がでている中、強行に練習会を実施、ご心配をおかけしました。
一生懸命練習してくれたAくん、Tコーチ、チーム小田原のみなさま、そして、
レクチャーをしてくださったRunning Cobra先生、
楽しかったです。ありがとうございました。
[PR]

by usako_sasashin | 2016-02-20 02:15 | Hasetsune30K | Comments(2)
2016年 02月 01日

Hasetsune 30K 2016  エントリ

今日から2月ですね。いつも1日は、気持ちをあらたにできるチャンス♪。

f0202990_17284736.jpgそして・・10時から30Kのエントリでした。
今年で8回目になるのですね。

昨年、レース1週間前の4月5日、コース整備時の広徳寺。
桜が満開でした。
今年は、4月3日、華やかな桜が楽しみです。

月初の10時・・・。
エントリができたか友人に確認したところ、午前中休んでエントリ、
さらにクレジットカード決済が集中して決済ができないメッセージが出て慌ててコンビニに駆け込んで支払したとの事。
ありがとうございます。

入院中のnaoさんも病室からエントリしてくださったのですね。うれしいです。

今年から30Kボランティアにはポイントがつかないようなので、
秋の大会、私も6月1日の10時にエントリが必要になります。
仕事の状況によりお休みできなかったらエントリできない可能性も・・・。

以前、エントリ開始時間を「夜中の零時に変更したらいかがでしょうか」とお願いしたのです。
その時は、アクセスが集中しRUNNETサーバーがダウンした場合に備えてSEを常駐させなくてはならず、
コストがかかるのでSEがいる昼間のエントリということでした。

RUNNETの大会手数料も高くなったのですから、
インフラ整備し、オンプレミスからAWSなどのクラウドで運用をすれば、改善されると思うのです。
ハセツネのエントリもRUNNETの独占からコンペにしサービス内容を比較してもよいのでは。(→コジュウト発言)

エントリ代、10,000円!。2009年の第1回大会は6000円でした。
パンフレットはダウンロードにしてコスト削減、ミニマムでECOな大会になることを願っています。
渋滞がおきても愛されるハセツネになってほしいから。

毎年、エントリ代が上がり・・過剰なトレイルレース人気で運営側にはチャンスの追風なのかもしれません。
お手伝いをしている大好きなレースなのでとても残念な気持ちです。



f0202990_1785487.jpg現在、私がお誘いしたパラアスリートは3名。


昨年完走したパラアスリート、Aくんからうれしいメールが届きました。
雪の中、練習を開始してくれてます。

----------以下抜粋---------
今年もハセツネ誘っていただきありがとうございます。
その期待に応えて参加しようと思います。宜しくお願いします。
目標は、1000番以内を目指して頑張ります。
その為にこれから体力をつける為に、練習を積み重ねようと、思います。
初心者向けのトレイル講習を受けたいと思いますが、
僕が出れそうな講習があれば、教えて下さい。
今後ともよろしくお願いします。応援をよろしくお願いします。

----------------------------

今年は、1000番以内!・・・って私が遅すぎて伴走できない・・・・。
大変、試走しなくては・・・。
Aくん、練習、楽しんでくださいね。

(写真等の掲載はご承諾を頂きました。)
[PR]

by usako_sasashin | 2016-02-01 22:52 | Hasetsune30K | Comments(14)
2014年 04月 14日

第6回 Hasetsune 30K 完走率

小和田地区にはアユのぼり。
f0202990_22183314.jpg

エントリー数:2003名
出走者数 :1791名
完走者 :1645名
完走率 :91.8%
[PR]

by usako_sasashin | 2014-04-14 22:20 | Hasetsune30K | Comments(4)
2014年 03月 25日

Hasetune 30K 試走セミナー

三連休の中日は、奥宮さんの30K試走セミナーに参加しました。ちょこっとお手伝いでスイパー兼務。今年で6回目?になるのですね。1回目からスタッフ参加している唯一のレースです。最初は、ハセツネ完走を目指す方への入門レースでしたが、今はスピードレースへ変化しました。
途中のレクチャーでは、おっくんの腰をひねった動きにかっこいい~♪。無駄な動きは全くありません。こんな風に下れたらすごく楽しいでだろうな・・・。と思いながら、年々、下手になっている自分に落ち込みモード。足も動かなくて、スイパーにもスイパーがほしいくらい。
f0202990_17172884.jpg
素敵なハセツネネイルの女性を発見。30Kロゴ、むささびくん、そして春の山々をデザイン。レースに向けてテンションアップさせているとの事。そう、自らをレースにむけて気持ちを高めるのは本当に大切ですね。
f0202990_1716353.jpg
30Kは女性の心もがっちり掴みました。
途中のエイド、休憩を含めて制限時間内の5時間フィニッシュ。楽しい30K試走でした。走行距離約35km。

毎年変わるスタートとフィニッシュですが、今年は旧青少年村がスタート、刈寄登山新道(私有地なのでレース当日のみ通行可能)を登ります。
f0202990_181851.jpg
フィニッシュは3回目?に利用した広徳時を左に曲がり、毎年受付を行っている広場に下ってフィニッシュの予定。
[PR]

by usako_sasashin | 2014-03-25 18:34 | Hasetsune30K | Comments(0)
2013年 03月 20日

登山届

今年初の武蔵五日市。ドレミちゃんと30K試走してきました。

ハセツネコース試走にも登山届を推奨しているのを思いだしました。駅構内にあるアイスクリーム自販機(トイレ前)のとなりに登山届け箱が設置されていました。
f0202990_1858386.jpg
8時すぎ、すでに沢山の方が届けを出されたようで用紙がない~っ!。駅員さんに聞くと、交番ででも受付してるから、交番に行ってくださいと。Let's go KOBAN!!。
f0202990_1923890.jpg
名前、住所、緊急連絡先、ルート、そして同行者氏名、住所を記入、提出完了~♪。次回からは事前に記入、駅の届け出ボストに入れると便利です。

今回、初めて奥多摩の山、ハセツネ試走で登山届を提出してみました。トレイルを始めた頃は、何も知らず過ごしてきましたが、身近に、それもハセツネコースや雲取山での事故が起きてからは山岳保険と登山届は大切な事だと感じてます。
[PR]

by usako_sasashin | 2013-03-20 20:44 | Hasetsune30K | Comments(0)
2012年 10月 22日

Hasetsune30K 2013

2013年の開催は、4月14日(日曜日)の開催予定です。
UTMFの開催も4月?。両レースともボランティアの予定です。
f0202990_15241258.gif

[PR]

by usako_sasashin | 2012-10-22 15:24 | Hasetsune30K | Comments(2)
2012年 04月 10日

グリーンフェスティバル

年々参加者が増え、今年はなんと500人!。豚汁も大きなズンドウと呼ばれるお鍋で作りました。1鍋100人分、お湯が沸くにも1時間くらいかかります。
f0202990_12435049.jpg
お肉は合計10kg、炒めて野菜と一緒に煮込みます。11時30分過ぎ、続々とお掃除を終えて戻られてきました。豚汁が煮えなくて、寒い中お待たせしちゃいました。ごめんなさい。12時過ぎ、大根がまだちょっと硬いけど、完成~♪。
f0202990_12465060.jpg
たくさんの方々にご参加いただきありがとうございました。これからが新緑がきれいなハセツネの山々、近いうちに歩きに行きたいな。
[PR]

by usako_sasashin | 2012-04-10 12:46 | Hasetsune30K | Comments(0)