カテゴリ:Hasetsune30K( 56 )


2009年 04月 21日

ハセツネ30K-⑥ 厄払い?受付作業

6時、再び青少年旅行村に到着。受付開始まで1時間しかありません。本部前に受付開始のテーブルを用意、7箱に分かれているナンバーカードと名簿を確認します。14人で担当するはずが7人のスタッフしかいおらず、1人で約200人分のナンバーカードを間違いなく迅速に渡さなくてはなりません。不安がよぎります。
f0202990_1123783.jpg
7時10分前、受付開始です。男子4001-4200、40歳から44歳までを担当。名前とナンバーカードを確認、応援の気持ちをこめて「頑張ってくださいね。」と声をかけ渡しました。

受付にいらした1人の方が、「こんなに厄年前後の人がいるの?」と驚いています。気がつきませんでしたが、確かに男性の42歳は大厄です。そして前厄後厄。おそらく、この方は厄年をすごく気にされているからお話になられたのでしょう。レースで怪我するなどとんでもありません。気にすれば気にするほど何か不安が近づいてきます。少しでも不安がないようにレースに臨んでいただければと、「でも、大丈夫です。厄払いしてあります!私が担当していますから、厄払いになります。安心してください。」ととんでもないことを答えてしまいました。あわてて、名簿と箱の中のナンバーカードに向かって、「厄払い!安全にレースが終わりますように。頑張ってください。」と心の中で願いました。

スタート9時の警笛がなり、心配した受付も無事に終了です。132人の人が欠席。ランナーズの方によると参加率が高いとのことでした。

・・・厄払い、その後のおはなし・・・

午後になり、続々と選手が戻ってきます。フィニッシュゲート付近で誘導係をしていると、男性が近づいてきます。今朝、厄年を気にされていた方です。「ありがとうございました。厄払いしてもらったおかげで無事に完走できました。」とうれしそうにレース報告をしてくれました。感激で、うれしい気持ちになりました。簡易厄払いは成功?いいえ、選手の実力が厄を払いのけた事に間違いありません。
[PR]

by usako_sasashin | 2009-04-21 00:20 | Hasetsune30K | Comments(2)
2009年 04月 20日

ハセツネ30K-⑤ 前日スタッフ集合

大会前日、ハセツネクラブ、地元の方を含め40人近くのスタッフが青少年旅行村に集合しました。受付会場の準備、優勝者賞品の振分け、コース整備等準備作業はたくさんです。肉離れで鈍い動きしかできず、役にたたず申し訳ない状態でした。

f0202990_23433412.jpg19時すぎ、作業完了、本番を迎えるばかりです。武蔵五日市の夜は冷えます。明朝、スタート地点にトイレがないので、並んでいる選手の皆さんが冷えないか、炎天下で脱水状況にならないかなと心配はつきません。そして、どうか皆さんが目標タイムをクリアできるようにと願うばかりです。



アミノRC東京、スートレイル班長率いる3名(Fさん、Iwatchさん、私)とkickちゃんは旅行村をあとにして、本日の宿舎油屋旅館へ向いました。すでに到着している、Sさんと合流、前夜祭開始です。Fさん持参のワインと焼酎、ご馳走さまでした。しばらくして、サプライズゲスト登場です。前泊中の女将さんです。快走を願ってビールで乾杯しました。話はつきなく大笑いの連続でしたが、翌朝集合が早いので就寝につきました。
[PR]

by usako_sasashin | 2009-04-20 23:44 | Hasetsune30K | Comments(0)
2009年 04月 17日

ハセツネ30K-④ フィニッシュゲート

4/19 朝9時、約1300人の健脚なランナーがスタートを切ります。試走時には静かに感じた狩寄林道、たくさんの人が駆け抜けていく姿を想像するとワクワクしてきます。
f0202990_18403658.jpg
青少年旅行村のフィニッシュゲートには、この赤い横断幕がかかります。むささびくんでしょうか?レースに出られるみなさま、ベストタイムでフィニッシュされるようにイメージトレーニングしてくださいね。

f0202990_21142177.jpg
07:00 受付
09:00 スタート 
10:30 第1関門 入山峠
13:30 第2関門 和田峠登山口
14:30 第3関門 入山峠
15:00 表彰式
11:30 フィニッシュ
~16:00 



ところで、実行委員会では今大会から国際統一に準拠した競技用語を使用します。
・ゼッケン → レースナンバー またはナンバーカード
・ゴール  → フィニッシュ
ゼッケンは日本固有の呼び方で、陸連の公式名称は「ナンバーカード」。慣れるまで使ってしまいそうですね。

レース当日、受付、スタート地点にてみなさまを応援する予定です。よろしくお願いします。
[PR]

by usako_sasashin | 2009-04-17 20:15 | Hasetsune30K | Comments(2)
2009年 04月 12日

ハセツネ30K-③ ボランティア事前講習会

いいよレース開催まで1週間。昨日、東京ハセツネクラブ事務局ボランティア事前講習会に参加いたしました。武蔵五日市、龍山荘に集合。龍山荘は合気道道場ですがハセツネ関係者のアジトのような雰囲気が。。。失礼!

AED・心肺蘇生
昨年、ハセツネ走行安全講習会の講義内容の復習。救急救命士Sさんの指導のもと約2時間講義、実技が行われました。f0202990_1458619.jpg
特に、「見て・聞いて・感じて」はとても重要です。外傷や顔色、息をしているか、自分のほほを倒れている人の鼻に近づけ、息遣いをすばやく確認します。このあと、6カウントぐらい数えてから、実際にAED使用に入ります。





ロープワーク
Q.ロープ結び名称は?  日頃から練習しておく必要がありますね。
f0202990_16401193.jpg


懸垂下降
30Kスタート地点の沢渡橋近くの5m崖を使って、ロープレスキュー実践、いきなり懸垂下降です。f0202990_17124316.jpg今回参加者訳15名のうち、経験者は1名を除きはじめての体験です。

ロープを送る人、ハーネス着けて下降する人と2人1組。実際の現場で役立てるには、何回も訓練が必要です。事前の、ロープの送り方、足の動かし方、エイト冠の使用方法、その他説明があるとさらに理解が深まるように感じました。




この土日は、とてもお天気がよくトレイル日和。たくさんの方が試走されていました。おそらく試走されて皆さんが感じたのは、水分補給ではないでしょうか。この大会は、エイドがありません。途中、入山峠から和田峠までの林道で湧き水が数ヶ所あります。大会ガイドを見ると特に禁止をしていないので補給することができますが、ロスタイムが発生します。

ぜひ、試走をされている方々のブログを参考にされ、十分な水を持ってレースに望まれてくださいね。

第1回開催ということで運営側も試行錯誤のようです。レース参加者の皆さまが安全に楽しく走れるよう精一杯ボランティアをつとめさせていただきます。ご不便を感じることもあるかもしれませんがどうぞよろしくお願いいたします。


A.左:エイトノット  右:インクノット 
[PR]

by usako_sasashin | 2009-04-12 18:15 | Hasetsune30K | Comments(7)
2009年 04月 11日

ハセツネ30K-② のらぼう菜

30K参加者全員に大会記念Tシャツとのらぼう菜(野良坊菜)が配られます。大根や果物が配られるマラソン大会はありますが、さて、のらぼう菜とはどのような野菜なのでしょうか。
大会HPによると「五日市特産の江戸野菜」だそうです。

最近、江戸野菜や京野菜をデパートで販売しているのを見かけますがのらぼう菜は、ハセツネ30Kではじめて知りました。

f0202990_2357830.jpg

夕方、武蔵五日市駅前にJAの方がのらぼう菜を販売してたので早速購入してみました。
しっかりと重みのある1束が150円。パッケージには、

おいしい食べ方・・・サーッと湯がいて!
・おひたし
・ごまあえ
・汁の実
・野菜炒め
・コンビネーションサラダ

生で食べてみるとほうれん草に似ていると説明がありましたが、かすかな苦味は小松菜に近いかもしれません。肉厚の葉なのでやはり茹でたほうがよさそうです。ミョウガを加え、ごま油とお醤油であえました。小松菜と菜の花の中間のような食感の春を感じる野菜でした。
ハセツネ30Kとともにのらぼう菜の知名度が高まるといいですね。
[PR]

by usako_sasashin | 2009-04-11 23:57 | Hasetsune30K | Comments(4)
2009年 04月 10日

ハセツネ30K-① 天気予報

4/19(日)第1回ハセツネ30Kの大会運営側ボランティアをします。
選手のみなさんにレースを楽しんで頂くには当日の天気が重要です。

f0202990_23405880.jpg日本国内では法律規定があるわけではありませんが、1週間予報より先の情報を一般公開することはしていないようです。たしかに、2週間予報を見たことがありませんね。

去年、第16回日本山岳耐久レース開催(10月12-13日)当日のお天気が気になり見つけたサイトが、
AccuWeather.com

これによると、4/17の夜から4/19までの予報は雨。当日晴れても、トレイルがぬかるんでいるかもしれません。1000人を超える選手が武蔵五日市青少年旅行村をスタートします。雨にならない事を切に願っています。
[PR]

by usako_sasashin | 2009-04-10 23:35 | Hasetsune30K | Comments(2)