トレイル大好き!

runtrails.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2016年 03月 31日

Hasetsune 30K 2016  パラアスリートご支援

オーガニック食材でスイーツをつくられているAloha Moeさんから
パラアスリートのご支援を頂きました。

f0202990_07610.jpgわぁ~、たくさんの補給食。
お二人のパラアスリートにお渡ししますね。
本当にありがとうございます。

今回、サポートのお願いをするにあたり少躊躇しました。
ハセツネは賛否両論のレースです。

Aloha Moe さんと共に活動されている方々は
すでにハセツネなどの競技指向の強いトレイルレースから離れている方々が多いので
大丈夫かなと。

第1回目からの30Kからお手伝いをしているのですが、
年々、無機質化する30K・・・もういいかなと思っているところがあります。
私自身が30kに不確かな気持ちでいるにもかかわらず、お願いしてもいいのかと。

30Kのご支援を頂くことによりAloha Moeさんのマイナスになるようなことは避けたいと考えました。
事前にお伺いしたところ下記のようなお返事をいただきました。

********* 以下抜粋 ********

これをきっかけに今後もサポートさせていただけたら嬉しいです。
私がランニングをしている理由の一つは、共に走る人たちを応援したい気持ちもあるんです。
ジェルを作ったきっかけもそうです。

あとお気遣い頂いたハセツネでも違う大会でも私は何も変わりません。
私に声をかけて下さる方々は既にレースの経験値が高いので、
そういった方々が出られるレースには全面的に応援しています!!

**************************
「私は何もかわらない」

力強いお返事にすごくうれしかったです。
Aloha Moeさん、ありがとうございます。

パラアスリートの方々が安全に完走、
出走されるみなさま、どうぞ楽しまれますように♪。


長いものにはまかれない・・・まかれる。
答えは簡単、私ははいつも私でしかない。
全力の今がすべてですから。
[PR]

by usako_sasashin | 2016-03-31 01:19 | Hasetsune30K | Comments(0)
2016年 03月 28日

MAGLITE Solitaire

山に行く時はいつもライト、エマージェンシーシート、地図を持ちます。
ライトは、廃盤のGENTOS SG325。もう5年以上は使用、光も暗いのですが、今でも現役。
以前、大きめのハンドライトを購入したのですが、
結局、活躍することはありませんでした。
コンパクトな大きさがかさばらなくて便利なのです。
ハンドライト・・・そろそろ新しいの見つけないとね。

ダブルストックを使用するレースでは、ハンドライトは使用しないのですが、
予備ライトとして必ず持ちます。ヘッドランプの電池交換時には、必須です。
使用時間を計算し、なるべくエイドで交換するのですが、
電池消費を節約するためにギリギリまで使用すると闇夜での交換になります。

f0202990_2353830.jpgRunning Cobraさんからスリムで軽量のライトを頂きました。
ありがとうございます♪。
単四電池1本のスリムなフォルム。

f0202990_234263.jpg左:GENTOS SG325 150ルーメン
右:Solitaire 40ルーメン

古いGentosのほうが、もちろん明るいのですが、
電池1個約600円近くするリチユム電池であることを考えると、
手元の電池交換であれば単四電池1本のソリテールが軽量でコストパフォーマンス最高。

UTMBでは、サポートがないので常にヘッドランプと予備電池をリュックに入れた状態になります。
結構重くて、荷物になるのですが、
今年はこれで少し軽量化ができそうです。

UTMBスタートは5ヵ月後、8月26日18時です。

SF-353X3
[PR]

by usako_sasashin | 2016-03-28 23:34 | Trail | Comments(2)
2016年 03月 28日

Hasetsune30K 2016 伴走者

30Kまで1週間になりましたね。

今年は2名のパラアスリートが出走いたします。
昨年完走したA選手。今年は、1000番以内完走、秋のハセツネ出走を目標にしています。
そして、今年新たに挑戦してくださるのは、北海道在住のF選手。片足が義足のトライアスリートです。
私はまだお会いしたことがないのですが、いくつかのトレイルレースを完走されており抜群の身体能力をお持ちのようです。

どうぞ、みなさまの応援をよろしくお願いします。


f0202990_0493370.jpgパラアスリート出走については、昨年、今年、トライアル段階で、試行錯誤です。
今年は、秋の大会にも出走できるように準備したいと考えています。

パラアスリートは伴走者が必要になります。
昨年は、選手1名に対し、選手側から1名、
事務局ボランティア1名(私が伴走させていただきました)の2名でした。
これは、仮に、選手にトラブルが起きた際に、1名は、救助を求めに動き、
1名は選手に付き添うためです。
今年は、この2名から、3名に変更にいたしました。

今回、伴走をお願いするに当たり、2項目ほどご要望をいただきました。

(先週、試走した際に見つけました。藤の色の草花。
植物博士、Running Cobraさんに教えていただいたのですが・・・。
わすれちゃった)

1つは、伴走者を前半後半を分けたいというご要望です。
私個人の意見としては、30kmはショートレースなので、
最初から最後まで伴走をして頂きたいという願いがあります。
自分もそうですが、人間には波があります。
昨年の経験から、パラ選手の動きや感情を把握するには、
最初の30分-1時間である程度確認できます。
再度、同じ状況が起きると、学習能力が働き、
さらにプラスの対応ができました。

30K制限時間の半分約4時間、
選手の特徴を把握でたらすぐに交代になる事になります。

2つ目は、ポイントと記録です。
昨年の伴走者には、完走記録が発行されました。
今年は、伴走者には記録がつきません。
記録として残せるのであればというご希望を頂きました。伴走者はご招待になります。
記録を残しポイントをゲットしたいというのであれば
選手登録が必要です。これは一般選手と同等の扱いになりますので出走費用がかかります。

f0202990_0545155.jpg今回、記録を残されたいと言うご要望がありましたので
通常の選手兼伴走者という出走になります。

ハセツネはポイントレースです。
伴走と選手の兼務は成立するかどうか。

私はシングルスレッドしか動けないのですが、
マルチタスクの方であればできますね。

ここで考えなければならないのは、パラアスリートが途中で棄権した場合、
選手兼伴走者の競技を続行有無です。
現段階では、規則はありませんので、選手である以上、続行可能になります。

結果、パラアスリートが安全に完走できればどのような伴走をしていただいてもかまわないのですが、
主役はあくまでもパラアスリートであることをお願いしたいと思います。

のら坊菜、アボガド、ひじき、紫たまねぎ、レモンとビーンズサラダ。
アボガドはマヨネーズ、オリーブオイルでソースにしました。
和でも洋でも、のら坊菜美味しい~♪。

お天気予報によると、4/3は曇り。
出走されるみなさま、
どうぞ体調万全にお過ごしになられますように。
[PR]

by usako_sasashin | 2016-03-28 01:11 | Hasetsune30K | Comments(2)
2016年 03月 22日

富士登山競走 0関門通過

f0202990_22324014.png富士登山競走、エントリいたしました。
参加資格が有効なのは今年が最後、
待ち時間が多くて半ばあきらめていました。
チャンスに感謝、Love Fujisan~♪

のぼりの練習しないとね・・・って毎年同じ事を言っているのは誰でしょう・・・。

おんたけ100K→富士登山競走→UTMBです。

今がすべて。
[PR]

by usako_sasashin | 2016-03-22 22:45 | 富士登山 | Comments(0)
2016年 03月 22日

Hasetsune 30K 2016  コース整備

冬に逆戻りの寒さでしたね。

f0202990_22142458.jpg昨日は、盆掘林道から北沢峠まで登山道を整備いたしました。
スタートからここまで約10kmのロード。
ハセツネ30kから、半分以上ロードなので「あきる野林道30k」に名称変更したほうがよさそう。
クリック合戦もなくなりますね。

太陽の光が入らないシングルトラックのトレイル、渋滞箇所です。
常に水が流れているので注意してくださいね。

f0202990_2271054.jpg・・・作業中・・・驚いた事。
たくさんの方が試走の方が通過しました。
ご挨拶をして下さる方もいれば・・・。

山で、すれ違う時は、「こんにちは♪」ですよね。
これは、おそらく全世界共通だと思います。
UTMBでは、「Bonjour♪」、HKでは「Hello♪」。
無言で走りながら通過するランナーの方々は、どちらの国の方だったのでしょう。

f0202990_223632100.jpgここの区間は、往路の上りで通ります。
ところが、多くのランナーが走りながら逆走してくるのです。
・・・さらに、つい先ほど通過したが、また、下ってくる・・・。

復路は稜線を直進・・・もしかして、左に下りロストしているのでは・・・。

レースでは、ここは下ることはないですよ、帰路は直進です。
地図で確認してくださいね。
「地図、持ってないです」

・・・・。
・・・・。
でた、トレイルランナー。

さらに、「自分はどこにいますか」と地図を見ると、某攻略地図。
試走に来る時には、山と高原地図をお持ちください・・・とは言わなかったけど。

ハセツネ土木担当、sasashinはご機嫌ななめです。


2週間後、パラアスリート伴走をする予定の私が、
一度も試走をしていない・・・Let's Go~♪。

連休最終日の今日はハセツネ30K試走♪。
すごく楽しみでスタートしました。
スタートから10kmトレイル入り口まで、走れた~♪。
今日の目標クリア。

山に入りしばらくすると・・・。
15人くらいの集団トレイルランナーが、すごい勢いで後ろから追いかけてくる。
彼らが休憩しているところに追いつく、また・・追いかけてくるの繰り返し。
前方から、集団が・・立ち止まると、走り去る。
駆け抜けて行くランナーのシューズは黄色と青色のモントレイル・・・目に焼きついた。

楽しくない・・・疲れました。

私も彼らと同じ・・・ランニングシューズでしたけど。

f0202990_23375025.jpgトレイルランナーに対して、山の知識を備えようと喚起してますが、
無理ですね。あまりにもお互いに接点がない。

一部の方々は、山に興味がない。
山岳経験者は、山の安全を教えたい。

山の知識に興味あるないは個人の自由。
強制される、する事ではないです。
すべて個人のモラル、人間性と言ってしまえば終わりなのですが。

私と一緒にトレイルをはじめた方々がハセツネを卒業し、
OMM、TJAR、トレドジアンのような山指向にシフトして行くのがわかりました。
私は・・・まだハセツネとかかわっている。

そんなことを考えながら試走を終了、
たくさんの花々が出迎えてくれました。


[PR]

by usako_sasashin | 2016-03-22 00:12 | Hasetsune30K | Comments(2)
2016年 03月 20日

Hasetsune 30K 2016  のらぼう菜

春分の日ですね。
この日が来ると、本当に春が来た~♪と感じるのです・・・・不思議ですね。

f0202990_2059636.jpgハセツネ30Kコース整備に行ってきました。
スタート地点、秋川渓谷リバーティオに行く途中で無人販売ののらぼう菜を発見♪。
都内ではめったに買うことができないのですが、さすが原産地五日市。
朝摘み、プリプリしています。

f0202990_20592159.jpg選ぶ時に、鮮度とともに重要なのが、茎の太さだそうです。
育てる過程で、周りの茎を切り落とし太くするそうなので、
一袋に1株あればラッキーとの事。
細いのがよいのかと思っていましたが違うのですね。

f0202990_20593439.jpg新鮮なので、素材が生きるようにおひたしに。
塩昆布、ゴマ、ごま油と塩であえました。
茎が甘くて美味しい~♪。
温泉卵をのせてもいいかも。

30Kでは、のらぼう菜を参加賞にしております。
大会当日に一番美味しく召し上がって頂けるように
大会事務局が直接、五日市の農家にお願いして育てていただいており、
市場に回っているのらぼう菜より、はるかに美味しいです。

ぜひ、大会当日の夜にお召し上がりくださいね。


ハセツネ30K-② のらぼう菜



[PR]

by usako_sasashin | 2016-03-20 21:47 | Hasetsune30K | Comments(8)
2016年 03月 10日

時を越える

この時期になると新聞やニュースは震災の特集になり、
いやでもあの日の事を鮮明に思い出します。

f0202990_23491263.jpg10年は長く感じましたが、5年は本当にあっという間でした。

311。

同じ空間に生きて、時間を持て余しているにもかかわらず、
今年は特に無常な時の流れ感じています。

明日は、あの日と同じくらい寒い1日になるようです。
快晴になるといいのですが・・・。
東北のみなさまに太陽の暖かい光が届きますように。

黙祷。


20110311

3年

[PR]

by usako_sasashin | 2016-03-10 23:22 | その他 | Comments(0)
2016年 03月 10日

UTMF2016 プレエントリ

冷たい雨になりましたね。寒いのもあと少しですから。

2015年UTMFのDVDプロモーション動画に一瞬ですが、、
コメディアンsasashinが出ています♪。
ご覧下さいね。



正直、この動画をみるまでは、エントリするつもりはありませんでした。
今宵の帰り道も、信越楽しみ♪・・・と考えていたくらいですから。

気が変わりました♪。
今年は、目の前に起きる出来事を受け入れながら波に乗る事にしているのです。
私は何も決めない。
受入れる・・・。

UTMF事務局の戦略は素晴らしいです。
タイムリーなプロモーション、エントリを迷っている私のハートをガッツリと掴みましたね。
出たくなりました。


f0202990_05485.pngプレエントリ、完了いたしました。


UTMF2016 エントリ
[PR]

by usako_sasashin | 2016-03-10 00:33 | UTMF | Comments(2)
2016年 03月 06日

UTMF2016 エントリ

桜の開花が待ち遠しくてソワソワしてきますね♪。

f0202990_23505095.jpg昨年、UTMF前日の受付、
お抹茶のおもてなしがありました。
雨のレースになるかもしれない・・・・不安で押しつぶされそうな心が落着きました。

3/1からUTMF2016のエントリが開始されましたね。
どうしよう・・・。

理由は2つ。
エントリするのは簡単です。

今年のUTMB抽選に選んでいただけた時に、うれしかったと同時に
正直、申し訳ない気持ちになりました。
もちろん、出たい。
UTMFはトレイルレースの東京マラソンです。


f0202990_2351215.jpg心の奥底には、また、練習と緊張の1年にエネルギーを費やすのか・・・と思うと
本当に、私はこれを望んでいるのかどうか疑問になるのです。

今は、抽選に当たってから、出るかでないかを決めるのは私の中ではルール違反。
最初から、わからないのであれば、エントリしないほうがいい。
本当に出走したい方に少しでも確立を上げたいから。

覚悟・・・。
昨年以上の時間を費やさないとUTMFとUTMBの完走は難しいです。
なぜなら、1つ年をとります。すなわち、体力が退化してますから。

もう1つの理由は、信越100マイルの噂です。
大好きな信越、今年は100マイルがあるとかないとか・・・。

信越は、第1回から出てきました。昨年はUTMFではじめて不参加。
だから、今年は信越に出たい気持ちがすごくあるのです。
もちろん、UTMFも信越も距離は100マイルですが、
レースの質が違うような気がするのです。

UTMFコースよりは、私は信越が好き。
そして・・・石川さんの大ファン♪。


もう少し考えますね。

2009年第1回の信越、制限時間の5分後にゴールゲートをくぐりました。
はじめてのトレイル100kmは玉砕。
大会サイトのフォトグラフィー、最後モノクロ写真、ただずんで泣いている・・Watashi。
あの時より少し成長したかな。いい意味でも悪い意味でも。
そして・・今でも息をしている。
[PR]

by usako_sasashin | 2016-03-06 23:51 | UTMF | Comments(2)