トレイル大好き!

runtrails.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2017年 04月 22日

山頂確定

今週は右膝の疼きが復活、一喜一憂しても仕方がないのですが・・・。
気になる。気にしすぎかもしれませんが。
疼きや痛みと仲良くすることが一番。こんな時は、コアや膝強化トレに集中します。

f0202990_23120259.png山頂確定のお葉書が届きました。
富士山が下さった、お情けのチャンス。
チャンスを生かすか殺すかは私次第。

700%とやりきったと思える状態でスタートに立ちます。

最優先すべきこと、
「山頂をクリア」



(Photo is replaced.
Special thanks to RunningCobra-san.)
どうやら、膝の疼きは自ら原因を作っているようです。

「気象病」。
お天気が悪いとだるかったり傷が疼いたり。
傷そのものの痛みよりも、神経的な要素が高く
時間や生活バランスが崩れることにより体がだるくなったりするそう。

確かに、仕事やトレーニングが終わって寝るのも遅いし、
本を読みだすと止まらない・・・
ビールやワインを飲みだすととまらない・・・。

これじゃあね。
退化する体力を食い止めることはできないけれど、
あえて、自らパフォーマンスを落とすような事をしているとは。

規則正しい生活が膝の軽減、パフォーマンス向上、山頂へ道になりえるのです。

f0202990_20173631.jpgもう一度ね。
最優先すべきことは何?


夜型から朝型へシフトします。

f0202990_20175232.jpg練習のモチベーションアップ♪♪。

巷の流行にのってみました。
トレイルランナーの間で、H&Mのショートパンツがコスパ最高とのこと。

早速、GO。
スイカかわいい~♪。
何と1900円、無地は1290円。
ウェストはパタゴニアのレディースバギーSと同じ。
3枚の大人買いです。

これで頑張っちゃおう♪






[PR]

by usako_sasashin | 2017-04-22 21:01 | Trail | Comments(2)
2017年 04月 17日

鬼ごっこ@HAKONE

春走満♪、昨日は久しぶりの山行。
金曜日の夜も1週間のお疲れさんま♪ビールも飲まずに禁酒で迎えた土曜日の朝。

N鬼さんのHAKONE100K練習に便乗してJoin♪。
全く山練習をしていないのに、S鬼さん、N鬼さんに捕まらないように逃げ切れる?

f0202990_23513968.jpg8時過ぎ、湯本に到着たら、すでにS鬼さんが気合い十分で準備中。
が~ん、すでに駅でつかまっちゃいました。

ここは、S鬼さんに先に行ってもらう事に。
あっという間に遥か彼方にきえちゃった♪。

さて、sasashinさんのモチベーションはいかに?

f0202990_23241763.jpg一年中、お花屋さんでは季節関係なく様々なお花がありまが、
山花は自然の摂理に沿って咲いていますね。

すみれ?、ルンルン♪。

N鬼さんは9時過ぎにスタート予定。
前回、途中出会ったカブさんに、「大丈夫ですか?」と声をかけられたくらいに
撃沈モードだったらしいのですが、
身を引き締めて逃げ切らなくては。

ズンズンドッコ、とにかく進みます。



f0202990_23225146.jpg強風注意報がでているのでハイカーは少なかったですが、
ランナーはたくさん。

富士山は雲の向こう。
風で足が取られそうになりながら
振り向かず前に。

心拍300越えているかも。


f0202990_23120421.jpg3:42:56、もしかして、最速?

途中、たくさんの知り合いにあいました♪。

強風で山頂は、少しの人だけ。
富士山はお休み中。

S鬼さんは、途中で味噌田楽を食したり快調で一番。
さて、N鬼さんは・・・、えっ!
きたっ!、速すぎる・・・。
前回、ヘロヘロで到着したS鬼さん、
ちょっとお散歩にきました~♪の軽やかなイケメン度100%。
今日は絶好調。

f0202990_23233214.jpg約10分位の休憩で後半へGO!。

ヤマレン不足で疲れてきたよん。
なんとか、12時間以内に湯本に戻りたいのですが。

もう、こうなったら、一人、ワープ。
船に乗るしかない。

船動いてる?
畔経由で元箱根にしようかな。




f0202990_23155855.jpgS鬼さん、N鬼さんが待っていてくれました。
甘えて、ワープをやめて山経由元箱根に行くことに。

急きょ、N鬼さんの骨盤で着地するレクチャー&撮影会。

競歩のイメージなのですが、難しいです。
骨盤が動かなすぎ。

固いというか、運動神経鈍いsasashinさん。
途中、こけそうになる事3回、尻もち1回、
水たまりに足ドボン1回。
(渡り方を鬼さん達に教えてもらったにもかかわらずね。)

f0202990_23165522.png無事に終了。
太もも前の筋肉がパンパン。
足を使った=NG。

外輪、またすぐに行きたくなりました。

小田原から金時山ピストンというランナーもいるみたい。
ピークハントもありですね。
Nice idea♪。

次回は、3時間40分切りを目指したいな。

ご一緒してくださった、鬼さん達、
お礼を申し上げます。
今は1周が限界でした。
N鬼さんは外輪2周、すごすぎますね。


[PR]

by usako_sasashin | 2017-04-17 00:31 | 箱根 | Comments(0)
2017年 04月 13日

【第9回ハセツネ30K】 2017 ⑩ 年代別

1時間32分4秒、総合入賞6位の女性、もしかしたら50代?。
素敵すぎますね♪。

f0202990_17475129.png
by SPSS Statistics




[PR]

by usako_sasashin | 2017-04-13 22:05 | Hasetsune30K | Comments(0)
2017年 04月 12日

右膝の状況

右膝の強化トレーニングをはじめて1か月、
左右の筋肉量の違いは大きいのですが、少しだけ右膝に力が入るようになりました。
気温が高くなるにつれて痛みも軽減、うれしい~♪。

2月に転んでからはじめたコアトレ、目指せ、6packではなくて、
レディーは、「アブクラックス」ね。
これはまだまだ実現には遠い・・・。

トレーニングはどうしても簡単で楽な方法ばかり。
なるべく新しいツールや動きにトライ、今まで眠っている筋肉を動かせるように。


「FluiBall」トレに挑戦♪。
ボールに水が入っていて、この水の波を利用することによって、コアやバランスを鍛えるギア。
水の色によって重さが違います。緑の2kgを使ってみました。
手に持ち、スクワット&ジャンプ、ジャンプ&腕立てなどのコンビネーション。
きつい・・・。慣れない動きに手に力が入ってしまうのですが、これはコアトレ。
想像以上に、グラグラ。水の波がおきないようにするのがいいらしいのですが、難しいよん。

大波~♪、小波~♪、どんぶりこ~♪。




3Act Slideも慣れるのに約1か月かかりました。
FluiBallで右膝とコア強化月間、頑張る~♪




[PR]

by usako_sasashin | 2017-04-12 23:05 | 半月板リハビリ | Comments(0)
2017年 04月 10日

【第9回ハセツネ30K】 2017 ⑦ 高速化

距離が17kmに変更なり、さらに高速化しました。

平均タイムは「1:58:29」。男子798位/1462人、女子37位/197人に相当します。
男性のほうが圧倒的に多いので女子にあてはめるには無理がありますね。

f0202990_15445458.png

f0202990_15425476.png男子平均「1:56:03」748位/1462人。
中央値が「1:54:47」731位/1462人。

優先権1000位は「2:07:22」、
俊足選手が半数以上を占めていたようです。







女子平均「2:16:39」85位//197人。
中央値が「2:22:24」99位//197人。

優先権100位は「2:22:24」、
平均タイムであれば100以内は入れたことになります。

f0202990_15561868.png男性選手で3時間以上のタイムの方が2名、女性は0名。
3時間以上かかっているデータがはずれ値ととらえ、
再度、計算すると、さらに男性平均は速くなることになります。


f0202990_15565438.png女性はすべて3時間以内でフィニッシュしています。

年齢別のデータを調べてみたいですね。


by SPSS Statistics.







[PR]

by usako_sasashin | 2017-04-10 23:45 | Hasetsune30K | Comments(0)
2017年 04月 10日

【第9回ハセツネ30K】 2017 ⑥ 壁

桜が満開ですね。
30Kが終わった途端に気が緩み風邪でバタンキュー・・・。
練習をしないという怠けた日々でした。

f0202990_01453434.jpg30Kから1週間、ご報告を頂きました。
ありがとうございます。お礼を申し上げます。

予測は的中しました。
選手と伴走者がはじめて当日出走するのリスクがあることが
露呈しました。

naoさんと一緒に伴走をして下さったIさん。
養護学校で教師をしているアスリートです。

彼女が長年でみてきている障害者の状況を踏まえて、
今回の報告がありました。


f0202990_01452007.jpg正直、驚きました。

Iさんからのご指摘は、
「知り合いの並走者がいるのに伴走者が必要だったか」
「レース前に責任の所在を明確にしておくべき」でした。

伴走をご紹介したA君の伴走、一番不安の要素にもかかわらず、
あいまいしてしまいにレース当日を迎えました。
過去2回伴走した方が、並走していたのです。
並走することのご連絡は全くありませんでした。
私に「伴走はしないから伴走者を探してほしい」との依頼がありながら。
レース前日に状況を心配し、アスリートの特性の確認メール。
当日は並走され、naoさんがパラアスリートに問いかけをすると
並走者が答えるという状況だったそうです。
ご自身が伴走すべきですよね。

naoさんが安全を確保し、先を走り、A君、Iさんという並びで走ること約束したそうです。

ところが、スタートから、naoさん、Iさんを置いて
猛スピードで走りだしました。

naoさんからは
「最初のダッシュは、ひょっとして、相当、力を付けたか?と焦りましたが...(笑)
一番、心配だったのが、この1年間でどれだけ力を付けたのか?ということでしたからね。」

naoさんは
事前に昨年のA君のフィニッシュタイムを調べ、
今年はどのように走る希望があるのかもお問い合わせがありました。
A君にできる限りの最善走りと安全の確保を考えて下さっていました。

この一年でのA君の走力もすごくアップしていました。
私が知るA君よりはるかに走力が向上していたのです。
過去2年、伴走者をおいてダッシュすることはありませんでしたから。
この変化全く想定外でした。
レース当日に知らない方と初めて走る、選手、伴走者、両者にリスクは大きかったのです。

f0202990_00154021.jpg

【責任の所在】

パラアスリートと伴走者は、
日頃から練習し、意思疎通を高め、
レース当日の危険を回避します。
その中で、どうしても怪我などのリスクが生じます。

来年以降、どうするか。考えなくてはなりません。

【出走の判断】

事務局内の壁も大きいです。
レース前日、私にはコース状況の連絡はありませんでした。
唯一、naoさんからと、FBにアップされている情報だけでした。
さらに、30K現地では誰も、PCでの情報管理をしていないのです。
事務局は、前日当日のメールは全く見ていない状況だと思います。
私から、事務局発信の走者、伴走者へのメール依頼も発信されず、
私個人メールでメールしました。

金曜日夜中、事務局に電話して
「パラアスリートが出走できる状況でしょうか」
と確認したところ、
「出走できるかどうかは一般選手もパラアスリートも同じだから」

「・・・・?、パラアスリートは一般選手より100倍注意が必要なんです!」

一般選手とパラアスリートが同じですか?
信じられないです。

パラアスリート出走判断を
私がしなくてはならないと感じた一瞬でした。
走ってほしい、でも
一般選手は出走できても、パラアスリートの出走は中止する必要もあると。


聴覚障害の方について

事務局に、手話をつけてほしいとの依頼がありましたがお断りしました。

また、パラアスリート枠で出走したいが、「伴走者入らない」とのご要望もありましたが、
シングルトラックでの追い抜きでトラブルになるので、パラアスリート枠であれば伴走者が必要ですと
ご連絡したところ
「他のレースに出て、今までトラブルになったことがない」と。
確かに、聴覚障害の方には伴走者は不要かもしれません。
しかしながら、ハセツネ30Kコースのトレイル部分はシングルトラックが多く
今までも追い抜きの声かでトラブルになってきました。
そのためにも、パラアスリート枠の場合には伴走者をつけることをお願いしましたが
必要ないとのことでしたので、一般枠でエントリしていただきました。

f0202990_00190049.jpg【パラアスリートの表彰】

レース1週間前に、事務局に今回出走する、
5名のパラアスリートの1位の方を表彰したいとお願いしたところ却下されました。
障害の度合いが違う、私の突然の思い付きでの表彰はできないとのことでした。
単純に、協賛メーカーからたくさんの商品提供があるのですから、
1つくらいパラアスリートに表彰してもいいじゃないですか。
表彰して、少しでもパラアスリートが次への活力になればと思っただけです。

レースが終わり、パラアスリートが全員完走し、
一人が1000番以内に入ったことを報告したところ
「えっ? 秋もでちゃうの?」
この一言でした。
パラアスリートが1000番以内に入ったのです!。
まだ、秋に出るかどうかもわからない、
ただ、出走権は獲得したのです。

事務局の対応は冷たかった。

もう泣きたかったです。
そんなもんですね。
他の運営の方から、「今回、sasashinさんは何もしてないよね。何をしているかわからない」
とのご指摘がありました。
「私がやっていることすべて、メールCCで事務局を入れています」

事務局内の壁は高い。
私は乗り越えるから。

涙が出たけど泣かないよ~ん♪。

f0202990_00191285.jpg【現場主義】

naoさんからの現場主義
土曜日に、「足跡がなかった」とのことを事務局に確認したところ
「試走しましたよ。」でした。

前日にコース変更は決まっていたのだと思いました。
だから、試走する必要がなかったのです。
であれば、教えてほしかった。
パラアスリート、伴走者を安心させるために。


すべては、私の勉強不足からです。
来年以降、
パラアスリート出走については規定を設けなくてはなりません。


二度と伴走者のご紹介はいたしません。伴走者への負荷が高すぎますからね。

30Kのパラアスリート、続ける意味あるかなと思います。
「出る杭は打たれる」
知りたくない事も知る、それでも続ける意味があるかわからなくなりました。
福島で活動している
友人でが言っていた、

「人間臭く生きる」

そうです。
もう、いまさら、隠すことも気を使う必要もありません。
今思うこと、感じることを書きました。

人間、どこにどんな状態で生まれてくるかわからない。
私はたまたま、ここ日本に生まれてのほほ~んと生きているけれど
イラクやアフガニスタンに生まれていたかもしれないですから。
今がすべて。
明日はないかもしれない。















[PR]

by usako_sasashin | 2017-04-10 00:57 | Hasetsune30K | Comments(4)
2017年 04月 05日

【第9回ハセツネ30K】 2017 ⑤ 伴走について思うこと

急に暖かくなりましたね。
30Kが今週末だったら・・タラレバですね。
無事に怪我なく終えたことホッとしています。

今回5名の方のうち、4名のパラアスリートは日頃から練習、レースをともにしている伴走者と出走いたしました。
トレイルレースが初めてですが、伴走者が選手、山を熟知しているので安心しておりました。

f0202990_19060055.jpg一番心配だったのが、
3回目出走のA選手でした。

過去2回伴走をしていた方がされないということで
私が伴走者を探すことになりました。
大会事務局は伴走者と選手のマッチングはいたしません。
通常の選手でも伴走は難しく、
パラアスリートの性格などを熟知していないと無理だからです。

どうしよう・・・。
信頼のおける、ハセツネの山を熟知した方、アドグリ、
naoさんしかいないと思いました。



f0202990_19060427.jpgトレイルレース当日に伴走者と選手が初めて顔をあわせるなんてありえません。
リスクが高すぎです。
初めての方との伴走、意思疎通や、選手の表情、事故が起きたら・・・
と考えると...、
とにかく出来る限りの安全を考える毎日でした。

大会前週の雪、また前日の雪などの状況、
私自身がパニックになるくらいでした。

naoさん、そのリスクを考え、
伴走をお願いしてから8回の試走を繰り返し、
大会の前日も雪の中の試走、
無事に、A君をフィニッシュに導いて下さいました。
本当にお礼を申し上げます。




[PR]

by usako_sasashin | 2017-04-05 23:05 | Hasetsune30K | Comments(0)
2017年 04月 04日

【第9回ハセツネ30K】 2017 ④ パラアスリート全員完走

17Kmのコース変更がありましたが、パラアスリート全員完走いたしました。

そして、一人は、1000番以内にフィニッシュ♪。秋の大会の獲得権をGETしました。

f0202990_00520848.jpg大会が行う30K 安全祈願のお祓い。

出走してくださった選手のみなさま、
お会いしたみなさま、
パラアスリート出走を支援して下さるみなさま、
お礼を申し上げます。


Hasetsune30K、パラアスリート出走は3年目になりました。
秋の大会でのパラアスリート出走、壁は大きいですが
また、次へ向けて勉強していきたいと思います。よろしくお願い申し上げます。



[PR]

by usako_sasashin | 2017-04-04 00:55 | Hasetsune30K | Comments(0)
2017年 04月 01日

【第9回ハセツネ30K】 2017 ③ コース変更

30kは、土砂崩れのため短縮17kmになります。
f0202990_18360555.jpg

[PR]

by usako_sasashin | 2017-04-01 18:33 | Comments(0)
2017年 04月 01日

【第9回ハセツネ30K】 2017 ② 大会前日、今の状況積雪

f0202990_11031554.jpg今晩、また少し雪の予報が出ています。
パラアスリートの出走可能かどうか・・・。

一般アスリートの100倍のリスクがあり、
注意が必要です。






f0202990_10580955.jpg昨年土砂崩れのあった箇所です。
地盤が緩んでいます。

f0202990_10580401.jpgこのまま凍結すると滑り台に。

f0202990_10571423.jpg
f0202990_10590378.jpg
[PR]

by usako_sasashin | 2017-04-01 11:13 | Hasetsune30K | Comments(0)