「ほっ」と。キャンペーン
2009年 04月 15日

多摩川 リバーカヤック

朝5:30、テラスから多摩川を眺めると、週に数回リバーカヤックを見ることができます。
平日の夕方や休日も練習しているようです。冬の朝は見ているのも寒いのですが、「頑張って!」と応援してしまいます。

f0202990_13133036.jpg以前、どこからスタートしているのかが気になり、急い着替えてランニングで追いかけたことがあります。カヤックと同じ速度で走ると、キロ5分くらいでしょうか。岸から追いかけるのは想像以上にスピードが必要です。

丸子橋手前の駐車場に30台ほどカヤックが置いてあるのを発見しました。数名の若者がカヤックを担いであがってきます。特に看板がでていないので近くの高校の部活かもしませんね。

私が小さい頃の多摩川は、汚染が酷くとてもカヤックや釣りができる状態ではありませんでした。約10年程前からでしょうか、河川敷がきれいに整備され羽村から羽田までの「たまりバー50キロ」もできました。楽しめる多摩川へ変化しているのを感じています。

今年は、カヤックに挑戦?
[PR]

# by usako_sasashin | 2009-04-15 23:00 | たまりバー | Comments(3)
2009年 04月 12日

ハセツネ30K-③ ボランティア事前講習会

いいよレース開催まで1週間。昨日、東京ハセツネクラブ事務局ボランティア事前講習会に参加いたしました。武蔵五日市、龍山荘に集合。龍山荘は合気道道場ですがハセツネ関係者のアジトのような雰囲気が。。。失礼!

AED・心肺蘇生
昨年、ハセツネ走行安全講習会の講義内容の復習。救急救命士Sさんの指導のもと約2時間講義、実技が行われました。f0202990_1458619.jpg
特に、「見て・聞いて・感じて」はとても重要です。外傷や顔色、息をしているか、自分のほほを倒れている人の鼻に近づけ、息遣いをすばやく確認します。このあと、6カウントぐらい数えてから、実際にAED使用に入ります。





ロープワーク
Q.ロープ結び名称は?  日頃から練習しておく必要がありますね。
f0202990_16401193.jpg


懸垂下降
30Kスタート地点の沢渡橋近くの5m崖を使って、ロープレスキュー実践、いきなり懸垂下降です。f0202990_17124316.jpg今回参加者訳15名のうち、経験者は1名を除きはじめての体験です。

ロープを送る人、ハーネス着けて下降する人と2人1組。実際の現場で役立てるには、何回も訓練が必要です。事前の、ロープの送り方、足の動かし方、エイト冠の使用方法、その他説明があるとさらに理解が深まるように感じました。




この土日は、とてもお天気がよくトレイル日和。たくさんの方が試走されていました。おそらく試走されて皆さんが感じたのは、水分補給ではないでしょうか。この大会は、エイドがありません。途中、入山峠から和田峠までの林道で湧き水が数ヶ所あります。大会ガイドを見ると特に禁止をしていないので補給することができますが、ロスタイムが発生します。

ぜひ、試走をされている方々のブログを参考にされ、十分な水を持ってレースに望まれてくださいね。

第1回開催ということで運営側も試行錯誤のようです。レース参加者の皆さまが安全に楽しく走れるよう精一杯ボランティアをつとめさせていただきます。ご不便を感じることもあるかもしれませんがどうぞよろしくお願いいたします。


A.左:エイトノット  右:インクノット 
[PR]

# by usako_sasashin | 2009-04-12 18:15 | Hasetsune30K | Comments(7)
2009年 04月 11日

ハセツネ30K-② のらぼう菜

30K参加者全員に大会記念Tシャツとのらぼう菜(野良坊菜)が配られます。大根や果物が配られるマラソン大会はありますが、さて、のらぼう菜とはどのような野菜なのでしょうか。
大会HPによると「五日市特産の江戸野菜」だそうです。

最近、江戸野菜や京野菜をデパートで販売しているのを見かけますがのらぼう菜は、ハセツネ30Kではじめて知りました。

f0202990_2357830.jpg

夕方、武蔵五日市駅前にJAの方がのらぼう菜を販売してたので早速購入してみました。
しっかりと重みのある1束が150円。パッケージには、

おいしい食べ方・・・サーッと湯がいて!
・おひたし
・ごまあえ
・汁の実
・野菜炒め
・コンビネーションサラダ

生で食べてみるとほうれん草に似ていると説明がありましたが、かすかな苦味は小松菜に近いかもしれません。肉厚の葉なのでやはり茹でたほうがよさそうです。ミョウガを加え、ごま油とお醤油であえました。小松菜と菜の花の中間のような食感の春を感じる野菜でした。
ハセツネ30Kとともにのらぼう菜の知名度が高まるといいですね。
[PR]

# by usako_sasashin | 2009-04-11 23:57 | Hasetsune30K | Comments(4)
2009年 04月 10日

ハセツネ30K-① 天気予報

4/19(日)第1回ハセツネ30Kの大会運営側ボランティアをします。
選手のみなさんにレースを楽しんで頂くには当日の天気が重要です。

f0202990_23405880.jpg日本国内では法律規定があるわけではありませんが、1週間予報より先の情報を一般公開することはしていないようです。たしかに、2週間予報を見たことがありませんね。

去年、第16回日本山岳耐久レース開催(10月12-13日)当日のお天気が気になり見つけたサイトが、
AccuWeather.com

これによると、4/17の夜から4/19までの予報は雨。当日晴れても、トレイルがぬかるんでいるかもしれません。1000人を超える選手が武蔵五日市青少年旅行村をスタートします。雨にならない事を切に願っています。
[PR]

# by usako_sasashin | 2009-04-10 23:35 | Hasetsune30K | Comments(2)
2009年 04月 10日

パーソナルトレーナー

足を休めるために読書三昧の日々が続いています。図書館から数冊借りてきた本の中で、今日読んだのは、

山本ケンイチ著 幻冬舎新書
「仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか」

筋トレをすることで自分自身の体や健康に対する意識が高まり、心がタフになり直観力が高まると。著者自身パーソナルトレーナで、数多くいるクライアントを管理しながら実体験からの内容、そしてパーソナルトレーナーの見極め方法を紹介しています。

読み終えて、パーソナルトレイナーをつけてみようかなと言う気持ちになりました。長年ジムには在籍していますが、自己流でトレーニングをしてきました。しかし、生活環境の変化、体力低下に伴い、今の私に合うトレーニング方法を知りたくなりました。

早速、ジムでパーソナルトレーナーの話を聞いてみました。希望を伝え2名の候補をあげてもらい、1人目のトレイナーとお話しました。トレーナー側からの要望は、

・トレーナーをつける目的を明確に伝える。
・クライアントの筋肉等の把握をするには、最低同じトレイナーを3ヶ月続けたほうがよい。

30分くらいの面接のはずが、逆に面接されてたかもしれません。先日の高水で肉離れを起こした状況を説明したら、すぐに引き起こした要因がわかりました。左ふくらはぎに軽い違和感があり、栗原林道から再び山に入る渋滞の時に足をもんでしまったのがトリガーになり、その後、5mもたたないうちに肉離れをおこしたのです。
押すという刺激は、気持ちがよいが、場合によっては筋肉を刺激しすぎて今回のような状況につながることもわかりました。


今週2人目のトレイナーのお話を聞いて決めようと思います。
[PR]

# by usako_sasashin | 2009-04-10 00:34 | その他 | Comments(4)