「ほっ」と。キャンペーン
2017年 02月 01日

第4回スパトレイル〔四万to草津〕2017 エントリ完了

今日から2月。
気持ちをあらたにスタート♪。

f0202990_22585774.jpgハセツネ30Kは開始から11分で定員になりました。
エントリして下さったみなさま、ご興味をくださったみなさま、
ありがとうございます。はじめてSPAトレイルにエントリしました。

昨年に引き続きは、夏のヨーロッパ遠征はなし。
UTMBに対する熱が冷めたのも事実かな。
今年は、日本の山々をめぐります。

来年、出てみたいのが「Transalpine-Run

そうです!、
昨年、奥宮さんと山田さんが出た、ペアのステージレース。
合計247km。

f0202990_23171676.jpgペアレースなので一人では出れないのです。

お二人の方に「一緒に出ませんか~♪」とお誘い中。
ひとりは興味津々で検討中。
もう一人は、トライアスリートなので微妙な感じ。

出たい!
ペアレースは一人より難しいです。

今年は、その準備期間でもあります。
2015年に、一月にUTMBとUTMFをクリアした時以上に
練習しないとね。

夢は大きく♪♪。

[PR]

# by usako_sasashin | 2017-02-01 23:26 | Trail | Comments(0)
2017年 01月 31日

Hasetsune30K 2017 ① 2/1 10:00 エントリ開始

今日で1月も終わり。
HK100Kから2週間、休走いたしました。

冬眠中!
寝る子は育つ・・bukubuku・・daradara。
これがまた心地よいのですよね♪。
何もしない時間のようで、そうでもないのです。
ぼーっとしたり、本を読んだり、ビールやワインを飲みながらネットみたり。
テレビはほとんど見ません。朝、時計代わりにつけているくらいかな。

コケコッコー、起きましょ~♪、2月になりますよん。

もう・・・せっかくのんびりしているのに・・・。
ドアの前に「Do Not Disturb」かけてあるのが見えないの?

あれ?、山頂に行くのではなかったの?
膝の痛みがタイムリーに薄らいできたんだよね?
誰が、山頂に連れてってくれるの?
山頂に行けるかどうかの鍵を持っているのは自分自身だよね?

f0202990_23110044.jpg2/1 10時より30Kのエントリが開始されます。
RUNNETサーバーのインフラが不安定らしく、
SEが常駐していない夜中もエントリ開始すると
普及するのが大変なので未だに昼間。

今年は、渋滞を緩和するために、
昨年より約300人くらい定員を少なくなるかもしれません。

前にも書きましたが、
高い手数料を取っているのですがら
インフラ整備して下さいね。 → To:Runnetさま



f0202990_23110498.jpg3年前、試行錯誤で支援を始めました。

今年は、2回目以降、30Kに出走されるパラアスリートについては、
ロードレースと同じように有料になります。(選手伴走者も有料)

初めて30Kに出走されるパラアスリートについてはご招待です。

現時点で、20歳のパラアスリートの出走が決まっており、
知り合いのUTMB、UTMF完走、SUB3ランナーが伴走いたします。

昨年初の秋のハセツネでパラアスリートで完走した
片腕のトライアスリートH選手も出走、楽しみ♪。

f0202990_00210950.jpg今年から、
スタートからフィニッシュまで同じ伴走者、
すなわち、伴走者の交代はできません。
伴走者が、レース中に継続不可能となった場合には、
パラアスリートも終了になります。

事務局には様々なご意見をいただきました。
ありがとうございます。

皆様の貴重なご意見を取り入れつつ、新たな試みで支援いたします。
少しでも多くのパラアスリートの方が
挑戦していただけたらいいのですが。

さて、明日、私はSPAトレイルにエントリする予定。
ゼロ関門突破できますように。


[PR]

# by usako_sasashin | 2017-01-31 23:31 | Hasetsune30K | Comments(0)
2017年 01月 29日

Vibram Hong Kong 100 Ultra Trail Race 2017 ② 行程

香港のレースはいつも弾丸日程です。
本当はもう少し余裕を持ちゆっくりしたいのですが・・・。

エアーは羽田発、HK エクスプレス。
荷物を預けなければ往復 ¥25,000.-位で購入できますが、
荷物を預けると、約¥30,000.-。東京-大阪往復新幹線とほぼ同じでいけちゃう♪。
座席の心地よさは・・・気にしちゃダメ。(リクライニングできない席もある!)
片道4-5時間だからガマンね。

f0202990_22525396.jpg 空港内は、旧正月のデコレーションで華やか。

【大雑把な行程】
1/12(木) 23:20 羽田発 HK Express - UO 624
1/13(金) 04:50 香港着
       06:00 市内バスで佐敦道(ジョーダン)へ
       09:00 宿泊先に荷物を預ける
       10:00 レースナンバー引き換えのため、地下鉄で上環(シェンワン)へ
       11:00 レースナンバー受取
       13:30 宿泊先にチェックイン、レースパッキング

1/14(土) 6:00 宿泊先出発 タクシーでスタート地点、Pak Tam Chung (北潭涌)へ
        7:00 スター地点
        8:10 ウェーブスタート

1/15(日) 6:30 ゴール、大会バスHK$20を払ってバスで駅へ      
        7:30 荃湾駅
        8:00 宿泊先
        11:00 チェックアウト
        16:00 香港国際空港チェックイン      
        18:20 香港発 HK Express - UO622      
        23:55 羽田着      
         0:20 帰宅

ざっとこんな感じ。
会社は1日休めばOK♪。
月曜日出社はきついけれど、逆に足を動かしたほうがいいので
レース翌日は休まないようにしています。


円からHKドルに両替するは、香港到着ロビーが一番レートがいいです。
1万円も交換すれば十分。

f0202990_23012064.jpg市内バス、空港エクスプレス電車も6時過ぎから。
私は毎回、市内バスを利用します。
安くてすごく便利。
2階建バス~♪。

6時05分発の始発まで空港内マックでコーヒータイム。

カプチーノ♪、300円くらい。
HKエクスプレスは、何もでません。
すべて有料なのです。
コーヒーが美味しい♪。

Good Morning, HongKong♪
Please take care of me!

f0202990_23215942.jpg空港から市内バス「A21」に乗ります。
事前に窓口でHK$33でチケットを購入。

30分くらいすると、ネイサンロードに入ります。
過去3回利用した宿は、油麻地(ユマテイ)。
オレンジのビルの中にあるホステル。
なんと廃業してしましました。

さて、どこに宿泊しようかな・・・。
レース3日前の1/10、
ネットで探したのがこちら♪



f0202990_23234488.jpgじゃ~ん!、地図から辿ると・・・、
今回の宿はこの中らしいです。
できれば、違う事を心に願いながら、
隣のきれいなビルだったらいいのにな。

アドベンチャー開始!
探検、大好き♪

前回のオレンジビルもですが、
まず、入口を探すことから始めます。
これが、結構大変。
わかりずらいのです。
ビルの周り2-3回をウロウロ、
裏通りに入り込んでみたり・・・。




f0202990_20240622.jpgセブンイレブンで聞いてみると、
中国語で目の前のビルと手でさしてくれました。

びよ~ん♪。

やはり、・・このビルみたい。
不安が倍増。
まあね、このスリリングな時間が好きなんだけどね。
改装中のこのビル、なんと、竹の橋桁です。
落ちてこないの?・・・。

我不安大願綺麗宿泊先
山岳競技又不安前途多難我


f0202990_20404668.jpgこの手のビルの入口はすごく狭いのです。

見つけました。
ビルのテナント看板をチェック。
2階にありました。
何かあったらすぐに階段で逃げれるます(大笑)。

香港には大きなビルの中にたくさんのホステルがあります。

HOKAの日本人選手、原選手ご家族もここの中でした。
エレベータでお見かけしました。

レース中の宿泊を取らないこともできますが、
リタイアした時に不安なので念のためにね。
香港のレースはゴールしても待機、休憩するような場所は全くありません。
すぐ帰るしかないのです。
特に、今回のような雨だとどんどん冷えてきますので。

さて、2階のホステルはどうだったでしょう♪。
ウフッ♪。次回に書きますね。

ねっ、1日休めばHKレースにでれちゃう。
お気軽でしょう。
日本の遠くて宿泊が必須のレースよりもはるかにリーズナブルです。







[PR]

# by usako_sasashin | 2017-01-29 21:02 | HK100 | Comments(0)
2017年 01月 29日

右膝半月板損傷から5年

春が見えてきましたね。

明日の勝田マラソンはDNSにしました。
HK100k以降の2週間、走らず足を休めているのですが、膝がまだ疼くのです。
5年前のように半年以上も全く走れるなるのは避けたいから。

f0202990_23473869.jpg昨年末、あまりにも痛みが酷いので、
いつもの先生にレントゲンを撮ってもらいました。

骨は大丈夫みたい。
問題なのは膝の隙間。
左と右を比べると、右足の関節の隙間が狭いのです。
右は怪我した足、半月板損傷の足。

赤い枠の新たの出っ張りは新しくできた骨らしい。
チタンを骨に埋め込んでいた痕も未だにはっきり。

f0202990_23460276.jpg
夜中の静止痛はなくなりましたが、
HK100Kでは、痛みのレースでした。
終わってしまうと、確かに痛いけれど、走れないわけではなし、膝の曲げ伸ばしも痛くないのです。
膝の神経に何かがあたるような感じ。


5年ぶりにMRIをとるのもいいかもしれない・・・先生曰く。

MRIとったからどうなるの?
悪いことを再確認するだけ?

いいえ、現状把握は大切なことですよね。
5年前、すごく温存治療に反発を覚えていましたが、
今考えると、これで良かったと思っています。

どうやら、私の心の中に何か執着のような邪念があると右膝が痛くなるみたいです。
5年前もそうだった。すべてが嫌で嫌で仕方がなかった。
私の心の中にいた般若が右膝で大暴れしていました。

体の不調がでたら・・・
自分の心が病気と。
そう、病は気からですから。

膝と仲良くね。

明日は、ゆっくり山行にしますね。








[PR]

# by usako_sasashin | 2017-01-29 00:11 | 半月板リハビリ | Comments(0)
2017年 01月 24日

Vibram Hong Kong 100 Ultra Trail Race 2017 ① 結果比較

寒すぎますね。早く暖かくならないかな・・・。

HK100Kの記憶が途切れる前に、備忘録。
過去3回の出走比較をしてみました。

【2014】

f0202990_23092655.pngはじめてのHKレースはただ驚くばかりでした。
香港の街並みから想像できない美しい景色に魅了されました。
そして、夜のエイド、
ちびっこボランティア達の応援がすごくうれしかったのです。

香港レースの大ファンになりました。



f0202990_23021702.jpg日本の寒い時期に暖かい気候のレースだから楽かな?と甘く見ていたら大違い。
寒さ慣れていたので、逆に体温調節が大変。

昼間暑く、夜になると寒い・・・。
気温の差が激しく夜は、フリースのネックウォーマーをしていました。

デポにストックを入れたのを後悔・・・。
最初から持てば良かったと。

CP2-CP3までは、海岸線を出たり入ったり。
昼間で一番、景色が楽しめるところです。

(←2014)


【2015】

f0202990_23245469.pngこの年もお天気最高~♪。
日本が寒いにもかかわらず、初夏のような陽気にテンションもアップ♪。
ところが・・・、やはり体温調節がうまくいかず、熱中症になり大変でした。






f0202990_23245641.jpgスタートからストックを持って走りました。
このあたりは石階段・・・、
というか香港には石階段しかないみたい。
アップダウンの繰り返し。100kmのうち、25%は階段かも・・・。

1年前の辛い記憶はすっかり忘れ、
また、この景色に会えた事がうれしくて。
ねっ、行きたくなるでしょう♪

2015年は、HK100K、3月のTrans Lantau100と2レースに出ましたが、
3月の香港は湿度JIGOKU・・・DESU。

(←2015)


【2016】

抽選に外れたので不参加。

【2017】

f0202990_23411988.png
今年から、ウェーブスタート。
年々参加人数も増えています。2014年にくらべて女性も約1.5倍。

当日の自己申告で24時間以内を目標、第3スタートにしました。
えっ、こんなに少ないの?とちょっとびっくり。
どこの国もおなじですね。
もちろん、ウェーブスタートでも関門は同じです。
ロスタイムは、10分15秒。


f0202990_23412561.jpg天気は曇ときどき霧雨。
香港滞在中、太陽を見ることはなく、
蒸暑く、昼夜の寒暖差はほとんどありません。


曇りのおかげで水の消費を抑えることができましたが、
それでもレース中盤になるにつれて、
蒸暑さと湿気でぐったり。
日本の寒い気候から暑い気候への体温調整が非常に難しいです。
逆に、夏のUTMBのように暑い日本から涼しいシャモニはとても楽と感じました。

さて、ストック。
どうしよう・・・。

右膝の半月版が思わしくないにもかかわらず、
迷わず、デポにストックを置きました。




教えて頂いた、のぼり方を試したかったのです。
昨年のハセツネも3年ぶりにストックを持ちませんでした。
ストックを使わない上りを極めたいから。さらに、下りの階段もストックが不要。

どこまで痛みと仲良くできるか・・・。
答えはわかっています。
私の気持ち次第ですべてが決まると。


f0202990_19354104.jpg雲で景色がなく、夜はガスで前方が見えない。
気がまぎれる要素がなく、痛みばかりが感じられる時間。
ヘッドフォンをしても音が痛みとミックスして雑音になるだけ。

でも、ストックが欲しいとは一度も思いませんでしが、
デポでお守り代わりに持ちました。

次のエイドから使おう、
次のエイドから・・。
繰り返しているうちに最後の90kmエイドに着きました。

熱中症でフラフラでしたが、
ストックに寄りかかるから余計に疲れるのです。


f0202990_01002118.jpg最後のピークは直登・・・、ゆっくり進めば行けるから。

ピークからはロードをくねくね下るだけ、
過去の記憶を思い出しただ足を動かしていると・・・あれ?。

コースが変わり、直下りの階段に!!
昨年のレースでは、50年ぶりの雪の香港。
路面がアイスバーンになり負傷者でたため、
25時間以降の選手は90km地点で打ち切りになりました。
昨年の教訓を生かし、階段に変更したそうです。

階段地獄だわ。

足が痛くてたまらない・・・と考えているうちに
ゴールが見えてきました。



Mission Compleate!

一瞬にして痛みが消えました。

すごくうれしい~♪。

スタート前に、完走は見えていました。
完走以外考えられませんでしたから。

膝の不安をどう向き合うかが鍵だったと思います。
そして、何よりも
上りで足がうまく進めた事、
と言っても、細かなタイムをみるとそうでもないかもしれませんが
ストックを使わずに完走できた事がすごくうれしいかったのです。

右膝の疼きは10km以降、何がなんだかわからないくらい大暴れしていました。
久しぶりにロキソニンを服用しました。
気休めと分かって。きっと、ラムネでも同じだと思っています。
痛みに強くなったのか、もともと気のせいの痛みだったのか。

f0202990_21463791.jpgそして、今日、ブログを書くために結果を見ていたら、
スタートのロスタイムを差引くと

ネットタイムで、22時間06分・・・あれ?、

自己ベスト更新してる?、
ヤッホ~♪。

自己満足の世界ですけどね。

1年の初め、弾みをつけるためのレース。
すごくうれしい~♪。
夏の山頂に向けて、また一歩ずつ前に。

Love HongKong♪。






[PR]

# by usako_sasashin | 2017-01-24 23:56 | HK100 | Comments(0)