トレイル大好き!

runtrails.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 29日

右膝半月板損傷から5年

春が見えてきましたね。

明日の勝田マラソンはDNSにしました。
HK100k以降の2週間、走らず足を休めているのですが、膝がまだ疼くのです。
5年前のように半年以上も全く走れるなるのは避けたいから。

f0202990_23473869.jpg昨年末、あまりにも痛みが酷いので、
いつもの先生にレントゲンを撮ってもらいました。

骨は大丈夫みたい。
問題なのは膝の隙間。
左と右を比べると、右足の関節の隙間が狭いのです。
右は怪我した足、半月板損傷の足。

赤い枠の新たの出っ張りは新しくできた骨らしい。
チタンを骨に埋め込んでいた痕も未だにはっきり。

f0202990_23460276.jpg
夜中の静止痛はなくなりましたが、
HK100Kでは、痛みのレースでした。
終わってしまうと、確かに痛いけれど、走れないわけではなし、膝の曲げ伸ばしも痛くないのです。
膝の神経に何かがあたるような感じ。


5年ぶりにMRIをとるのもいいかもしれない・・・先生曰く。

MRIとったからどうなるの?
悪いことを再確認するだけ?

いいえ、現状把握は大切なことですよね。
5年前、すごく温存治療に反発を覚えていましたが、
今考えると、これで良かったと思っています。

どうやら、私の心の中に何か執着のような邪念があると右膝が痛くなるみたいです。
5年前もそうだった。すべてが嫌で嫌で仕方がなかった。
私の心の中にいた般若が右膝で大暴れしていました。

体の不調がでたら・・・
自分の心が病気と。
そう、病は気からですから。

膝と仲良くね。

明日は、ゆっくり山行にしますね。








[PR]

# by usako_sasashin | 2017-01-29 00:11 | 半月板リハビリ | Comments(0)
2017年 01月 24日

Vibram Hong Kong 100 Ultra Trail Race 2017 ① 結果比較

寒すぎますね。早く暖かくならないかな・・・。

HK100Kの記憶が途切れる前に、備忘録。
過去3回の出走比較をしてみました。

【2014】

f0202990_23092655.pngはじめてのHKレースはただ驚くばかりでした。
香港の街並みから想像できない美しい景色に魅了されました。
そして、夜のエイド、
ちびっこボランティア達の応援がすごくうれしかったのです。

香港レースの大ファンになりました。



f0202990_23021702.jpg日本の寒い時期に暖かい気候のレースだから楽かな?と甘く見ていたら大違い。
寒さ慣れていたので、逆に体温調節が大変。

昼間暑く、夜になると寒い・・・。
気温の差が激しく夜は、フリースのネックウォーマーをしていました。

デポにストックを入れたのを後悔・・・。
最初から持てば良かったと。

CP2-CP3までは、海岸線を出たり入ったり。
昼間で一番、景色が楽しめるところです。

(←2014)


【2015】

f0202990_23245469.pngこの年もお天気最高~♪。
日本が寒いにもかかわらず、初夏のような陽気にテンションもアップ♪。
ところが・・・、やはり体温調節がうまくいかず、熱中症になり大変でした。






f0202990_23245641.jpgスタートからストックを持って走りました。
このあたりは石階段・・・、
というか香港には石階段しかないみたい。
アップダウンの繰り返し。100kmのうち、25%は階段かも・・・。

1年前の辛い記憶はすっかり忘れ、
また、この景色に会えた事がうれしくて。
ねっ、行きたくなるでしょう♪

2015年は、HK100K、3月のTrans Lantau100と2レースに出ましたが、
3月の香港は湿度JIGOKU・・・DESU。

(←2015)


【2016】

抽選に外れたので不参加。

【2017】

f0202990_23411988.png
今年から、ウェーブスタート。
年々参加人数も増えています。2014年にくらべて女性も約1.5倍。

当日の自己申告で24時間以内を目標、第3スタートにしました。
えっ、こんなに少ないの?とちょっとびっくり。
どこの国もおなじですね。
もちろん、ウェーブスタートでも関門は同じです。
ロスタイムは、10分15秒。


f0202990_23412561.jpg天気は曇ときどき霧雨。
香港滞在中、太陽を見ることはなく、
蒸暑く、昼夜の寒暖差はほとんどありません。


曇りのおかげで水の消費を抑えることができましたが、
それでもレース中盤になるにつれて、
蒸暑さと湿気でぐったり。
日本の寒い気候から暑い気候への体温調整が非常に難しいです。
逆に、夏のUTMBのように暑い日本から涼しいシャモニはとても楽と感じました。

さて、ストック。
どうしよう・・・。

右膝の半月版が思わしくないにもかかわらず、
迷わず、デポにストックを置きました。




教えて頂いた、のぼり方を試したかったのです。
昨年のハセツネも3年ぶりにストックを持ちませんでした。
ストックを使わない上りを極めたいから。さらに、下りの階段もストックが不要。

どこまで痛みと仲良くできるか・・・。
答えはわかっています。
私の気持ち次第ですべてが決まると。


f0202990_19354104.jpg雲で景色がなく、夜はガスで前方が見えない。
気がまぎれる要素がなく、痛みばかりが感じられる時間。
ヘッドフォンをしても音が痛みとミックスして雑音になるだけ。

でも、ストックが欲しいとは一度も思いませんでしが、
デポでお守り代わりに持ちました。

次のエイドから使おう、
次のエイドから・・。
繰り返しているうちに最後の90kmエイドに着きました。

熱中症でフラフラでしたが、
ストックに寄りかかるから余計に疲れるのです。


f0202990_01002118.jpg最後のピークは直登・・・、ゆっくり進めば行けるから。

ピークからはロードをくねくね下るだけ、
過去の記憶を思い出しただ足を動かしていると・・・あれ?。

コースが変わり、直下りの階段に!!
昨年のレースでは、50年ぶりの雪の香港。
路面がアイスバーンになり負傷者でたため、
25時間以降の選手は90km地点で打ち切りになりました。
昨年の教訓を生かし、階段に変更したそうです。

階段地獄だわ。

足が痛くてたまらない・・・と考えているうちに
ゴールが見えてきました。



Mission Compleate!

一瞬にして痛みが消えました。

すごくうれしい~♪。

スタート前に、完走は見えていました。
完走以外考えられませんでしたから。

膝の不安をどう向き合うかが鍵だったと思います。
そして、何よりも
上りで足がうまく進めた事、
と言っても、細かなタイムをみるとそうでもないかもしれませんが
ストックを使わずに完走できた事がすごくうれしいかったのです。

右膝の疼きは10km以降、何がなんだかわからないくらい大暴れしていました。
久しぶりにロキソニンを服用しました。
気休めと分かって。きっと、ラムネでも同じだと思っています。
痛みに強くなったのか、もともと気のせいの痛みだったのか。

f0202990_21463791.jpgそして、今日、ブログを書くために結果を見ていたら、
スタートのロスタイムを差引くと

ネットタイムで、22時間06分・・・あれ?、

自己ベスト更新してる?、
ヤッホ~♪。

自己満足の世界ですけどね。

1年の初め、弾みをつけるためのレース。
すごくうれしい~♪。
夏の山頂に向けて、また一歩ずつ前に。

Love HongKong♪。






[PR]

# by usako_sasashin | 2017-01-24 23:56 | HK100 | Comments(0)
2017年 01月 20日

大寒

寒いですね。今日は大寒。
節分までの約2週間・・・冬将軍さまと仲良くすごしますよん。

f0202990_00163741.jpg先週土曜日、2015年UTMF以来のロングレースに出走しました。
Vibram HK100K。2014年、2015年、3回目です。

久しぶりのロングレース、膝の具合も思わしくないので不安もありましたが
何とか完走しました。うれしい~♪。

レース中、膝の痛みとの対話でした。
本当に痛くて、どうしようもない時間もたくさんありましたが、
「やめる」という選択肢はありませんでした。

二度と走れなくなってもいい、絶対に完走する事しか考えていませんでした。


f0202990_00173382.jpg2年ぶりのHK100kはさらに進化しておりました。
エイドが充実、休憩ができるようにテントも完備されていました。

そして、なによりもボランティアのちびっこ達がたくさん応援してくれました。
CP7では、ラッキー袋をプレゼント♪。
このお守りをリュックに入れて最後まで行けました。

レース詳細は、このあとね。

今年は、「動」の一年。
前に前に進みます。無心で。

Love HongKong♪


[PR]

# by usako_sasashin | 2017-01-20 23:58 | Trail | Comments(0)
2017年 01月 09日

いつもと違う道

三連休おわっちゃいましたね。
今週末のHK100Kに向けて睡眠もばっちり♪。
午後から晴れてきたので歩荷ラン・・・といっても約5kg。

f0202990_21130914.jpg意識的にいつもと違う道。
初めての道。
ワクワクしながら走りました。
私の脳がイキイキしている、喜んでる。

そして、発見したのが、
渋谷近くの公園。
河津桜のつぼみが膨らんでいました~♪。

春が見えてきましたね。



f0202990_21130184.jpg行けるかどうか微妙だったのですが、
2年ぶり、3回目のHK100Kに出走します。
宿も昨晩予約しましたよん。

今回はどんなアドベンチャーが待っているのかな。
ウフッフッ♪♪。お楽しみ。



香港の週末のお天気は、晴れ曇り。
気温は18℃くらい。
膝と様子を見ながら完走しますね。




[PR]

# by usako_sasashin | 2017-01-09 21:45 | Run | Comments(0)
2017年 01月 08日

くまもんスタンプラリー

午後から冷たい雨の寒い一日でしたね。

昨日は、本当は山に行く予定だったのですが・・。
4、5日大阪、6日の残業で・・・zzz。

年末年始にかけて少しずつ、リハビリしながら負荷をかけてきました。

左膝の静止痛で寝れない日々も少し和らいできました。
鍼治療で血流を促し、動きで筋力をつけるの繰り返し。

私のような膝は、運動しなさすぎは本当によろしくないみたいです。
走れなくなるのは・・・やですからね。
絶対にやだもん♪。

f0202990_21373974.jpgお昼すぎから都内ラン♪。

東京メトロ、ANA、熊本電鉄共同のイベント、
勝手に「くまもんスタンプラリー」と思い込んでいましたが、
正式には、
「東京 x 熊本スタンプラリー」。

流行のスタンプラリーと復興支援コラボ。
東京メトロのフリー切符を購入して巡ってねというところを・・・ランで♪。
くまもんスタンプは北参道駅、護国寺駅、永田町、そして銀座熊本館の4カ所。

銀座熊本館では無料でくまもん手ぬぐいがもらえるのです♪。

渋谷駅スタート、山手通りを2km北上すると北参道駅。
スタンプは改札口出たところに設置してありました。


f0202990_21261793.jpgここから、次の護国寺駅までは未知。
スマホの経路をたよりに約6km、ちょっと迷いながらね。


途中でたい焼きで補給。
おいしい~♪。






f0202990_21261404.jpg護国寺からは飯田橋、武道館を経由して皇居。

いつも、皇居は私の背中を後押ししてくれます。
たくさんのランナー、走ってる・・・走ってる。

皇居を半周して永田町駅へ。

f0202990_21252331.jpgスピードがないので、せめてリュック5kgに負荷をかけて。

少しでも膝がよくなるように。
せめてこのくらいしないと練習にならないですよね。

着いたよん~♪。

銀座にはたくさんの地方都市アンテナショップがありますが
くまもと館ははじめて。

くまもんグッズがたくさんある~♪。
これだけ人気になった理由の一つは、著作権フリーが大きいですね。
もちろん、くまもん、Kawaii♪
(小声:一番はぐんまちゃん♪)



f0202990_21261136.jpgここまでで約20km。
電車に乗りたい・・・。
スタート地点の渋谷までは戻ろうと。

東京タワーのライトアップをみながら、
もう少しだけ。

来週のHK100に向けて少しでも走りたいから。

目黒駅を経由、自由ヶ丘の銭湯ゴール♪。
うれしい~♪。

f0202990_23014910.png合計:36.41km。
疲れたけど、うれしい~♪。

補給は、たい焼き、アーモンドミルク、豆乳。

なんと、お風呂からあがり、貧血気味になりバタン。
一瞬、記憶がなく、気がついたら倒れてました。
幸いにも、どこも怪我なくすみましたがが・・・。

年末にお友達と箱根に行ったのですが、お友達がバタン。
気をつけなくてはなりませんね。

山の事故には遭難だけでなく、貧血で滑落も起きると思うと
自らだけでなく、一緒に行く方の体調の見極めも大切だと思いました。



夏より冬のほうが温度差が激しく、体力を消耗しますからね。





f0202990_21300623.jpgくまもんの手ぬぐい~♪。

かわいいでしょ♪。


くまもん、ありがと。

[PR]

# by usako_sasashin | 2017-01-08 23:19 | Run | Comments(0)
2017年 01月 03日

金時山


新春二日目。
毎年、箱根駅伝で盛り上がる日々。
今年は、OSJの古い方々にお誘いを頂き、宮ノ下で応援。

f0202990_23421678.jpg熱い選手の走りに刺激を受け、
宮ノ下から緩やかなロードをジョグで。

足が動かない・・・。





f0202990_23394513.jpg山頂のおかみさんが待っていてくれるといので
急ぎ足。




f0202990_23284790.png冬の稜線。

四季折々、二度と同じ風景に出合うことはありません。
そう、自然も人も一瞬の出会い。
一期一会。

今を感じながら生きる。
過去も先も考えない。今だけね。

そう思うと、とてもお気楽なのです。
ただ、楽しいことだけを追い続けるだけですから。




f0202990_23203292.jpg最高の富士山が迎えてくれました。
今年は、山頂へ何回いけるでしょう。





f0202990_23200259.jpgこの時期しか見れない、金時山のシルエット。
向こうには、大山、丹沢山系。


f0202990_23331892.jpg茶屋の女将さんが特別に貸してくれました。
金時エプロン?。

私が一番若輩ですが、
先輩方全員、SUB3、100マイルランナー。
すごすぎるでしょ♪。

古き良きOSJメンバー。
一年に数回しかお会いしなくても気心しれた安心できる方々。
同窓会みたいです。









f0202990_23421985.jpg外輪、三国山の向こうに陽が沈む時間になりました。


f0202990_23444550.jpg仙石原の向こうに金星。

箱根Love♪。



[PR]

# by usako_sasashin | 2017-01-03 23:31 | 箱根 | Comments(0)
2017年 01月 01日

第64回 元旦初走り多摩川堤健康マラソン大会

謹賀新年 2017

快晴の暖かい元旦になりました。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

f0202990_23411955.jpg恒例の元旦マラソン。
今年で何回目?、家から10分でスタート地点にいけるのが最大の魅力です。


膝の痛みの中でどのくらい行けるでしょうか。


f0202990_23403803.jpg昨年より参加者が少なくなったような感じ・・・。
お天気がいいから?
元旦マラソンが増えたのでしょうか。
ランニングの世界も飽和状態。

抽選になるほどの人気レースもあれば、
定員割れするレースも出てきているのが現状。

主催者が高齢になり、
10年続いたトレイルレースが継続不可になった記事をみました。

このレースは「多摩川クラブ」主催のレースです。
ご年配の方がたくさん係りを担当して下さっていました。
ありがとうございます。




f0202990_23404688.jpgエントリしていなかったら
雲取山2017mにいけばよかった・・・と思ったくらいですから。



f0202990_23410348.jpg5km周回を2周します。

水補給は1か所。

今年も昨年同様、暑かったよん!。
どんどん抜かされる・・・。

前日の悶絶鍼治療で足はガチガチ。

f0202990_00171116.jpg2週連続でトレイルランナー、陸上ランナーが通う鍼治療をお願いしました。
4年前にお世話になったK先生が独立。

今年は、箱根駅伝スタンバイ選手もいるので年末年始も営業。
視覚障害のある先生です。

みて!治療あとの私の足。
すごいでしょ!、青たんと鍼あとが右足全体に。


目が見えなくても鋭さは人一倍。
昨日も、
「過去と他人は変えられないが、自分と未来は変えられる」

まさに、そうですね。



f0202990_23411534.jpg海鳥、今を生きているかな♪


古びたゴム状態の私の太腿。
先生曰く、
あまりにも運動しないから
太もも膝周りの筋肉がなくなり
ダイレクトに衝撃がきたと。

膝に鍼をぐりぐり・・・。
死にたいくらい痛い。

でもね、一番つらい出来事を思えば
なんでも我慢できちゃうよん。



昨年のUTMFもUTMBも、辛すぎたけど
心が折れそうになると、

「荒れた辛い事にくらべれば、なんでも我慢できるよね、私」

と言い聞かせきました。
そして、これからもね。

ただ、今年はこの過去ともさようら。
もういい・・。

新しい気持ちで。
辛いも悲しいなんてないもん。

昨年より2分ビハインドでしたが完走しました。

53分32秒。
こんな状態でも平均5分30秒で走れてうれしい~♪

走りながら考えました。

「すべてに関してシンプルに」

心地よい事だけを追い求めます。
気を遣いすぎる、駆け引きをしない。
SNSもFBはそのままにしておりますが、
他は、基本的に私が興味がある方以外はすべて解除させていただきました。
これからは、誰もではなく、この方とであればご一緒させていただきたいという方だけに
断捨理させていただきました。

もちろん、皆様も私を切っていただいてかまいません。
好き嫌い多い私です。嫌いは嫌い、好きは好き。
万人になんてありませんからね。

そんなsasashinです。
やっと、素でやれるようになりました。
よろしくお願いします。

1997年、走り切れてよかったです。
うれしい~♪。

さて、明日は箱根駅伝ですね。
応援~♪。

今年もよろしくお願いします。







[PR]

# by usako_sasashin | 2017-01-01 23:46 | Run | Comments(0)
2016年 12月 30日

箱根







[PR]

# by usako_sasashin | 2016-12-30 00:54 | 箱根 | Comments(0)
2016年 12月 28日

Praying for time

One of my favorite singers......



[PR]

# by usako_sasashin | 2016-12-28 00:08 | その他 | Comments(0)
2016年 12月 25日

Season's Greetings

また寒くなりましたね。

無神論者の私ですが、クリスマスは大好き。
街がイルミネーションで華やかに彩られ、寒くても楽しく走れちゃう♪。



今年春ごろ、表参道を歩いていたら、女性とお二人だけで歩いているのをお見かけしました。
シークレットサービスはいたかもしれませんね。
誰も気がつかない、普通の方なのですが、私はすぐにわかりました。
だって、素敵な女性ですもの。
ダッフルコート、フラットシューズの装い。

アンチエイジングが流行の今、あえて年齢と共存する生き方を選択している女性。
若さを保つことよりも、「今」で生きている方。
生きていた過程が顔のしわに刻み込まれていますね。
素敵過ぎます。

そして、この動画♪。
「かわいい」という表現は、外国の女性には賛美にならないのは十分承知の上で。
「Kawaii」です。

来年1月には大使も変わります。

「変化」と「今」

新しい年に向けて準備・・・、
気持ちわね、もう次へ向かっていますよん。

素敵な休日をおすごしくださいませ♪。


25年くらい前、転職活動していました。
アメリカ大使館にも履歴書を送りましたが、書類選考でNGでした・・・。


[PR]

# by usako_sasashin | 2016-12-25 00:58 | その他 | Comments(0)
2016年 12月 19日

強いランナーとは

レースに出るたびに、強くなりたいと思うのです。
強くなる・・・、すなわち速く走れること。

スポーツ媒体を見ていても、強い=勝者。
ここ一番で結果を出せる「勝負強い」アスリートが強いと。

同年代女性のレベル高さ!。 よそ見をせず、ひたすら練習に励み、結果を出しています。
なぜ自分はこんなに遅いんだろう。

どんなに練習しても、完走できるようになるのが、精一杯。
・・・、こんな言い訳をウダウダ書いている事自体、もう、論外ですよね。。


f0202990_23435529.jpg先週土曜日、神宮24時間走の応援をしてきました。
休日出勤の帰り道。
ふと思い、出途中下車。
スカートにヒール靴でマラソン応援は初めてかもしれません。

知り合いが数人、走っていました。
笑顔で応えるランナー、走る事に必死なランナー。
面白いですね。

彼は76歳。
何時お会いしても謙虚で笑顔を絶やさない。
76歳で24時間走に出走できる体力を維持、チャレンジ精神が止まらない。


1周約2.3kmの周回をひたすら黙々と走り続けるランナーを応援しながら、
私のなりたい強いランナーとは「強い=メンタル」と気がつきました。
もちろん、速いくなれたらうれしい。
それ以上に、76歳になっても走り続けられる、どんな状況でも走り続けられる、
メンタルの強い人間になりたいと改めて感じた夜でした。

泡のごとく消える・・・私のメンタル。
来年、24時間走に出てみたくなりました。
ドライアイスのようにに消えるには時間を要する程度に成長しているといいのですが・・・。




[PR]

# by usako_sasashin | 2016-12-19 18:56 | Run | Comments(2)
2016年 12月 11日

丹沢 Love♪

快晴の土曜日♪。
AMは家の用事&整形外科へ。弱い右膝の調子があまりよろしくないみたい。
毎年、寒くなると疼くのですが夜中の静止痛ははじめて。

なに、これ・・・。

急に激痛がはしり、目が覚めるのです。
走っている時は疼きだけなので気にならないのですが・・・。

ネットオタクなwatashi、
ググってみると、加齢、神経、腰、etc・・・。
はい、理解しております。
要は自分の体と対話が必要というサインですよね。

日々、おかれた状況、体力をふまえた短時間でも有効な練習を探しています。
1年前、半年前と同じことが通用しない・・日々の変化を受け入れつつ。
「反発」はエネルギーを消耗するのでしないように務めています。
流れるままに・・・。

ランニング、体幹、柔軟性、etc。
プラス、重要なのは、「習慣」「集中力」「メンタル」「バランス」。
終焉までエンドレスですね。

f0202990_23535711.jpgこんな日々の中、ピンポーン♪。
書留が届きました・・・、誰から?

丹沢の山から素敵なクリスマスプレゼント♪。

スタンプラリー終了後、抽選に応募したのです。
何を選んだか覚えていないのですが、

「万葉の湯 平日利用ペア券」

うれしい~♪。
箱根外輪練習の楽しみができました。
丹沢サンタさん、ありがとうございます。
冬の手ぬぐいも行きますね。





Let's Go! 丹沢・大山やまなみ登頂スタンプラリー





[PR]

# by usako_sasashin | 2016-12-11 01:10 | 丹沢 | Comments(2)
2016年 11月 28日

神流・・・その後

修行走を楽しみにしていたのです・・・。
降雪でバーティカル5kmのレースになり、来年の富士登山を考えれば出走すればいいのですが、
宿泊・交通費・移動時間を考えてDNS、やる気のない軟弱な私。びょ~ん・・・。

f0202990_22343526.jpg神流から2週間。
どうしても頭から離れないことがあります。



今年の30Kで出走して下さった、義足のアスリート。
Fさんがミドルクラス、40kmに出走していました。

第2関門、40kmまでの最後の下り。
ブルーラビッツはどうしてもこの40km、
持倉の関門をクリアするべく必死、
前にいるランナーに追いつくと、
追い抜けそうなところで
「左を抜きます」と声をかけて前に行かせて頂いていました。


f0202990_22343335.jpgヘアピンカーブの下り約3km、
気持ちよく激走します。
関門クリアするために余裕はなく
必至にくだっていたところ、

途中、Fさんが前にいて
私のために道を譲って下さいました。

どうしようと思う間もなく、
「すみません、ありがとうございます。」
「頑張って」
としか声をかけることができませんでした。





f0202990_22343879.jpg少し進むと、パラアスリートを支援、
30KでもFさんをサポートした、Nさんが心配そうに
逆走して待っていました。
私が、Nさんに、「Fさん、すぐ後ろにいます」とお伝えしました。

私たちペアはギリギリに40kmの関門をすり抜けましたが、
Fさんにはお会いできませんでした。

******レースから数日後、伴走のNさんのメールの抜粋******

sasashinさんから「すぐ後ろからFさんが来てます」と言われ、私はホッとしました。
時計を見ながら、また間に合わないだろうと、思っていた時でしたから。
結果的には間に合いませんでしたが「もしかすると間に合うかもしれない」と考え直せたのは良かったです。
ハセツネ30の時のように「明らかに無理」という状況ではないと分かった幸福な一瞬でした。

************

f0202990_23374624.jpgHasetsune 30Kというすごく狭い範囲でしか考えていなかった私。
恥ずかしい限りですが、これしか私にはできないのです。

ところが、この範囲を超えた状況になるとは想定外でした。

神流はパラアスリートを支援しているレースで、
Fさんの他に、パラオリンピック強化選手も出走していました。

Fさんに道を譲っていただく・・・、
まさかこのような状況になるとは。
後ろから、一緒に下りたかったのですが
どうしても関門をクリアしたいというエゴしかありませんでした。


来年の30Kのパラアスリートにどのような選手に出て頂きたいか。
2年前、何も考えずにはじめた「30K パラアスリート出走」ですが、
私の中で少しずつ変わりつつあります。
少しでも自信がつき、ご家族がハッピーになることしか考えていませんでした。
きっかけはそれで良かった。

Fさんの挑戦する姿、
もっともっと真剣なんだと。
健常者もパラアスリートも関係ない、ただ、まっしぐらに進んでいるのです。


日々、努力をしているアスリートに出走してほしいと思うようになりました。
理想論というのは承知です。
でもね、健常者もパラアスリートも同じと思い始めたのです。
30Kのためではなく日々切磋琢磨、練習をしています。
パラアスリートを支援する方々の熱い想い、
パラアスリートは自分自身、支援して下さる方々、自分自身、ひたすらすごく努力しているのです。
ある意味、遊びではない、イベントではないのです。

私も同じかもしれない。山走り、レースは遊びじゃない。
自分自身を保つために必要だから。

パラアスリートも健常者も同じ、
日々、努力しているアスリートに出走してほしいと。










[PR]

# by usako_sasashin | 2016-11-28 00:34 | Trail | Comments(2)
2016年 11月 26日

2nd Fun Trails 100K ボランティア

今週は、50?年ぶりに11月に雪でしたね。
先週はFTR100Kのボランティア、雪がレース後でよかったです。

トップ選手は菊嶋さん。軽やかにフィニッシュ。おめでとうございます。




f0202990_22484485.jpg大会プロデューサーは大忙し。
ゲートを組立て直したり、

f0202990_22562761.jpgTシャツの宣伝を書いたり。


一番大事なのは、選手のお迎え♪。


f0202990_22561124.jpg夜が明け一番寒い時間。ストーブで暖まります。


夜、寒くてウロウロしていると、ストーブが5台、パイプ椅子が数十、
神社脇に放置されていました。


確認すると、非常時のために予備として置いてあると。
非常時っていつ?
今、選手がゴールして急激に冷えるのを防ぐためにストーブが必要です。
座って休めるように椅子とストーブをゴール付近に配置完了~♪。

エリートランナーにはわからないかもしれませんね。



f0202990_22560666.jpg秩父神社にお参り。




f0202990_22563073.jpg見事な銀杏 & 飛行機雲。



f0202990_22562317.jpgアーチを作って最終ランナーをお出迎え。
雨のスタートから32時間。
最後まであきらめずにすごい♪。
完走おめでとうございます。感動しますね。

撤収作業をして、長い1日が終わりました。
Fun Trails、とてもいいレースです。
奥宮さんのお人柄、「テンネン」ですが、
事務局、ボランティア、コース、
そして選手が熱い!。


たくさんのランナーからパワーを頂きました。
来年は、さらにいいレースになりますように♪。








[PR]

# by usako_sasashin | 2016-11-26 23:49 | Trail | Comments(0)
2016年 11月 16日

第8回 神流マウンテンラン&ウォーク

最高のお天気でしたね。
4年ぶりに神流のレースに参加しました。
スーパーペアクラス、51.6km。このレースの勝敗は、40kmの持倉の関門を越えれるかどうかです。

f0202990_19030834.png

f0202990_1655287.jpg【参加記録】

2010年 ロング(40km) 完走(年代別3位)
2011年 スーパーロングペア(50km) 完走、ブルーラビッツ結成♪、ペア初レースでした。
2012年 スーパーロングペア(50km) ← DNF(40km地点)

前年度に完走していることに緩みが生じ・・・なんと関門1分間に間に合わないという痛恨のミス。
笑い話にもならないくらい、ダメージがひどくしばらくペア活動を休止。
ロゲに参戦したり、ビィル会は常にね。

そして今年、4年ぶりに神流へ♪

2016年 スーパーロングペア(51.6km) 再挑戦、ブルーラビッツの結果はいかに・・・。



f0202990_16554594.jpg6:00 夜明けとともに緩やかにスタート。

前夜祭でも骨酒を堪能、すっかりレースモードではないのですが、
走りだすとマジモード全開♪。

ペアは前後10m以上離れてはいけない規則ですが、
ブルーラビッツは個性ペア。
ほとんど前後にいることはありません。
自由気ままなですが、チームワークは超ばっちりなのです。

f0202990_16561581.jpg群馬県で最も過疎化、老年化している神流町。
鏑木さんが町興しで始めたこのレース、町の方々が楽しみにしているそうです。
そして、町の方々がとても鏑木さんに感謝しているのがとても印象的でした。

家のまえで応援しくださる、おじいちゃん、おばあちゃん。
ハイタッチをしてくれるちびっこ達。
すごくうれしくなっちゃう♪。



f0202990_16563511.jpg山と林道を出たり入ったり。最高の景色~♪。

神流の山々は1400mくらいなので富士山はチラッと端が見えるくらい。


f0202990_1763844.jpgカブさんのメッセージ、大笑い。
前に参加したセミナーで、「自分のステップに酔う」と話されていました。

途中、お会いしたワラーチのペアボーイズ。。
歌いながら楽しんでいる♪。
山頂につくと気持ちよさそう「やっほ~♪」。
「やっほ~♪」と私が小声でね。

「この山はノリがいいな」ですって。
ナイス!。
言葉遊びができるかどうかはとても重要よね。




f0202990_16574130.jpg相方が疲れてきたみたい。
大丈夫かな・・・。無理は禁物。
私が待ってると、「ごめんね」と。
ごめんね・・・なんてないからね。

誘導の方に
「ペアの方と大分離れてます?」
「すぐうしろにいまーす」

そういえば、前回も他の選手に
「ペアのかた後ろで転んで倒れてますよ」
と教えてもらったことも。
その後、相方はスイッチが入り激走モードになりました。
私も相方もマイペース♪。
相方は、昨年、体調を崩し入院。
元気になってくれて本当にうれしい。
体力落ちたと話しているけど、バイクもスイムもばっちり。
さすが、トライアスリート♪。

今年は、元気になった相方とどうしても完走したいと思って
「久しぶりにエントリしようよ♪」と話したら0関門突破してくれたのです。

持倉までのヘアピンカーブの下りが約2.7km。
時折立ち止まるけど・・・、
ここで待っていても意味がないから
登山口まで降りて待つことに先を進みます。
途中、30Kパラアスリートに出走して下さったFさんにも道を譲っていただきました。
ありがとうございます。

f0202990_16582996.jpg下山口で待つ事数分、相方が降りてきた。
残り、約5分。
ここから関門まで上り約700m・・・走り続ける。

残り3分・・・、無理かもしれない。
いや、相方は必ずクリアする。
もう、時計は見ない。

持倉に着くと、ワラーチボーイズが待っていてくれました。

「もう一人は?」
「うしろ・・。」





見えない相方に叫ぶ。
「Y子ちゃん、あと2分、ダッシュ!」
ワラーチボーイズもエイドの方々がみんなで、
「Y子ちゃん、急いで、」と大声で応援してくれる。

相方が見えた♪。

関門、1分30秒前に到着。

f0202990_1657568.jpgここからは、素敵な紅葉が迎えてくれました。

残り10km、2時間半で進めばOK。

相方、途中、手が震えて涙がでてきたと。
本当によく、頑張ってくれました。
ここからは、本来のペアのあり方、二人で進むことに。

やっほっ~♪。


f0202990_1781063.jpg走れるトレイルが神流の特徴。





f0202990_1658951.jpgゴール手前、約600m、
すでにゴールしたワラーチボーイズのお二人が迎えに来てくれました。

わぁ~、びっくりです。
うれしい~♪。
彼らに誘導されて無事にフィニッシュしました。

ブルーラビッツ、復活しました♪。

帰りのバスは、二人で宴会。
ビール数本、ワイン1本。






ペアレースは、一人で走るよりはるかに難しいですが、
喜びは300倍です。
5年ぶりに二人で完走できた事、本当に私の大きな宝になりました。

相方、いつもいつもありがと。
次はどこで珍道中する?


一期一会。
レースを楽しくしてくれた、ワラーチボーイズのお二人に感謝。
また、どこかの山でお会いするのを楽しみにしてますね。

神流町のみなさま、鏑木さん、ボランティア・お会いした皆様、
楽しい時間をありがとうございました。

今回のレースは、私に様々な事を気づかせてくれました。

企業がスポンサーにつき、贅沢な参加賞や儲かるレースが大半以上占める昨今。
主催者は選手を選び、参加者もレースを選びます。
レースが増え過剰人気のレースと未定員になるレース。
どんなレースに出るかは個人の自由、
もちろん、私も華やかなレースにでます。
同時に、町の活性化に繋がるようなレースを応援したいとあらためて思っています。






[PR]

# by usako_sasashin | 2016-11-16 23:12 | Trail | Comments(2)