2016年 10月 30日

第24回日本山岳耐久レース⑤ ジェル

お休みの日は晴れてほしいのにね。

ジェルが苦手です。
種類が増えましたね。ハセツネでCLIFジェルを持ったのですが、
甘すぎるのと、他のジェルに比べて固いので吸引力も必要で1個食してもう無理でした。
結局、私には、カロリーメイトジェルや、PBブランドの100円ジェルがあってみるみたい。
もちろん、ハイパフォーマンスジェルよりは機能も落ち、嵩張りますけどね。

f0202990_236162.jpg今回のレースで一番おいしくてよかったのがこのコーヒージェル。
レース前に頂きました。

甘味が付加されたタイプとブラックの2種類。

まだ、試作段階だそうです。
ブラックは、最後の日の出で頂きました。
ソフトなコーヒーゼリーが口の中に広がり、苦さとカフェインで覚醒♪。

おいしい~♪。
大好き♪。


f0202990_237429.jpgスイートタイプは、お家で頂きました。
グラスに入れて無調整豆乳と一緒にしてみました。

ちょっと贅沢なコーヒーゼリー♪
セミスイート♪

はやく商品化されたらいいな。

札幌・SATO COFFEE




[PR]

# by usako_sasashin | 2016-10-30 00:19 | ハセツネ | Comments(0)
2016年 10月 24日

七ツ石山

10月最終週になりました。
ハセツネから2週間、走ることが嫌いなの・・・というくらい走ろうとしないのです。
先月から続く昼間のプレッシャー、コンクリート心臓の私でもぐったり。

f0202990_23434910.jpg山に行けば元気になれる。

標高343mの奥多摩駅。
今年何度目だろう・・・5/7、5/21、6/11。

雲取山2,017 mまで続く石尾根は約20km。
ひたすら上り続けることができ
ピーク越え、まき道と選択肢があり強度調整可能な練習コース。

そして、自分をリセットするためには適度な緊張感と心地よさが入り混じる最適な山。

装備は夏も冬もリュックの重量はかわらない。
水の量が減り、防寒具、ライトはヘッドとハンドの2本へと変わる。

f0202990_23562526.jpgぼーっと歩いていいたせいか、石尾根登山口をスルーしてしまう。
羽黒三田神社入口まで戻りロスタイム約30分。

今日の山行は注意深くいかないとと自分に言い聞かせる。


ところどころ黄色に色づいた木々。
新緑から深緑・・・そして緑黄へ。
今年は、紅葉が一週間くらい遅れているそうだ。

葉が落ち樹林の隙間が増え、登山道が明るくなったような気がする。
日々変化している山・・・。


f0202990_2331432.jpgこの時期になると山草花にはお目にかかれないね・・・と思っていると、
イソギンチャクみたいな花が迎えてくれた。

「コウヤボウキ」 by ランニコ植物課長代理。

確かに箒みたい♪。

f0202990_23231625.jpg標高:1206m。
六つ石山まで一気に急斜面に変わる。
ヌルヌル行くよ~♪、と足を運ぶ。
練習不足から関節が上手く動いてくれない。
体幹もぶれまくり。

今日はリセット登山だから、ゆっくり行けばいいじゃない?
と自分に言い聞かせてみるが、納得がいかない。

イライラ・・・・短気は損気、相手は自分の中の自分。
もっともっといつでも動けるようになりたいのに。

じゃあ、言訳なしね。
今だけに集中するだけ。

Just do it。

f0202990_23491631.jpg空を見上げると、素敵な色が飛び込んできた。

やっほ~、これよこれ♪。
私が欲しかったのは。
うれしい~♪

f0202990_23264352.jpgさらに美しい色に癒される。
りんどうかな。
日本の伝統色、大好きな色♪。

f0202990_23251445.jpg鷹巣山避難小屋に到着。

いつもは満席の小屋テーブル。
今日は、先客がお二人だけ。

水を消費していない事に気がつき、意識して飲む。

いつの間にか、空が薄暗くなり、気温も下がり始める。
レインウェアはあるが、今日は雨が降りはじめたら下山しようと決めていた。

f0202990_23572538.jpg山頂には登山客が10名くらい。
みなさん、どこから上がってきたのかな。

ビックリ!標識がゴージャスな大理石風に。
ここだけ近代的な都会の標識・・・違和感。

自然に風化した朽ちた木の標識が好きだった。

f0202990_23272516.jpg厚い雲と雲取山。
厚い雲が自分に重くのしかかる。

山頂まで行き、鴨沢からバスで奥多摩駅・・・。
ポツポツと雨、やはり下山しよう。

f0202990_23293813.jpg奥多摩駅前、
クラフトビールのお店。

「Vertere


往復コンプリートしてないけど、ご褒美♪。
いいよね、自分・・・。

f0202990_23295521.jpg大好きなヴァイツェン~♪。

テラス席が好き。
外が好き。

リセット開始・・・50%完了。

11月からスタートする為に、今週は準備期間。


年内もう一度、今度は石尾根往復♪。







[PR]

# by usako_sasashin | 2016-10-24 23:25 | 奥多摩 | Comments(0)
2016年 10月 22日

第24回日本山岳耐久レース⑤ 比較

今朝は起きたら7:00!。え~っ、私の山行はどうなちゃったのよん。
目覚まし壊れてるの?

f0202990_20524227.png過去データをまとめてみました。
一番うれしいのは、スタートは遅くても第一関門まで短縮できていた~♪。
そして!
一番ストックを必要とする第2関門から第3関門までもストックがある時とほぼかわらいない。
来年のハセツネ、ストックは使わない。

しかし・・・、毎年ほとんど進歩がないこのタイム。
がっかりだわ。


15時間代ゴール、来年の夢物語。

現実にするかは・・・watashi。
[PR]

# by usako_sasashin | 2016-10-22 21:08 | Comments(2)
2016年 10月 20日

第24回日本山岳耐久レース④ スタート分類

寒くなったり暑くなったり・・・女心と秋の空♪ですね。
連続勤務9日目・・・。今日は代休~♪

***** ハセツネフリーク、"ショムニ企画" sasashinさんに聴く! *****

ショムニ企画 : sasashinさん、だいぶお疲れのようですが・・・。
sasashin   : あっ、そんな風に見えますか?。
           お部屋の電気が暗いからだと思いますw。
           体力は絶好調ですよん♪。よく、お肌の曲がり角は40歳と言われますが、まだあと2年もありますし・・・。
       
ショ : そっ・・そーですか。救急車をよびますね。以上、現場からショムニ企画がお伝えしました。

**************************************************

f0202990_23103221.jpg10時前に会場に到着、受付完了。
「頑張ってください」と、ありがとうございます♪。
気持ちが引き締まりますね。

体育館のショップもチェックしたいのですが、更衣室へGO!
年々、女性走者が増え、すぐに場所がなくなるのです。
何とか、4人分の場所を確保できました。

スタートまであと3時間もあるのでのんびり着替えたり、リュックの中身を出したりしまったり。
埒が明かない。
今朝の気温は思った以上に高くて湿気状況から・・・いやな予感。
過去にも同じような事がありました。

2011年のハセツネ
台風で朝から土砂振りだったのですが、スタート前に雨があがり晴天になったのです。
西原峠手前で水がなくなり、脱水症状。月夜見までの約10kmは
体温をあげることを避けるためにすべて歩きました。

月夜見で水を一気に飲み干したら・・・。
5分後、吐き気になりました。

干からびている胃に一気に水を流し込んだ状態です。
フライパンでレバーを焼くと、すぐに片面が焼けて固くなります。
まさに、この状態だったと思うのです。乾燥しきった胃は水を吸収できないのです。

脱水症状には、OS1やポカリスエットを少しずつ胃に流し込むと吸収でき回復するそうです。
それ以来、OS1は必須アイテムになりました。


厚手のレインウェアから薄手へ、食料を減らして水を2.5LTにしました。
(月夜見手前で消費)


f0202990_23391331.jpg12:30、校庭にむかうと、おっくん♪。

f0202990_23105020.jpg今年は、ぐるっとまわらないと校庭に入れないように工夫されていました。
さらに、完走タイムの区分けも小刻みに。
16時間のところにで待機です。

f0202990_23132220.jpg同じレースでありながら、この16時間以降はのんびりモードです。
装備も駿足ランナーの2倍お荷物ですから、リュックも大きい~♪。
スタート前の落ち着かない状態をなごませてくれます。

f0202990_23161715.jpg13:00 スタートです。
ここでも昨年のように一気にスタートするのではなく、
分類された時間ごとに前に進むように改善されていました。ナイス♪。

毎年、渋滞問題になり、
特にSUB11-SUSB14の選手に大きく影響しています。
この渋滞を解決するために、事務局は試行錯誤を繰り返しています。

もちろん、年々、出走者数が増えていることも大きな要因です。
また、実際の走力と並んでいる完走タイムの違うランナーが多いという事実です。
これを少しでも解決する方法として、
昨年より、スタートと実際にスタートするまでの時間を完走リストに明記するようになりました。


さて、今年は改善されたでしょうか。







[PR]

# by usako_sasashin | 2016-10-20 00:47 | Comments(0)
2016年 10月 16日

富士登山競走 記録証

封を開けずに置きっ放しにしていたのです。
Tシャツはなかった・・・。

f0202990_1202963.jpg DNF

[PR]

# by usako_sasashin | 2016-10-16 12:00 | 富士登山 | Comments(0)
2016年 10月 16日

第24回日本山岳耐久レース③ 装備

雨の降らない週末は何週間ぶりでしょうね。
土日は休日出勤で終わりそう。先週のレースを思い出しながら山気分~♪。

f0202990_238594.jpg【装備】
リュック :  UD/ADVENTURE VESTA (11.2L )
ライト :  ペツルNAO、予備バッテリx1、GENTOS 閃 SG-325、予備単4x6、ソリテール、
       イエローカバー
シューズ : アシックスLADY GEL- FujiPro
レインウェア : ノースフェース ストライクトレイルフーディ(上)
          MontBell バーサライトパンツ(下)
ウェア : アークテリクス フェイズクルー 半袖、パタゴニア ショートパンツ、C3fit ゲーター、
      靴下ドライマックス、バフx2、アームカバー、MontBell EXライト ウインド ジャケット
      アークテリクス モータス クルー(着替え・長袖)
エマージェンシーキット : コンタクトレンズ、サバイバルシート、携帯トイレ、テープ、リステリン、
                 薬(ロキソニン、カフェモカ、胃薬)、バンドエイド、目薬、リップクリーム、
その他 : バイザー、手ぬぐい、サロモングローブ、ファイントラック薄手グローブ



【食料】
水 : 麦茶 670m、水 500ml x 2、ボトルにOS1 650ml、豆乳パック200ml、 合計2.5LT
ジェル : Amino 赤ジェルx 3、サバス pitin x 1、クリフジェル x 4(1個のみ消費)、
       TopSpeed x 3(2個のみ消費)、OS1ジェル x1、コーヒーゼリー x 2、
その他 : クリフバー(1口のみ)、クリフバーグミ(1個のみ) 、塩パン1個、ダークマスターチョコ(未)、
       トレイルバー(1口のみ)、塩タブ


f0202990_0172918.jpg***** ハセツネアディクト、"ショムニ企画" sasashinさんインタビュー *****

ショムニ企画:sasashinさん、引き続きよろしくお願いします。
sasashin:こちらこそ、よろしくお願いします。

ショ : さて、今年の装備について教えてください。
sa : 昨年は10月末なのでロングタイツや厚手ウェアでしたが、今年は例年の10月初め開催。
     タイツや厚手の防寒着は不要と考え、すべて薄手のウェアにしました。
    特に、最高に重宝したのが「MontBell EXライト ウインド ジャケット」です。
    手のひらサイズでありながら、保温性があり脇がメッシュなので適度に通気性がよくもう◎♪。
     やはり、国産メーカーモンベルはコスパ抜群です。
ショ : 途中、レインウェアはきましたか。
sa : 西原峠あたりで少し降り出したのでノースの上を着たのですが、暑くて大変でした。
     もともと暑がりなので。


ショ :  いつも水で苦労されるようですが、今年はどうでしたか。
sa : 渋滞のおかげで突っ走ることはなかったのですが、湿気、無風状態で熱中症になりました。
     飲んでも飲んでも喉が渇き、ヤバいと思いました。
     水の消費を防ぐために、一気に飲むのではなく、少し口の中で含ませ、
     少しずつ胃に落とすようにしました。
     OS1ジェル、いつもお守りのようにリュックい入れておくのですが、
     やはり今回もこれに助けられました。速効性があり、もう1個あれば・・・と何度も思いました。

ショ : 塩パンに驚いたのですが・・・。
sa : マイブーム♪なんです。
    毎回、三頭山避難小屋で休憩をするのですが、今年は、何食べようかなと楽しみなんです。
    結局、小屋に入るとすぐに30分位過ぎてしまうので、三頭山頂で10分休憩にしました。
    大好きな豆乳とともに食べました。今回の食糧で一番おいしかった~♪。
        
ショ : ジェルはどうでしたか。
sa : 甘さの強い食べ物に弱くて・・・。クリフジェルは固めで吸引力が必要です。
     頬の筋力が必要なので疲れるのです。あと甘すぎる!
     やはり、カロリーメイトジェルやアミノジェルのように、甘さが弱いジェルのほうが合うみたいです。
     難点は、重くなることですが。

     日の出山で10分休憩し、ブラックコーヒージェリーを食べたのですが
     苦くて、頭がスッキリ。カフェイン効果で覚醒されたみたいで金毘羅尾根が楽しかったです。

ショ : ランニコ部の方からもご質問がありましたが、ロキソニンなど薬を服用されてますね。
sa : トレランを始めたころは、本当に膝の痛みなどがあり薬を服用しました。
     ここ数年、ロキソニンはお守りとして持ちますが使用することはなくなりました。
     それから、テーピングも全くしません。
     膝のテーピングは保温にはいいとおもいますが、足首も変な制御がかかると余計他の個所に
     影響があり痛くなる気がします。

     痛いのは当たり前ですからね。なんか、だんだんシンプルになってますね。
    
ショ : ストックは使いましたか。
sa : 過去2回はストックを使用しましたが今年はやめました。
     重心移動でぬるぬる責めるには、ストックは邪魔だと思ったからです。
     正解でした。ストックに頼ることはなく、御前山の上りでストックがあればと思いましたが、
     それ以外は、ストックを思い浮かべる事もなく、ただひたすら、上ることが楽しかったです。

******************************
「ぬるぬる、重心移動で上る」 最後まで意識し続けました。
途中、疲れてくると姿勢をかえてみたり。
緩やかな上り、平地、下りは小走り。

もっと上りを強化して来年は富士山頂へたどり着きますから♪






   
[PR]

# by usako_sasashin | 2016-10-16 01:08 | ハセツネ | Comments(0)
2016年 10月 15日

Bob Dylan

秋晴れですね。山にいきたいのに・・・。


どちらかというと好きじゃないけれど、このCMは好き。
人工知能は予測できたでしょうかね・・・斬新的なノーベル文学賞。







[PR]

# by usako_sasashin | 2016-10-15 15:47 | その他 | Comments(0)
2016年 10月 13日

第24回日本山岳耐久レース② チーム完走♪

肌寒くなりましたね。

ハセツネをこよなく愛する"ショムニ企画"では、今年のハセツネについてsasashinさんにお聞きしてみました。

f0202990_2383446.png

******************

ショムニ企画:sasashinさん、完走おめでとうございます。
sasashin:ありがとうございます。

ショ:今年で9回目ですね。今までのハセツネで印象に残ることを教えてください。
sa :毎年、いろんなことが起きますが、2回目にリタイアしたことは今でもレース中に思い出します。
   体調不良と滑落妄想でオオダワでリタイアしたのですが、歩いても完走できる時間でしたので、
それ以降、どんなに辛くても歩いてでも完走することを決めました。

ショ:今年は目標とかありましたか。
sa :はい。50代年代別6位に入る、ストックを使わずに上る、最後まっで走れることでした。
   年代別には全く足元にもおよびませんでしたが、最後まで楽しく動けました。

ショ:一番うれしかった事はなんですか。
sa :チームエントリに入れていただいたのですが、なんとはじめてチーム完走に名前が載りました!
   次世代宇宙的駿足ランナー集団「ランニコ部」にノロノロのsasashinをメンバーに入れてくださいました。
   もちろん、レースは個人戦なのですが、チームメンバーという事がとても励みになりました。

******************
チームエントリに入れて下さったランニコ部のみなさま、お礼を申し上げます。

チームリザルト


 
17th 日本山岳耐久レース①

17th 日本山岳耐久レース②


[PR]

# by usako_sasashin | 2016-10-13 23:49 | ハセツネ | Comments(3)
2016年 10月 11日

第24回日本山岳耐久レース① 完走

恒例の秋の大運動会が終わりました。

f0202990_2234182.png

PB更新はできませんでしたが、完走いたしました。

本当に不思議なレースです。
こんなに一期一会を感じさせるレースはハセツネだけのように思います。
詳細は後ほど。

ハセツネの山々、大会でおあいしたみなさま、ありがとうございました。





[PR]

# by usako_sasashin | 2016-10-11 23:33 | ハセツネ | Comments(0)
2016年 10月 08日

イエローフィルター

明日はお昼頃少し雨が降るみたいですね。

f0202990_2229118.jpgプリズム対策、どうしよう・・・。

先日購入したGentos閃、
大好きなパン屋さんのビニール袋で被せてみました。
クリアじゃないけど・・・応急処置ね。
できればイエローフィルターは使わずに行けるといいのですが。

f0202990_22274537.jpg明日は、8回目のハセツネ。
2年ぶりにストックなしで臨みます。

時が許す限りやりましたと言い切りたいのですが、
練習時間と仕事疲れをとる時間を天秤にかけ、休息を優先したこの10日間。
もう駆引きとか大嫌い!・・・ストレスMAXだわ。
せめて、仕事以外の時間は焦るよりもこころ静かに生きることだけを考えてきました。
プライベートまでストレスだらけなったら最悪だもの。

今に集中~♪。


さて、吉とでるか凶とでるか・・・、
どちらでもいいのです。

こんな練習不足でどこまでやれるかな・・・、
実は、とってもwakuwakuしているのです。

明日という日は1回だけ。
全力で楽しんできますね♪。

f0202990_23364898.png今年の表紙はおっくん~♪。
こんな真剣な表情、初めて見たかも。Super Cool~♪

お会いするみなさま、ハセツネの山々、よろしくお願いいたします。




大会パンフレット、いつも所属ブランクでエントリしてるのですが、
事務局が勝手に東京ハセツネクラブと追加してるんだけど。。。



[PR]

# by usako_sasashin | 2016-10-08 23:42 | ハセツネ | Comments(0)
2016年 10月 02日

GENTOS 閃 SG-325

久しぶりに晴れましたね。
先週は12時間勤務の連続でさすがに疲れました。
・・・要領が悪るすぎ・・・watashi。

この週末は、山にもいかずダラコなsasashinです。ハセツネ・・・大丈夫?。

f0202990_234154.jpgハンドライトを購入しました。

現在使用している古いSG325。もう8年前くらいの製品。
ヘッドランプと併用であればソリテールで十分と先日の箱根で実感したのですが、
少しでも足元を明るく動けるようにしたいのでデバイスに頼ることに。


f0202990_234277.jpgGENTOS 閃 SG-325
こんなに明るさが違う♪
一回りくらい大きくなりましたが、
バッテリーはリチウム電池から単4x3になりコストパフォーマンスが向上しました。

今気がついた!SG-335を購入したと思ったら325だった・・・。
200ルーメン or 150ルーメン。
まぁ、どっちも変わらないよねっ、びよ~ン♪・・・。


そう考えると、単4x1のソリテールってすごい!。

この2年、ストックを持ちましたが、今年は無でスタートします。
ヌルヌルでどこまでやれるか・・・、これがとても楽しみなのです。
最後の日の出も重心移動できる事、

「最後まで全力で上る」

これが一番の目標です。








[PR]

# by usako_sasashin | 2016-10-02 23:27 | Trail | Comments(0)
2016年 09月 27日

一般財団法人日本トレイルランニング協会

今日は蒸暑かったですね。

f0202990_23204858.jpgご案内を頂いたので情報を整理してみようかなと思って・・・。


日本トレイルランニング会議
日本トレイルランナーズ協会

上記が一つにまとまったという事らしいです。

ふ~ンと全く興味がない私。

石川さんのお名前がリストされていましたが、
注目の大会プロデューサーの参加されてないのですね。
メインスポンサーが代行されているのかな・・・。


どうでもいいこと・・・。

f0202990_2315677.jpgトレイルレースも、山歩きも大好き♪。
30Kのお手伝いは続けます。

ルールを決めたり、啓蒙活動はプロの方にお任せするのが一番。

趣味の世界==自由と思いますから。
もちろん、山にゴミを捨てないとか・・・人としてモラルは守りますよん。



f0202990_23292335.jpg伝説のOSJ箱根50K
確かにここはレースをするところではないかもしれませんね。



今週末は山にいけたらいいな♪。






[PR]

# by usako_sasashin | 2016-09-27 23:36 | Trail | Comments(0)
2016年 09月 24日

UTMF 2016

雨が降り続きましたね。
昨年との降水量の比較はわかりませんが、少なくとも昨年は警戒警報はありませんでした。
今年はさらに警戒を要する事態だったと思います。

2008年、OSJ志賀野反に出ました。
おそらく、今であれば大会中止になるレースです。腰までの水たまりをいくつも越えてまるで溶岩のようい流れる泥、
引き返すランナー。まるで、災害で避難しているようでした。
このレースの経験からどんなレースもこの状況を上回ることがなく、正直、免疫ができました。
怖いものなしというか、雨や泥沼はもう慣れっこです。

大会側はかつてない安全を重視しています。新たな次世代ランナーが増え当然ですよね。


はじめて、参加した2010年CCC時もスタートから暗雲が立ち込め雨でした。
下りの泥まみれ、増水したガレバをわたったりアドベンチャーでした。
エイドで、「すごいね、がんばってるね!」と泥だらけのタイツを拭いてくれたイタリア人のおじさま、
さすが、ストレートに褒めることがお国柄のジェントルマン。

85kmのトリエンで何も解らずレースを続行しようとすると
「You can't go anymore・・・」と言われレースが終了しました。

完走できる自信があったので、途中で終了になったことに涙が止まりませんでした。

そして、2012年、UTMBが悪天候のため。102lkmに変更になりました。
これも、正直、景色がかわらず、同じところをぐるぐる回り辛かったのですが、
自然驚異には速やかに従うというのが一番大切だということを学びました。

うまく表現できませんが、今です。
自然現象や自己の体調などすべてが上手くかみ合わさる・・・と初めてチャンスが
舞い降ります。自分がどんなに万全でもパーフェクトではないのです。
だから、今と思うようになりました。

来年はないかもしれない。

だから、今がすべて。
大会事務局がどのような判断を下しても、すべて今を生かすも殺すも自分次第。
どんな状況でも精一杯動けば悔いはありません。

大会実行委員長が短縮距離を説明した際に、選手の前で涙を流したということ。
なぜ?悲しいのはこの大会に向けてお金を払った選手、あなたが泣いたら意味がないでしょう。
大会がショートになって練習してきた選手がかわいそうだから?
厳しいかもしれないけれど、泣きたいのは選手です。

それよりも、短くなっても精一杯、ベストを尽くしてほしいと笑顔で選手を鼓舞しながら説明するのが役目ではないですか。

私も悔し涙はよく流します。

実行委員長としての立場を考えたら涙はながせない。選手はもっと悲しいから。


鏑木さんのブログ







[PR]

# by usako_sasashin | 2016-09-24 02:02 | UTMF | Comments(0)
2016年 09月 20日

Vibram HK100 2017 エントリ完了

台風直撃、どうぞ気をつけてくださいね。

f0202990_21362539.png来年のVibram HK100Kにエントリいたしました。
3回目の出走ができそうです♪。

今年は抽選に外れたので出走できなかったのですが、
大会史上初の雪が降り大変なレースだったようです。


f0202990_21514685.jpg過去のタイム:
2014年 22:12:35
2015年 22:45:34

24時間以内完走者には、ブロンズトロフィーです。
来年は、20時間以内ゴールを目指して、シルバートロフィー~♪。


・16時間以内 A Gold Award trophy
・20時間以内 A Silver Award trophy
・24時間以内 A Bronze Award trophy
・ A medal for participants finishing in over 24 hours but under 30 hours

6か月、1年、2年、何となくいつの間にか時間が過ぎていきます。
明日何が起きるかわからないですからね。
無駄な時間を過ごさないように、今に集中、今を生きないとね。
[PR]

# by usako_sasashin | 2016-09-20 22:02 | HK100 | Comments(0)
2016年 09月 19日

秋の外輪

秋雨ですね。
三連休の土曜日、箱根外輪に行ってきました。

f0202990_19395738.jpgこの夏、一度もロング走をしておらず・・・。
ハセツネ走れるの?

危機感が迫る日々。
ハセツネ試走、雲取、おそらく場所はどこも同じ。
ひとりのんびりロング走は大好き♪。でも、今必要なのは・・・。

要は、ある一定のスピードを保ちながらロング走を続けられるかが問題なのです。

お願いしたら奇特な方々がご一緒してくださることになりました。

「鬼ごっこタイムトライアル、12時半、金時山山頂集合♪」

私を追いかけて各自皆様がタイムラグでスタートします。
追い抜かれないように頑張る、
皆様はネズミを捕獲できるように激走していただくという単純なシステム。


f0202990_1852386.jpg前回は5月の連休、新緑でした。

7時、箱根湯本スタート。
静かな山道、秋の山になっていました。

わぁ・・、夜中のクモさんの活動がすごいみたいでクモの巣だらけ!。
掃っても掃っても顔にまとわりつきます。
助けて~♪

・・・確か、蜘蛛の巣ってコラーゲンと聞いたことが?。
美しいお肌になるためにはクモの巣も平気ですからね♪。


f0202990_1901044.jpg写真をとりながら、上りもぬるぬると足をすすめます。
なんとかここまで追い抜かれずに到着。

だーれにもすれ違うことなく明神ヶ岳に。
ここも誰もいない♪。やっほ~、山頂占拠。

休憩10分。フジアザミが満開でした。
富士山は心の中で見えるから。

f0202990_1904222.jpgアゲハチョウ。
美しい羽根を広げて下さるのを待っていたのですが鬼さんが迫っているので。

f0202990_1905750.jpg金時山まで逃げ切れるでしょうか。
前日までの雨。
路面が滑ります。もう、本当に下りが下手すぎますね。

シューズにつま先があたるので紐の位置を修正、
いつもはしない足首まで紐を通して結び変えてみました。
シューズはブルックス、「ピュアグリッド」。
今日は試すことがたくさん。

f0202990_1918535.jpgゲンノショウコ。
Running Cobra植物課長に教えていただきました。ありがとうございます。

f0202990_19323619.jpgお天気が悪く、レース前なのか本当に人が少ない山頂でした。

うれしい~♪、鬼さんこちらですよん。
捕獲されて網に入るところでしたが逃げ切れました。


f0202990_19412272.jpgここまで、途中休憩したり写真をとったりしましたが、走れるところは全力。
4時間55分。
もしかしたら次回は4時間30分でいけるかも?。

今日の1つめの目標はクリア。
あとはのんびり~♪の予定でしたが・・・。

続々3人の鬼さん達が到着。
まあ、湖尻あたりでバスかな?なんて思いつつ
強気の発言のわたし・・・。

「今日はなんとしても湯本まで行くからね。」
「もうここで終了ですよ・・・。」

休憩をしてスタートすると、マッタリモードの私、
瞬時にスイッチが入った先鋭3人組み。
さすが、某部長の部員だわ・・・。



f0202990_19463724.jpg個性ある三銃士のみなさま。
走ることに熱い秘めたる想いをお持ちです。


追いつくために必死なのでこの後写真はほとんど撮れませんでした。



f0202990_2203381.jpgSTYに出走するカラ松選手は元箱根で終了。
STY激走されますように♪。

箱根駅伝復路コースで湯坂路入口へ。
二銃士のお二人には先に行っていただきました。
途中、心配で足を緩めて下さり気を使ってっくださりありがとうございます。

実はここで試したかったのは、ヘッドライトなし、ソリテールのみでどれだけ見えて動けるのかを確認する事でした。
段差もガレ場もこのライトで十分動ける事がわかりました。
これとヘッドライトがあればパーフェクト。

f0202990_2205113.jpg湯坂路出口でお二人が迎えてくれて終了・・・と思ったら、

「残念なことに50kまであと少したりない」
「えっ、駅まで走りましょ」

21時19分、外輪1周50km、コンプリート~♪。

やった♪、ハセツネに向けてとてもいい練習ができました。

機会をくださった、ランニコ部長、部員のみなさまお礼を申し上げます。

ハセツネまで3週間、全力で行きますね。


箱根湯本駅(7:00)~阿弥陀寺(7:24)~塔ノ峰(7:58)~トレイル入口(8:14)~明星ヶ岳(9:05)~明神ヶ岳(9:59)~火打山分岐(10:38)~矢倉峠(11:15)~金時山(11:58)

12:23 鬼1さん到着
12:47 鬼2さん到着
13:31 鬼3さん到着

金時山スタート(14:01)~料金所(15:18)~湖尻峠下(15:28)~湖畔出口分岐(17:46)~コンビニ休憩~湯坂路入口(19:36)~箱根湯本(21:18)






[PR]

# by usako_sasashin | 2016-09-19 22:41 | 箱根 | Comments(0)