2016年 07月 01日

吉田口ルート山開き

今日から7月ですね。

そして、富士山の山開き~♪。
吉田口以外の登山道は7/10からなのですね。知らなかった・・・、全部同時期だと思っていました。

先週日曜日、吉田口五合目から一足早く山頂へ。
途中、ガスっていたので山頂アタックをあきらめていたのですが、
女神が迎えてくれました♪。



f0202990_2311530.jpg7合目付近、整備してくださる方々に感謝して通ります。
「こんにちは~♪、ありがとうございます」

お仕事中なのに「こんにちは」と、うれしくなりますね。

岩場、手を使いながら進むのですが、次の一歩を踏み出す前に
ルートファインディングをしなくてはならず、立止まってばかり。

f0202990_11505693.jpg砂礫では、重心移動をしながらぬるぬる歩きます。
高度順応ができておらず、肺に空気が入らなくなり、苦しい・・・休憩。
体内に空気が循環しなくり、
急な温度変化に手先が冷たく白くなる。
以前、病院で診てもらったことがあるのですが、レイノー症と診断されました。
漢方治療があるらしいのですが、何となく、自然治癒。


GW明けから通った雲取山の標高2100m。
富士山でいう4合目。
3000m超えは苦しい訳ですね。


Getting closer~♪。



f0202990_23224953.jpg最後の階段をのぼると、見えた♪。
サンチョー♪。

数人がいるだけ。
貸切状態、やっほ~♪。
塵がない澄んだ空気、空の色が美しい。

静かな山頂は・・今だけ。
何度も深呼吸して、体内に空気を送る。
手先に血液がド・・ク・・ドク・・と戻り始じめた。

この瞬間を目に焼き付ける。


・・・・たくさんの完走ランナーがいる。
私もその一人になりたい♪。






[PR]

# by usako_sasashin | 2016-07-01 21:49 | 富士登山 | Comments(0)
2016年 06月 29日

天王寺七坂めぐり

じめじめしてますね。

今月は2週連続で大阪へ。
通勤も歩いていける♪・・・のんびりしていていいですね。

さて、どこを走ろうかな。
いつも大阪城や中ノ島をぐるぐるしているのですが・・・。

f0202990_11251893.jpg大阪市内の坂道をググッてみると、
天王寺七坂があるみたい。

いざ天王寺へ、出陣♪。

谷町9丁目に到着、大阪交通局の地図を頼りに探してみると・・。

①真言坂:73m
  短くて・・・?。もう少しすごい傾斜の坂をイメージしていたので。

②源聖寺坂:736m
  石畳と壁が美しい。
  



③口縄坂:246m
  口縄って蛇のことなんですって♪。
  
④愛染坂:106m
  石畳は風情があるのですが、雨だとすべる・・。




⑤清水坂:72m
  脇に自転車用のスロープがついているので走りやすいです。
  ダッシュ!。

⑥天神坂:142m
  緩やかな傾斜。 
  





⑦逢坂:358m
  ここだけ、車道。

歴史を感じる楽しいRunになりました。
もう少し、ガツンとする傾斜だともっとよかったかな。

練習をするなら田園調布の坂道は抜群の傾斜率ですね。



3週間後に控えた今年最大の目標。
もはや練習不足は言い訳、逃げたい・・・、消えたい。
散々、あらゆる事に敗北してきたから・・・これ以上、見たくない。

最初から結果が見えかけている事に対して自分がどれだけ打ち込めるでしょうか。
一度もクリアできない、私の目標として分不相応なのです。


でもね・・・1%の奇跡を追いかける。
コメディアンsasashinですからね。

今更だけどレース当日まで全力♪。





[PR]

# by usako_sasashin | 2016-06-29 23:55 | Run | Comments(4)
2016年 06月 17日

LADY GEL- FujiPro

2年ぶりに、トレイルシューズを購入しました。
昨年は、古いバハダ2足をUTMB、UTMF、ハセツネで使用。
ソールが柔らかくてよいのですが、UTMBでは路面が固いので初めて足低が痛くなり爪が死にました。

フラフラ~神保町♪。
仕事でストレスがMAXの時、途中下車することが多いみたい。
これは、非常によろしくないです。

要ガマ口に南京錠!。

残念なことにお目当てのシューズはサイズがなく後日に。
鍵が開かずにホッと・・したのもつかの間・・・。

f0202990_12354744.jpgSale♪、
LADY GEL- FujiPro・・・・税込み¥4,980.-。

サイズもぴったり♪♪。
まさに私の為に残っていた1足・・・ウフッ・・。

あこがれのゲルフジ♪。
色も好き。



f0202990_12365223.jpgヒールには、Fuji-san♪

ソールにはプレートが組み込まれ、
足への突き上げを軽減してくれるそうです。

今年のUTMB、これで走れるかも。

HOKAも考えたのですが、どうしても厚底が好きじゃない・・・、
まだまだ、自分の足を信頼したいから。


f0202990_12363471.jpgインソールには霊峰、紅富士。

今週末、Debut♪




トレイルランナー.JPのシューズレビュー



[PR]

# by usako_sasashin | 2016-06-17 00:39 | Trail | Comments(0)
2016年 06月 13日

紫陽花

雨の香りがする月曜日、
ひときわ際立つ華やかなオーラに近づいてみると・・・・。


旬をすぎ色褪せかけた花が雨雫でイキイキしている♪。
名前に「陽」がつくのにね。
雨がおにあい。

f0202990_22234086.jpg

日々、色が変化する小さな花の集団。

f0202990_22342322.jpg

都心にこんなにたくさんの紫陽花が自生しているとは・・。
何年も通っているのに・・・ボーッとしているから気がつかなかった。

f0202990_22272136.jpg

通勤途中のお楽しみ・・・、毎日、意識して探したから。

水天宮界隈で見た、白の山アジサイが一番すき♪。
力強く凜としている。

f0202990_2236591.jpg

日々色が変化する・・・。
白、桃、紫、青。

そう、変容は大切。

f0202990_22442295.png

カタツムリのようにすごくすごく、スローペース。
すぐに篭るけど、変化する自分をもう一人の私が一番楽しみにしている。

[PR]

# by usako_sasashin | 2016-06-13 23:28 | その他 | Comments(0)
2016年 06月 08日

CogniToys

名前はDINO。
学習能力を備えた人工知能をもっている。



「家から2時間くらいで標高1500mくらいで山練習したいけどどこがおすすめ?」
「今日のお天気から五日市と雲取、どちらがいい?」

いずれ、私のこんな我儘な質問にもさくっと答えてくれるようになるのでしょうね。
ほしい~♪。

さすがにこの質問には・・・難しいかな。

「おいしいビールが飲みたい。」
「今日は練習したくない・・・どうすればいい?」

・・・・練習してから飲んでみたら・・・・。

AIは人間に変われないけれどそのうち、感情を実装するような気がします。

CogniToys

集中力がなくて怠けてばかり。私も学習、練習しないとね。
[PR]

# by usako_sasashin | 2016-06-08 23:22 | その他 | Comments(0)
2016年 06月 01日

第24回日本山岳耐久レース長谷川恒男CUP エントリ完了

エントリ完了しました。
はじめて、ふるさと納税枠にしてみました。
いつも受け入れてくれるハセツネの山々へ感謝をこめて。
武蔵五日市の特産楽しみです♪。

f0202990_10154428.png

あきる野市ふるさと納税


レースにエントリしていても出られないことが多くて・・・。
今年の秋は、紅葉を楽しむ山歩きの時間を多くしたいと思っています。
[PR]

# by usako_sasashin | 2016-06-01 10:23 | ハセツネ | Comments(2)
2016年 05月 09日

新緑の湯坂路

GW新緑シリーズ第2弾は箱根外輪♪。
5/2夜、湯本スタート、大好きなナイトトレイル♪。

f0202990_0283088.jpg5:50 金時山山頂。
霊峰富士山は、山水画の中で迎えてくれました♪。

こんなに静かで人のいない山頂ははじめて。
最高~♪。


あっ、・・・斧がない!。
盗難防止なのですね。

f0202990_0374042.jpg9:05 芦ノ湖展l公園。

富士山をさがしちゃう。
なぜでしょうね・・・。
いつも背中を押して見守ってくれる。
富士山だけでなく山には神がいると感じています。
不思議・・・・無神論者なのですけどね。

「畏怖」

いつも、どんな時でも山に対しても謙虚であり、常に一歩引き下がる。

山の女神は、
危険を事前に教えてくれるような気がしているのです。

f0202990_0421410.jpg11:33 芦ノ湖スカイランレストハウス。

f0202990_1421534.jpg元箱根から再びトレイルへ。
トレイルを始めた頃のOSJ石川さんセミナーを思い出しました。

Running Coaraさんに教えて頂いた重心移動を意識しながら動く。
足が悲鳴をあげそうになるけれど・・気のせいと。

心拍MAX・・。たぶん300。

過呼吸・・・。

前へ重心を傾ける。
息ができればOK。

ほらね!、生きているでしょ♪。

f0202990_0423483.jpg17:15 鎌倉街道、湯坂路残り約6/5km。
外輪1周も終盤、植生がかわりのどかな山道へ。


f0202990_0424828.jpg新緑のアーチをくぐりながら湯本へ。

f0202990_0425825.jpg

f0202990_0432516.jpg箱根をのんびり歩く約18時間。
こんなにゆっくり心豊かに外輪を回ったのははじめてでした。
いつまでもこんな時間が続けばいいのに。


新緑のもみじと、ハート型の日本のハーブ。
名前、わすれちゃった♪。


秋の紅葉の頃、湯坂路を歩きたいと思っています。

ご一緒してくださったRunning Cobraさん、
お礼を申し上げます。

[PR]

# by usako_sasashin | 2016-05-09 02:14 | Trail | Comments(0)
2016年 05月 06日

新緑の30Kコース

5/1、GW2日目。
お天気がよくてうれしくなりますね。

f0202990_13532027.jpg「RUN + TRAIL」の30K記事を読んでいたら急に行きたくなりました。

始発電車に乗る予定が・・・目が覚めたらすでに6時・・・ベットの中。
・・・・・二日酔いも少し・・・・・。

外は快晴♪、
今からだと10時過ぎに武蔵五日市駅スタートになるけれど、6時間くらいで回り、
16時40分のホリデー快速の最終に乗れるようにしましょう。
Let’s GO~♪。

1ヶ月前、盆掘林道は枯れ木で寒々し感じられましたが、新緑であふれていました。
緩やかな傾斜のつづら折れの道、川の流れる音が心地よい♪。
走っているのを忘れてしまうくらいにボーっとできちゃう♪・・・大好きな時間。


f0202990_13534852.jpgランナーゼロ、すれ違うのはバイクの方々ばかり。
見えたぁ~♪、とんがった大岳山。


f0202990_1354227.jpgスイッチバックする分岐点。
ハセツネコースの好きなシングルトラック、
整備されて歩きやすくなりましたね。

f0202990_223820100.jpg30K第2関門、入山峠。鮮やかな緑のアーチをくぐる・・・・。

新緑のみなぎるパワーに圧倒されそう。
お願い、少しだけ、わけて下さいいますか。

深呼吸・・・、脊髄が緑に覆われる。
このままでいたい。



今・・今がすべて。
この時間。

ゆるりと静かな時間を満喫しました。
すれ違ったハイカー、ランナーは8人。
Wonderful~♪。

f0202990_22595290.jpgのらぼう菜を探したのですが・・・。

変わりにたけのこが迎えてくれました。
ぬかもご自由に。
無人野菜販売所、ご配慮に感謝いたしまする。

200円・・・、たくさん残っていたけど・・・。

f0202990_23431984.jpgたけのこご飯ですよね♪

f0202990_23433259.jpg油揚げとたけのこ。
日本酒、塩、かつおぶしとにぼしのおだし、醤油。
シンプルに。

食事も生き方もすべてシンプル。
今、私が理想としているもの。


時折、心に湧出る阿修羅。

これもWatashiですが。。。


最優先は何か。

私は私をコントロールします。





[PR]

# by usako_sasashin | 2016-05-06 01:31 | Hasetsune30K | Comments(0)
2016年 04月 30日

RUN + TRAIL Vol.18

f0202990_2249216.pngRUN + TRAIL Vol.18 最新号、
「ハセツネ30K」特集ページにパラアスリートのお二人の選手が紹介されました。
ぜひ、ご覧いただけたらうれしいです。


●藤澤 孝浩さん

「痛みを忘れたい
血まみれになっても走り続ける満身創痍の義足ランナー」



●吉本 敦さん

「いつも "おにぎらず"
温かい仲間に囲まれた知的障害アスリート」




藤澤さんからは、別途、30Kの感想を頂きました。

*******以下、抜粋**************

今回たくさんのサポーターに支えられながら完走を目指しましたが、
残念ながら失格になってしまいました。本当に申し訳ありません。
応援して頂いた大会関係者さん、サポーターさんへ心より感謝 申し上げます。

義足での参加でもレースはレース、タイムや結果がすべてだと思いますが、
私としては一回で完走出来なくて良かったと思います。
もし完走してたら、来年の予定、目標がなくなるじゃないですか…。
なんて、そんな風に考えないと悔しくて悔しくて押し潰されそうなので「走ります」笑。
来年のハセツネ30kまでしっかり走り込み、脚力をつけて必ずリベンジしたいと思います。

景色やコースを眺める余裕がなかったので、
SNSなどにあがってるレース画像を見るのが最近の日課になってます。
レース前日に見た「桜」は淡い桜色で艶やかだったのに、
レース後に見た「桜」は白黒に見えたのはやっぱり気分的な問題ですね…。
空気が美味しくて、本当にここは東京なのかと思いました。

第1関門の階段を下りた直後、実はまだ走るつもりでいました。
失格と気付くまで結構タイムラグがあったような気がします。
そういえば、レース中 補給食を食べる余裕がなかったと言いますか、
これも失格後に暫くしてから気付きました(笑)

走り込み月間目標を300キロ、医学・科学的にフォーム改善を行いながら、
来年のハセツネ30kを目指します。
今回、コース状況がしっかり呑み込めていなかったので、
来年は前々日に乗り込みシューズとソールの選択を間違えないようにらしたいと思います。

******************************

f0202990_2312360.png
30Kのコース開拓からお手伝いをさせて頂き、想いのある30K。
ただただ、健常者以外のランナーの方々もハセツネコースを楽しんで頂けたらという思いでした。

昨年は1名、今年は2名のアスリートが出走、敦選手は2年連続完走をしてくれました。
本当にうれしいです。走ってくださりありがとうございます。

また、パラアスリートの状況を告知すべきなど多数のご意見やご感想を頂戴いたしました。
ありがとうございます。
現在、私が考えているパラアスリート支援は、「ハセツネ」の範囲内であり、
来年以降、どのように支援をするかも未定です。


正直、30Kが終わった瞬間、
私には、障害者スポーツに対しての知識がなく今後の対応が難しいかもしれない。
来年はこのパラアスリート担当をやめようと考えていました。

雑誌、頂いたメールを読み、
来年の30kは、どのような形になるかわかりませんが、
藤澤さんをフィニッシュゲートでお迎えしたいと思いました。

どうぞ、パラアスリートに温かいご支援をよろしくお願い申し上げます。
[PR]

# by usako_sasashin | 2016-04-30 00:15 | Trail | Comments(0)
2016年 04月 27日

FTR名栗 ボランティア

つつじの季節になりましたね。

4/24開催「FunTrails Round 名栗トレイルランレース:FTR名栗
距離:25.6km
累積標高: 1749m

f0202990_23245321.png

f0202990_23382989.jpg昨年に引続き、今年もボランティアをいたしました。
今年は約400名のエントリ、前年比8倍!。
着実に進化している奥宮ファンが増えたのですね。

ボランティアは、ハセツネとFTRのみやらせて頂いています。

奥宮レースボラはすごく楽しい♪。
お手伝いをしている全員が楽しんでいて雰囲気が抜群にいいのです。
おっくんパーソナリティ・・・TENNEN・・・惹きつけられるのでしょうね。

ハセツネのボランティアは、レース規模も主旨が違うので、
どちらかというとビジネスライクかな。

秋には、FTR100K。
ぜひ、エントリしてみませんか。

私もどこかでボランティアをする予定です。


f0202990_23385635.jpg大会会場、さわらびの湯で見つけた~♪。
埼玉産、のらぼう菜。買い占めちゃいました♪。

五日市産のらぼう菜が「王様」としたら、埼玉山は、「王女」かな。
エレガントな優しいのらぼう菜でした。

来年は、1000人規模のレースになりますように。
おっくん、応援しております。

ご一緒したみなさま、おっくん、楽しい時間をありがとうございました。

ショートトレイルレースに出たくなりました。

Hasetsune 30K 2016  のらぼう菜

ボランティア詳細はご一緒した、Running Cobraさんのサイトで。
Comming soon♪
[PR]

# by usako_sasashin | 2016-04-27 00:46 | Trail | Comments(0)
2016年 04月 22日

第69回富士登山競走 エントリ確定

雨になりましたね。

f0202990_015745.jpg今年も山頂コースを走らせていただけることになりました。
何回目でしょう・・・たぶん、今年で5回目。
8合目で関門アウト、一昨年は、リタイア。昨年は、仕事でDNS。

緊張してきました♪。

今年最後のチャンス。




f0202990_021725.jpg東京マラソン以降、
ダラダラ、フラフラと過ごしていました。
(本音・・・この時間が大好き♪)

勝田、東京で私の足となってくれたadizero Boston boost。
まるで靴下で走っているようなのです。
こんなに快適なシューズは初めて。

Amazonでリーズナブルになっていたので、紺色、黄色に続き色違い。
3足目。
色違いで購入することがすごく多いのです。

はじめてのPINK♪。

私の持ち物の中に、このPINKは全く考えられないカラーなのですが、
新しい事に挑戦、何事もこだわらない。


どうでしょう♪。
結構似合うと思うのですが。

早速、雨の中をウロウロしてみました。


トレイルシューズって必要?・・・と思うようになりました。
「グリップが効く」と説明を見かけますが、
シューズの機能に頼っている事になりますよね。

自分の足の筋力を使いたい。
シューズに頼りたくない。

足に筋力やテクニカルな動きに対応できていれば
トレランシューズは必要ないのでは・・と思いはじめました。

UTMFやハセツネレースであれば、ランニングシューズのほうが動きやすいと思います。

UTMB・・・、足裏を保護してくれるHOKKAのようなシューズがベスト。


富士登山に向けて、全力で、楽しく徹底的に練習します。
神頼みはしない・・・と言っていますが、富士山の女神、
よろしくお願いします。

リピート!

楽しみ♪ながら徹底的に。

やれる事はすべてやらないとね。
[PR]

# by usako_sasashin | 2016-04-22 01:20 | 富士登山 | Comments(2)
2016年 04月 19日

Hasetsune 30K 2016  ムービー

Finetrack社作成の動画が公開されました。


[PR]

# by usako_sasashin | 2016-04-19 22:46 | Hasetsune30K | Comments(0)
2016年 04月 15日

Hasetsune 30K 2016  大会データ

4/3 気温9℃、路面ウェット。

f0202990_2344459.jpg【出走者数】

男子 1,526名(+34名)*
女子   212名(+52名)
------------------------------
合計 1,738名(+88名)*昨年比

【完走率】
98.7%(1,716名)

【負傷者】
・第1関門からの林道、グレーチングで滑り転倒者多数。
・入山峠の階段で転倒。




【その他】
・昨年以上にペースが早く、昨年より200名弱出走者数を減らしたが、
 北沢峠入り口の渋滞はトップ通過から10分後から始まった。昨年より早く始まり、も長く最長で約500m。
・前週に設置した15kmテープが、はずされていた。
・入山峠の仮設トイレに中に空のペットボトルが捨てられていた。
・装備チェックについては告知改善が必要。

***********************

後日談・・・閑話。

お二人の選手にご連絡してみました。
30K運営としてではなく、sasashin、一個人として。
事務局に対してのご要望があればお伺いするとともに、
記録も何も出ないが、ご自身の練習と思ってやり直しをしてみたらいかがかと。

今であれば、まだ雑草も出てこないので、道も明瞭、
スタート、フィニッシュは私がおります・・・。

お一人からご連絡がありました。
お詫びとともに、来年、機会があればルールを遵守して走りたいとの事でした。

来年、ぜひ、走って頂きたいな。お待ちしていますね。

[PR]

# by usako_sasashin | 2016-04-15 23:30 | Hasetsune30K | Comments(0)
2016年 04月 10日

Hasetsune 30K 2016  Throw back to the day

ハイキング日和の1日でしたね。

30Kから1週間、運営、装備、失格など、多くのご意見がタイムラインに流れています。
運営に携わった一人として、とても悲しい気持ちでしたが、
時間が過ぎるにつれて、これだけハセツネが多くのランナーに愛されている、
少しでも改善して良いレースになるようにとのご意見と思えるようになりました。


f0202990_0164587.jpg日本山岳耐久レースは、亡き長谷川恒夫さんの奥様である長谷川雅美さんとかつて長谷川さんと一緒に山に行かれていた山の方々が中心となってはじまりました。

毎回、レース前日には、長谷川雅美さんは事務局の一人として作業をし、
今熊神社、御岳神社へレースの安全祈願の参拝をしております。
また、レース当日は、レース会場で選手を迎えています。


「推奨」と「必須」


30K大会初めて男女1位の入賞を取消しをいたしました。
理由は、推奨とされていたレインウェアが装備されていなかったと聞いています。

おそらく、長谷川恒夫さんが活躍されていた当時は、
現在のような最先端の速乾性ウェアなどなく、汗冷えをすれば低体温症になり、
体力消耗から生命の危機を防ぐために雨合羽を持つのは当然の事だったのではないでしょうか。
よって、装備が推奨か必須かなどを定義するまでもなく、
自らの命を守るための装備していたのではないかと感じています。


f0202990_0145275.jpg奥宮選手、優勝おめでとうございます。

昨年より約10分遅かったそうですが、かっこいいです。


「排除」


私が、大きく驚いたのは、「ルール違反者を安易に排除しない・・・」という記事でした。

厳しい単語です。普段簡単に使うことはありません。
なぜ、そのような単語を使うのでしょう。
悪しき事、物に対して排除する・・・。
失格者は悪しき人でしょうか。

排除なんてありません。失格となった選手に排除という単語を使う必要もありません。
おそらく、筆者は「人を排除する・・・」した事があるのでしょうね。

失格となった選手は、自ら自分の信頼と品位を落としました。
一度落とした信頼や品位を元に戻すのは大変なことです。
おそらく、今一番苦しんでいらっしゃるのはご本人達でしょう。

唯一、彼らが信頼を回復させる事ができるのは、
来年の30Kにおいて、今年と同じ服装、スタイル、追加された装備で1位で堂々とフィニッシュし、
表彰台にたつ事とだと思います。

2016年4月3日の30Kをもう一度走ってください。
お二人を応援しております。



今年の30Kが終わりました。
単語の羅列、強い個性の方々、疲れました。

しばらくは、静かな時間を過ごしたいと思っています。
[PR]

# by usako_sasashin | 2016-04-10 01:29 | Hasetsune30K | Comments(0)
2016年 04月 08日

Hasetsune 30K 2016 パラアスリート レース報告

夜中に降り続いた雨もスタート前にはあがりました。
第1回目のコース開拓からお手伝いしている大好きなレースです。




今年の第8回ハセツネ30Kでは、お二人のパラアスリートが出走いたしました。


f0202990_22461798.jpg【吉本敦 選手】
 昨年に引き続き2回目の完走。
 1時間早くフィニッシュしてPB更新しました。
 すごい♪、すごくうれしかったです。出走をありがとうございます。
 
 彼をサポートするチーム小田原メンバーのtakeコーチが、
 吉本選手の走力をあげるために日々練習のコーチをされてきました。
 今回、ロードの峠走を中心に練習メニューを組み、特訓の成果が300%活かされました。

 2月には、大雨の中、RunningCobraさんのレクチャーでフォーム改善。
 吉本選手には、あらたな練習方法の発見になりました。
 初めてお会いするにもかかわらす、お受けくださりありがとうございました。


f0202990_22482681.jpg【藤澤孝浩 選手】
 東京の伴走者クラブの皆様がご一緒でしたが、第1関門に間に合わず、DNF。 
 来年の30Kにむけて、更なるトレーニングをつんで出走してくださるとお約束いたしました。
 北海道から奥多摩まで遠征に来てくださりお礼を申し上げます。


昨年より、大会委員長の宮地さんより全権を頂き、私個人の願いである
パラアスリート出走プロジェクトをはじめました。
まだトライアル段階で、一般ランナー枠の出走同意の上、また、
伴走者については、記録が残らないことをご了承頂きご招待をしております。
大会までの3ヶ月間、いかに選手が安全に走れるのかを考え、ご要望を伺いつつ準備をしてきました。

そして、少しでもパラアスリートが頑張っている姿を一般の方々に知って頂きたく
ご支援をいただけるメーカーや雑誌編集部にお願いをしたり、事務局やカメラマンと折衝を重ねてきました。

Aloha Moe様から補給食、ItoiteX様からソックス。
Run+Trail編集部様、山と渓谷社様からの取材、
大会事務局のカメラマンには優先的に写真を取っていただけるようにお願いしました。
この場をお借りして、お礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。


今回の私のミッションは、パラアスリートの完走はもちろん、
ハセツネコースにおいて、どんなところで困られるのか確認する事です。

私は、前半の第一関門約16km地点までを昨年の完走者、吉本選手の伴走をいたしました。
コース、一般ランナーの追越し、選手の支え方など多くの課題がでました。

今年は、パラアスリート1名に付き選手側から2名の伴走者。
プラス事務局から1名、合計4名、昨年の3名から4名体制での出走に変更しました。

おそらく、30Kにおいては伴走者は3名でも4名も変わらない、
重要なことは、パラ選手と伴走者がチームとして行動できるようする事が大切と感じました。
もちろん、パラアスリートが主役ですが、実は、影でささえる伴走者も同じ主役であることに気がつきました。

今後、パラアスリート出走は、Trail Walkerのようにチーム制を検討したいと考えています。

来年の30kでは、今年以上のパラアスリートが出走して頂けるようにしてまいります。
今後も、パラアスリートの応援、ご支援をよろしくお願い申し上げます。
[PR]

# by usako_sasashin | 2016-04-08 23:14 | Hasetsune30K | Comments(4)